フランスへワーホリ、仕事みつかりますか? | フランス留学ブログ(アフィニティ・フランス)

フランス留学ブログ(アフィニティ・フランス)

ヨーロッパ生まれの留学仲介エージェント、アフィニティの現地カウンセラー、レホアンによるブログです。
フランス留学、フランスワーホリ、パリ、リヨン、ニース、トゥールなどフランス各地の学校紹介、おすすめの学校や、パリのスイーツまで現地からの情報を発信します。

Bonjour皆さまこんにちは、アフィニティフランス留学の現地カウンセラー、レホアンです。

 

パリの町は長期ストライキの影響でかなりカオス…な模様です。

これもまたフランス生活の醍醐味…えーん

こんなストライキの中でどうやって毎日仕事や学校へ通勤をしようかといろいろと工夫を試みるというのも

トラブル対処法だったり柔軟性が身につくきっかけにもなりますね汗

 

今年も残すところあと2週間を切りましたね。

この時期よくご相談をいただくのがフランスの来年のワーホリビザ情報について。

 

フランスの場合毎年募集要項がこの時期に変更!となるわけではないので、

基本的には2019年度の募集要項のまま2020年の渡航も申請が可能です。

 

さて今日はワーホリでフランスへ行かれる方からよく聞かれる質問

フランスで仕事は見つかりますか?

について書いてみます。

 

フランスのワーホリビザは現地でのアルバイトも制限なくできるので、やはり生活費を稼ぐためにお仕事も探したいですよね。

 

私がお手伝いをさせていただいている方の多くは現地でのお仕事、結構見つけられていますニコ

ただしいくつか注意事項があるのも事実。

 

注意事項ビックリマーク

その① 業種に注意!

仕事探しには現地のフリーペーパー(Ovni)を見たり、Mix BやJimomoなどの掲示板サイトあるいは現地にある日本食スーパーの掲示板を見たり、しますが、求人情報を見てみるとほとんどが飲食関係のお店の求人、サービスや調理師などがほとんどです。

 

逆に言うとサービス係や調理師さん、日本食のレストラン勤務の求人はびっくりするくらいたくさんあるので、

職種を選ばなければ選択肢はたくさんあるんです。

 

これらの業種では常に人不足が深刻なので引く手あまたで仕事を見つけることができるようです。

早い方は渡航翌日に仕事が決まる方もビックリマーク

その他にもベビーシッターなどのお仕事をされる方が多くいらっしゃります。

 

その② 滞在先の都市はしっかりと選ぶべき

上記、たくさんの求人があると書きましたが勤務先を見るとおそらく9割はパリが勤務地であることが多く、

やはり地方の求人はそれほど多くありません。

絶対に仕事をしなければならないような予算で渡航をする方や、

渡航してすぐに仕事を!と考えている人はやはりパリが一番仕事が見つけやすいですね。

 

その他リヨンやニースでも日本食のレストランはあるのでアルバイトが見つかる方は多いようです。

 

また語学学校だけ地方にして、仕事はパリで!と考えている方、

引っ越し費用が結構掛かることや、学校でできたコネクションが仕事探しにあまり生かせないなどのデメリットもあるので

ご注意くださいね。

 

ご自身の希望や優先順位を考えながら渡航先を決められるといいと思います。

 

都市選びに関して、カウンセリングでお客様のご希望や予算など伺いながらアドバイスもいたしますニコ

https://gendai-group.co.uk/affinity-france-counselling

 

その③ フランス語を使う仕事はハードル高し!

お客様の中には、「パン屋さんで販売の仕事がしてみたい」、「フランスの会社で事務系の仕事がしてみたい」、

「旅行会社で日本への旅行の販売をしてみたい」などいろいろな希望をお持ちの方がいらっしゃります。

 

もちろん素敵な夢なのですけれど、これらの仕事、フランス人が相手の仕事になるのでフランス語が必須!それもかなり高度なフランス語が必要になります。

また、語学力がなくとも日本人オーナーさんが面接をしてくれる、日本食のレストランなどと違って、面接からフランス人オーナーとフランス語で行うことも珍しくないことからフランス語中級レベル以上がないとなかなか難しいのも事実。

 

大体フランスで語学学校に半年以上通って、DELF B1以上を取得された方でしたら、これらの仕事にもチャレンジできているようです。

 

(例外として

美容師さん、ネイリストさん、エステティシャンの方、パティシエさん、料理人さんなど、手に職系のお仕事はある程度言葉ができなくともお仕事が見つかっていらっしゃります。)

 

それからフランスで仕事をする場合のお給料っていくらくらいもらえるの?

という質問に関してですが、週35時間フルタイムで仕事をする場合、

パリの2019年1月(毎月/地方によって変わります)の最低賃金SMICの手取り金額は1 171,34 €とのこと。

大体日本円で15万円弱くらいですね。

 

職種によって例えばレストランなどで仕事をしている人はここにお客様からのチップも少し加わるそうです。

 

いかがでしたでしょうか?

フランスへのワーホリ渡航をお考えの方、ぜひアフィニティまでご相談ください。

 

アフィニティでは渡航中の生徒さん同士のランチ会などを通じて

仕事や家探し、学校選びや生活あるあるなどの情報交換を行っています。

 

1月27日(月)17時~東京オフィスにてフランスワーホリセミナーを開催致します。

フランスへのワーホリにご興味をお持ちの方、ぜひご参加下さいね。

27日はご都合が悪い!という方、ご安心下さいニコ

1月30日(木)18:00~のヨーロッパワーホリセミナーでもフランスワーホリに関する情報をお伝えすることが可能です。

https://www.affinity-japan.com/news/events-seminars/20190202_fukuoka/

 

 

皆さんもフランスに住む夢実現してみませんか?

 

アフィニティフランス留学

https://affinity-france.jp/

 

※大変恐れ入りますが、ビザ申請の書類の書き方や必要書類に関してのご案内は

弊社サポートメンバー様に限定させていただいております点、ご了承いただけますと幸いです。