トロワ(Troyes)は、かつてシャンパーニュ地方の首都として栄えた街です。
旧市街の中心までは駅から徒歩10分弱と近いです。
赤い矢印が駅、黄色くなっている部分が歴史保存地区に指定されている旧市街です⬇︎
{053D74E2-634A-42D4-83FF-009751C45CA6}

駅前の広場を出て道路を渡ったら、もう旧市街の始まりです。
駅からバスもありますが、乗るまでもなさそうです。
ホテルの前の広い道路を渡った角のレストランバーは駅前と言える場所。
入口のひさしは、やはり、同じシャンパーニュ地方のナンシーで見たものと似ています⬇︎
{A5F56C64-6777-4E42-A215-7C43F819A047}

日曜日も開いていると貼り紙があります。
だんだん便利になってきますね。
配達もするみたいびっくり
{DDA95D6B-96A3-4E36-8DE4-E03E16865774}

旧市街に向かって、駅からまっすぐgénéral de gaulle 通りを歩きます。
{2B795E32-F163-40E7-BAA6-28CFA6683DE2}

通りの全ての建物の写真を撮りたくなるくらい、古く風情のある建物が並んでいます。
{8B5389EA-BD64-47A7-9497-B95D2DA13FAD}

お店ですが、二階の窓も印象的。
{F793AC53-152F-4274-94C5-9B048EDF51E9}



あっ!この水色の桟は、ナンシーのアール・ヌーヴォーと同じ。
{194B5DE1-1E3B-4E73-B719-6CE5A52FC7F1}

トロワがシャンパーニュ地方の街であることを印象づけます。
屋上の柵も凝っていますね。
{EBE926DB-323D-4417-A3A9-A30F8A88878B}

{60CB372E-4DF3-4564-9B17-AC4C243895D3}

きれいな色になっている建物もあります。
{E3C60B97-2BB6-4092-9ED9-2A81DD243234}

しかしやはり特徴的なのは、こんな木骨造りの建物です。この地方独特のこのタイプの建物がたくさんあり、どれもかなり古そうです⬇︎
{919BD7BA-6229-4355-ADB3-BD1680C41398}

本来の建築では壁の中に隠れている柱や梁、斜めの筋交いなどの木材部分を外に直接出し、壁とのアクセントをつけるデザイン、これをハーフティンバー様式と言うそうです。
シャンパーニュ地方の街トロワ(Troyes)の宿泊場所をホテル予約サイトで探しましたが、ホテルは少なめで、アパルトマン的な宿泊施設が多いように思います。
この街の郊外には繊維関係の工場も多いので、ビジネス向きなのでしょうか…

最初、アパルトマン的なホテルでもいいかなと思いました。
しかし、宿泊翌日に乗る列車が昼過ぎなので、午前中スーツケースを預けて観光したい。
アパルトマン式の宿泊施設は、フロント業務時間に制限があるので、荷物を預かってもらえない可能性があります。
それは不便なので、駅前に2軒あるホテルのひとつを予約しました。

ホテルドゥラガール(hôtel de la gare)の名前の通り、駅から徒歩3分です、

{C47459BC-121B-430B-B558-3EB6745A50EF}

{ED41FD4D-4C94-4427-B20B-3E56AB02BEC2}

ここはチェックアウト後の荷物も預かり、フロント業務に昼休みなしです。

⬇︎フロント
{D7512E25-09C1-44BB-80AB-AE0644471BDD}

部屋は1階3号室とのことで鍵をもらい自分で部屋へ。
フロントの前を通り、何故か建物の外へびっくり
雨だったら濡れちゃう!
{7C3AEAE6-8DBA-4217-A83C-675A0C441441}

突き当たりを左に曲がると…⬇︎
{17C76C47-F500-40BB-9265-86799BD4E3A1}


なんか建物の裏の離れみたい爆笑
こちらが3号室
{53523949-4E97-48FB-A527-74458814DEA5}

部屋はシンプルですが、オレンジのアクセントが効いています。
{DC532E9C-B1CD-45BC-B421-CF3458042D63}


広めのライティングデスク。
{45DA313B-48CE-4433-B975-95D3F885A8D5}


シャワーのみのお部屋でした。
{9AB1BE02-A32D-4969-97E1-A01EC1DAB2E1}

床はシャワー部分も仕切りなどがありませんが、排水口に水が流れやすくなっており、床の乾燥も早かったです。
{41889013-C396-487C-A227-CED3C63EA628}

ブラインド式の雨戸を開けると明るい陽射しが入ります。
{748BC514-8E6C-4AF2-AD35-8BB803BEB20A}

ドアが固くてちょっと開けにくかったのが難でしたが、部屋の居心地は良かったです。
フロントは夜は無人になります。
{38E475EB-C31F-4D19-A51F-5A7AC3EFC1E7}


特筆すべきことはありませんが、駅近で清潔なお勧めできるホテルです。

チェックアウト後の荷物は、洗濯室に預かってくれます。
自分で入れに行って、自分で出してきます。
フロント前にあるトイレも使わせていただけました。
{F3E7D649-9EEC-4BD9-976F-C80FBCDB3AC7}

1泊7000円程度でした。






シャンパーニュ地方の街トロワ(Troyes)への列車は、パリ東駅から出ます。

 

{CC225309-A909-4265-9FDE-7C438E6BA99A}

 

東駅へは、路線バスで行きました。

メトロと違ってバス利用だと、スーツケースを持った女性一人でも簡単に乗り降りできますから、やはりバスは便利。

今回は、最寄りバス停からリヨン駅へ、そこでバスを乗り換えましたが、乗り換えもラクラクでした。

 

image

 

駅から振り返った景色は↓

image

 

少し早めに着いたので、東駅の中を散策。

ホームと同じ階のロビーに洋服や化粧品などのお店がいくつかあります。

 

下の写真を見て下さい↓

左上のボードが地方をまたぐ長距離列車の出発(depart)案内。東駅は、シャンパーニュ地方やアルザスロレーヌ地方への列車です。

左下は長距離列車の到着(Arrivee)案内。

右下は、イルドフランス内短距離の列車の出発と到着の案内です。

 

image

 

 

いつもの通り、出発30分くらい前では、まだどのホームに列車が来るかはわかりません。

決まったら、右端のvoieの欄に数字が出ます。

 

image

 

11時42分の列車なので、お昼ご飯を買おうと思いました。

駅の中には、カフェになっているお店がスターバックスともう1軒、Paulなどサンドイッチや飲み物を売るスタンドが数軒あります。

サンドイッチやヴィエノワズリ(菓子パン)、冷たい飲み物、温かい飲み物、サラダを置いているお店もありました。

 

トロワ→ディジョンは1等車なので、どんなのかしら?と少し期待しましたが、2等車との差はあまり感じられませんでした。

image

少し座席が広かったかと思いますが、私は身体が大きい方ではないので爆  笑

 

TGVやinterciteは、コンセントがあって充電ができるので便利ですね。座席横にあります。

image

 

1時間半後、定刻でトロワに着きました。

列車でトロワに来るのは初めてです。

駅はこんな感じです。

image

お天気がよくて気持ちのよい午後でした。

 

駅前が工事中である様子をグーグルマップのストリートビューで見ていたので、ちょっと不安があったのですが、穏やかな感じの街で治安は良さそうです。

image