明日11月1日木曜日はカトリック宗教の祝日。おばけフランス

 

毎年11月1日はToussaint トゥッサン 諸聖人の日

 

Toussaint 日本のお盆のようなものと想像してください。

 

死者を敬う日として、

 

この日周辺は マルシェでも花屋さん、スーパー、路上でお墓詣り用の

 

菊の花 Chrysantheme クリザンテーム が並びます。

 

 

*特に鉢植えのクリザンテームが目につくようになります。

寒さに強く色も色とりどり。

 

 

日本のお盆周辺の日程が数日あり、大型連休になるように、

 

フランスでも11月1日周辺は

 

バカンスのハイライト! 

 

どことなく、日本のお盆の神妙な雰囲気と違う気がします。はてなマーク

 

仏様よりも、あくまで自分たちのバカンスが主流のような気がするのは

 

気のせいでしょうか。。。。ニヤニヤ

 

すでに子供達はスクールバカンスで休暇中。グラサン

 

そして、大人達もそのバカンスに便乗しようと!

 

マクロン大統領だって 目

 

Emmanuel Macron va faire le pont 

« comme des millions de Français »

”ヴァ フェール ル ポン”
 
”マクロン大統領も多くのフランス国民同様、大型連休をとります・”
 

Emmanuel Macron commence dimanche un deplacement de 6 jours.

*見出し&写真 LePoint より(フランスの政治系週刊誌)抜粋

 

 

今年のToussaintは11月1日木曜日祝日。

 

木曜日が祝日というカレンダーになると、フランス国中で何が起こるかというと

 

名付けて ”PONT"橋”ブリッジ”作戦。メラメラ

 

つまり、木曜の祝日と土日まで

 

”PONT"橋”ブリッジ”を渡して、一気に連休にしようというやつです。

 

もっとわかりやすく。。。あせる

 

11月1日 (木) 祝日 

11月2日 (金) 平日

11月3日 (土)

11月4日 (日)

 

”ええいっ、金曜日の平日が邪魔くさい。”

 

そこで、自分で”Pont"橋、ブリッジを土曜日まで渡して大型連休にするのです。

 

こういう自分カレンダーを作るときのフランス人は頼もしいです。

 

行動がはやいです。

 

先進国の中でも色々なことにおいて

 

改革をすることに躊躇するフランス人。

 

バカンス時の創造性、行動力 惚れ惚れしますあせるあせる

 

"On va faire le pont.'' 橋を渡して大型連休よっベル
 
フランス生活を目指す方 この表現が自由自在に使えるようになったときから
 
フランス人の仲間入りですグラサンハート
 
Bonne soiree ラブラブ

 

~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎~~⭐︎

”南フランス観光ホームステイ
&大人の南フランス”美しい村”オリジナルプライベートツアー♫”
■ホームページ www.allerbiofrance.com
■フェイスブック https://www.facebook.com/franceparadiss/