2020年こそはフランスへ留学を!と考えている方へ | フランス留学ブログ(アフィニティ・フランス)

フランス留学ブログ(アフィニティ・フランス)

ヨーロッパ生まれの留学仲介エージェント、アフィニティの現地カウンセラー、レホアンによるブログです。
フランス留学、フランスワーホリ、パリ、リヨン、ニース、トゥールなどフランス各地の学校紹介、おすすめの学校や、パリのスイーツまで現地からの情報を発信します。

Bonjour皆様こんにちは、アフィニティフランス留学のレホアンです。

2020年がスタートして早くも半月がたちました。

ガレット・デ・ロワは皆さん召し上がりましたか?

 

このガレット・デ・ロワ、意外と日本人の方にも浸透しているのかと思いきや、

アフィニティのオフィスにもっていったところ、知っている人が誰もいなくてびっくり!

ガレット・デ・ロワは毎年新年年明けの6日~8日頃にあるキリスト教の祭日エピファニーに食べる伝統菓子。

パイ生地の中にアーモンドたっぷりのフランジパーヌ(クリームというほど水っぽくはありません)が入っています。

このガレット・デロワが面白いのは、なんといっても

このガレットを食べるた人の中でガレットの中に入っているフェーブ(通常は陶器製の小さなお人形)が自分の取り分に入っていると

王様になれるウシシというところ。

 

普通、ガレット・デロワを買うと王冠がついてくるのはそういうわけなんです。

ちなみによくフランス人がやるガレット・デ・ロワの食べ方(遊び方)は…

①ガレットを人数分に切り分ける

②グループの中で一番年下の子が机の下に入る

③切ったガレットを取り分ける人が、これは誰の分?と質問するのに対して、机の下の子が●●さん!とガレットが誰の元へ行くかを答える

④ガレットを食べてフェーブが入っていた人が王冠をかぶって王様になるウシシ

 

という感じです。

 

結構楽しいのと、最近はチョコ味やピスタチオ、レモンヤフランボワーズなど

いろいろなガレットの味が出ていますので1年に1つといわず、3つ、4つ食べる方も多いそう。

 

この時期は家庭だけでなく学校や職場でもガレットを食べる機会が多く、なんとなく年明けの新年会な雰囲気を感じます。

 

前置きが長くなりましたが、2020年今年こそはフランス留学を実現する!と目標をたてられた方、

ぜひアフィニティまでご相談くださいね。

 

今月いっぱいまでフランスの現地カウンセラーの東京出張カウンセリングをご利用いただけます。

また1月27日にはフランスワーホリセミナー、そして30日にはヨーロッパ留学セミナーも開催予定です。

フランスワーホリセミナー

ヨーロッパ留学セミナー

 

セミナーで情報収集するもよし、個別カウンセリングで自分に合った渡航プランを提案してもらうもよし、

ぜひ皆様のフランス留学実現へ向けてのお手伝いをさせていただければ嬉しいですニコ

 

今日は一段と冷えますが皆さまお風邪などひかないようにご注意くださいね。

 

アフィニティフランス留学

https://affinity-france.jp/