ミネラルの種類

テーマ:



植物性ミネラルと鉱物性ミネラルの違いについて❗️

●ミネラルの種類

鉱物性:1~10種類

植物性:70種類以上

●大きさ

鉱物性:ミクロサイズ

植物性:ナノサイズ(0.001ミクロン)

●安全性

鉱物性:問題あり

植物性:無毒化されていて安全

●吸収率

鉱物性:約50%

植物性:約98%

●帯電

鉱物性:プラス

植物性:マイナス

更に植物性ミネラルの特徴は

●ミネラルは植物に吸収・分解されることにより、その約98%を体内に吸収できるようになります。

植物性ミネラルは鉱物性ミネラルの約1000分の1の大きさであり、これが吸収率の違いを生んでいます。

●植物性ミネラルはミネラルをバランスよく含んでいますが、ミネラルを補給するだけでなく体内の有害ミネラルを排出する作用もあります。

鉱物性ミネラルは

●岩・石灰岩・牡蠣の殻・塩などを粉砕、加工することによって作られます。

●粒子が大きいため体内にはあまり吸収されません

●そのままでは栄養バランスが悪いため、鉱物性ミネラルの過剰摂取は体に悪影響を及ぼします。

市販されているミネラルの多くは鉱物性ミネラルです。

いかがでしょうか?

ぜひご自身でも調べてみてください✨

ワンちゃんの為に❗️と思うなら私は植物性ミネラルを選びます💖