今日は

低用量ピル

のお話です。

 

矢印生物学的には、男と女しかいないの意味です。念のため

 

日本の女性はあまりにも

ピルに関する知識を与えられていない

選択の自由が制限されている、

とかねてから思っていました。

 

日本は、国連加盟国で

世界で一番ピルを承認したのが

遅かった国です。

そして、

アメリカには

25年遅れた承認です。

恥ずべき歴史です。

 

25年、それは1世代。

1世代の間、日本の女性には

選択の自由が与えられてこなかった。

それは何でなのか。

 

そして、ピルというと、なんだか

ネガティブなイメージが浮かんでしまったり

罪悪感が合ったり、

 

そんなの

全く間違っていますムキー

 

ここっとさん

ピルを使用しています。

そしてそれを誇りをもって言えるぞ!

 

フランスで初めて使用し、この時は避妊目的。

日本ではそのころ、

ピルは発がん性があるうんたら

言われていたので、

周りのフランス人に聞きました。

すると

笑い飛ばされました。

はぁ?もう何十年も前から使ってるけど

そんな話聞いたこともない

笑い泣き

ってね。

 

ピルは、フランス人にとっては

男に頼ることなく(男なんて信頼できないでしょ!)

安全な避妊を選択することができる

女性の自由のための必須アイテム

でした。

プールで泳ぎたいときに泳ぐ

海に行きたいときに海に行く。

仕事したいときにする、

自由のアイテムだったんです。

 

え、そうなの?

と目から鱗。

 

2013年のデータでは、

15歳から49歳のフランス人女性の40%が

ピルを利用しています。

同時期、日本は1%!!!ポーン

 

今思えば、ここっとさんが最初に

ピルを利用したのは日本での認可前でした。

そして、フランスでは、

既に1世代がピルを利用していた汗

笑われるはずです・・・

 

ミント ミント ミント

 

ここっとさんは一時期、

ピル使用をやめていたのですが

別居、帰国、離婚の時期、

精神的なダメージからか、

生理前鬱

に悩まされるようになりました。

 

 

生理って女性にとって大変です。

生理痛がひどい人もいるし、

ここっとさんのように生理前鬱

体調不良になってしまう人もいる。

年に1,2回なら我慢もできるけど

1か月に一回はきつすぎる。

 

ここっとさんの場合は、月に1週間、

気持ちが落ち込んでしまい、

仕事に支障をきたしました。

 

・・・・女手一つで子供二人育てて

いかなきゃいけないのに

そんなことしている暇はない!ムキー

 

産婦人科クリニックに行って

保険適用のピルを出してもらうことにしました。

日本は保険効くピルは、

3か月分しか出してもらえません。

これもものすごいマイナス要素です。

それでも、使えるだけまし。

 

ピルによって生理をコントロールすることにより

生理前鬱をなくし、

生理痛もなくなります)

女性のQOLを高めます!

 

 

ママ友にクリニックを紹介してもらって

早速処方してもらいました。

女性の先生は

問題なく出してくれて、説明してくれました。

今から7年以上前です。

 

ちなみにここっとさんが使っているのは

この薬。

 

 

開始日を書いて、毎日一個ずつ飲みます。

だいたい同時刻に飲むようにします。

ここっとさんはいつも寝る前です。

3週間飲んで、1週間休みます。

すると、生理(正確には違うけど。)が来ます。

でも量も少なくてものすごく楽です。

(生理ナプキン代はおそらく1/3以下だな)

 

 

生理前鬱生理痛に有効なだけでなく、

 

例えば・・・仕事で出張が組まれている場合、

旅行で温泉や海に行く場合、

サイクルを一時的に伸ばして、

生理を遅らせることもできます。

 

今の女性は、男性と同じように働けと言われるし

かと思うと少子化だから子供産めと言われるし、

頑張ろうと思うと保育園落ちるし・・・

 

例えばここっとさんは二人の息子を

一人で育てています。

 

現代の生活は

女性にとって以前とは全く違うのです!

 

現代の女性にとって

ピルは必須のアイテム

であるとここっとさん

思います。

 

 

もちろん薬です。体に合う合わないはあると思う。

そこはきちんとお医者さんと相談して

使用するべきです。

 

でも・・・

ピルの認可が日本だけ遅れた理由を知っていますか?

 

危険性が高い説:

海外で安全が保障されていたのに?

ちなみに、バイアグラは、

死人が出ていたにも関わらず、

1年で承認されています。

これって、自分たちがタバコ吸いたいから

飲食店の分煙法案無効化した

国会議員のおやじたちの論理?

議員、バイアグラ必要だった?笑

 

・・・これは本当かどうか100%確信は持てませんが

当時、日本では堕胎率が

めちゃくちゃ高かったそうです。

堕胎は・・・産婦人科医にとって

大きなビジネスでした

例えば1960年代、

人工中絶は120万件あったそうです。

産婦人科医のうちの一部が

利益を優先して、

ピルの普及に努めなかったというのは

もしかして本当なのかもしれません。

堕胎が女性の心と身体に残す傷を考えると、

開いた口がふさがらない話です。

 

モラルが乱れる説:

そんな簡単に避妊ができるようになると

性生活が乱れる!

HIV感染の温床になる

・・・すげ~女性蔑視・・・

こういうの聞くと

怒りで震えちゃうんだけど・・・ムキー

 

ピルは女性のQOLを上昇させる

現代女性の

大切な武器なのに!

 

ピルが日本で普及していない理由について

もっと知りたい人は

日本 ピル 遅れ 

で検索してみてください。

 

女性は怒りをおぼえるでしょう。

男性は・・・どう思うのかな?

 

BBCのこちらの記事

客観的に分析されており

さっと読むのにいいかと思います。

 

また、こちらの記事もいいです矢印

日本人のピル服用率は、なぜこんなに低いのか

 

ここっとさんは医者ではないので

あくまで自分の経験と客観的な事実を

この記事にしているだけです。

ピルを使用してみるか、みないかは

女性各自の判断です。

 

この記事を書いたのは、

ピルを性的なことに結び付けて

タブー化する必要は皆無だということを

伝えたかったのと、

女性に選ぶための知識を持ってほしいと

思ったからです。

 

そもそも

性はタブーではなく

女性は自由なんですよ。

 

・・・あるフェミニストのつぶやきでした・・・笑

 

テーマ

一覧を見る

月別

一覧を見る

このブログの読者

読者数: 9,066

読者になる

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。