鳩山由紀夫首相は2日、民主党の衆参両院議員総会で「職を引かせていただく」と述べ、正式に辞意を表明した。また、小沢一郎幹事長も辞任することを明らかにした。

  [フォト]覚悟決めた…総会前、あいさつを交わす鳩山首相と小沢幹事長

 鳩山首相は冒頭、「国民の皆さん、本当にありがとうございました」「国民の(政権交代の)判断は決して間違っていなかった」と所感を述べた後、普天間問題や政治とカネの問題を上げ「私自身も職を引かせていただく」と述べ、辞意を明らかにした。

 鳩山首相は普天間問題で米軍基地の沖縄県外移転への意欲を振り返る際、目をうるませる一幕もあった。

【関連記事】
続投意欲 グッドサイン 小沢・輿石氏は賛同せず
首相の素顔 「愚かさ」の裏にしたたか処世術
前原国交相「ツートップの問題極めて大きい」 内閣の支持率低迷
ブレ続けた政治指導にため息 不信渦巻く地元
原口総務相「リーダー変えると、また堂々巡り」退陣論出る首相を擁護

<鳩山首相辞任>拉致家族会代表「期待したが進展なく…」(毎日新聞)
枝野幹事長、玄葉政調会長を了承=民主(時事通信)
口蹄疫特措法、4日施行(時事通信)
<平野長官>官房機密費使途 引き継ぎに慎重(毎日新聞)
阿久根市長は「いささか行き過ぎ」…鹿児島知事(読売新聞)
 餌付けで集まった野良猫のふん尿で被害を受けたとして、東京都三鷹市の住民らが、将棋の元名人・加藤一二三(ひふみ)九段(70)に餌付け中止などを求めた訴訟で加藤氏は26日、控訴しない方針を明らかにした。毎日新聞の取材に加藤氏は「判決文を熟読すると、猫の命を大切にするという私の取ってきた行動を認めてくれている」と述べた。

 判決は餌付けによってふん尿などの被害が住民の受忍限度を超えたと認定、集合住宅敷地内での餌付け差し止めと計204万円の賠償支払いを命じた。加藤氏は判決直後に控訴する意向を示していた。【池田知広】

<東京工業大>教員が大学院入試成績入りハードディスク紛失(毎日新聞)
「首相ではもう不可能」 普天間問題、谷垣氏言及(産経新聞)
郵政法案を可決=衆院委(時事通信)
福島党首「離脱の結論言えない」…TV番組で(読売新聞)
<裁判員裁判>「責任取ってから死んで」 死刑望む被告に(毎日新聞)