創立100周年を迎えるパリの老舗語学学校ソルボンヌ文明講座 | フランス留学ブログ(アフィニティ・フランス)

フランス留学ブログ(アフィニティ・フランス)

ヨーロッパ生まれの留学仲介エージェント、アフィニティの現地カウンセラー、レホアンによるブログです。
フランス留学、フランスワーホリ、パリ、リヨン、ニース、トゥールなどフランス各地の学校紹介、おすすめの学校や、パリのスイーツまで現地からの情報を発信します。


テーマ:

Bonjour!皆さまこんにちは、アフィ二ティフランス留学の現地カウンセラー、レホアンです。

12月も早いもので、半分が過ぎパリの街はすっかりクリスマスモードに突入しております。

 

今年は大規模なデモが12月に繰り返し行われて少々物騒なニュースが報道されたパリですが、こうしてデパートのノエルの飾りを見ているとそんなことはすっかり忘れて、なんとなくワクワクソワソワしてしまいます。

 

さて、今日はフランスで一番有名な!と言っても過言でないフランス語の学校、ソルボンヌ大学文明講座について紹介をしたいと思います。

https://affinity-france.jp/language-schools/paris/68-sorbonne/

 

私自身、留学時代にソルボンヌで授業をうけていたこともあり、スタッフとは定期的に連絡を取っていますが、このところソルボンヌの学校システムが大きく変わったこともあり、なかなかスタッフと会えず約1年ぶりの訪問となりました。

 

ここ2年でソルボンヌのシステムが大きく変わった点

①1学期が4カ月から3カ月半に!

→以前は学期中にあった長期のバカンスをなくしたことで、学期がコンパクトになりました。

メリットはだらだらと長いバカンスが中間に入らないので学校中突然。手持無沙汰にならずに済むこと。

 

デメリットは授業料は同じなのに、入学許可証に記載される期間が短くなってしまう=フランスに長くいたい人はより多くの授業料を支払わなければならない点ではないでしょうか。

特に9月から12月、2月から5月という学期制なので1月はまるまる3週間の授業を別途申し込まないと授業がありません。

 

②基本的に支払や入学手続きがすべてオンライン化され、現地での本登録がなくなった点

→これは授業がないのにスケジュール的にギリギリな人達の場合、

授業がスタートするギリギリに現地に到着できるのは便利かもしれませんね。

 

③コンフェランスの内容が変わり、入門レベルでも受講できる授業が増えたアップ

→今まではコンフェランスの講義の授業は内容が難しかったりするため、なかなか初級レベルの生徒さんが受講できる授業が限られていたり、授業を取りたくても通常授業や発音矯正授業の時間割りでコンフェランスは受講できなかったり…ということが多かったと思いますが、

新しいカリキュラムでは、同じ授業を時間や日にちを変えて開講したり、

入門クラスの生徒さんでも受講できるような工夫がなされています。

 

というわけで新しく生まれかわったソルボンヌのコンフェランスの内容を見せてもらうと…

モードと社会

中世17世紀の美術史

18世紀~20世紀美術史

ヴェルサイユ宮殿の今と昔

パリのもう一つの社会

ポエムとシャンソン…etcなど

なんとなく面白そうなものが増えていました。

 

中級以上のレベルで受講できる授業には

ガストロノミーやフランス語の歴史、メディアについてなどこちらも面白そうな授業が…!

 

新生ソルボンヌ、なんと2019年は創立100周年を迎えるのだそう!!

100周年を記念して2019年度の授業料がなんと150€~最大300€割引になるのだそうです。

 

すでにお申込をされていて、通常料金でお支払いいただいてしまった方も、

学校入学後に返金の案内を学校がしてくれるそうですのでご安心下さいねニコビックリマーク

 

フランス留学をご検討中の方、ぜひ一度アフィニティまでご相談下さいませ。

あなたにあった留学プランを提案させていただきます。

 

アフィニティフランス留学

https://affinity-france.jp/

【フランスワーホリ】【フランス留学】のアフィニティさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス