前回に引き続きWOMマーケティング研究会に参加させていただきました。

その様子・内容はこちらをご参照ください。
設立準備会発足の経緯と今後の予定についてのスライドを公開します。
1月開催のWOMマーケティング研究会のグループ発表


ちなみに私が参加している理由を明記しておくと、
私自身はペイパーポストの市場をつくってきただけに、
その責任もあるし、今自身が引き続きアジャイルメディアさんの考え に近い
クチコミマーケティング事業、ブログプロモーション事業を手掛けているから、
WOMマーケティング研究会に引き続き参加させていただいている。


あくまで自分のやってきた事業を昔も今も否定する気はありませんし、
このGoogleの1件後でもペイパーポスト事業、ペイパーポストサービスとして
・PR表記
・意見操作
・法律に触れる
・リンクの設置について
の4点のきちとした対応をすればもちろん事業としてありという考えです。





さて今回は、口コミと広告の境界線をどこにひくか
というのを樹形図にそってグレーだ白だ黒だという議論をいたしました。
生活者の視点で考えるとのことだったので、
なかなか白熱した。

境界線の話は別として、また細かいことはどうあれユーザー(読者)がわかるようにしておくつまり、
・PR表記が一目でわかる(リンク先がクチコミ業者のブログマーケポリシーになっている)
・意見操作がされていない

と消費者がわかれば私的にはいいと思っている。


しかしながら、次回の研究会まで細かいとこまでまとめねば。。。




ここで以前のエントリーの補足をさせてください
あるべきクチコミマーケティング事業とあるべきブログプロモーション事業はわけて考える必要が
あるのは当然なんですが、
以下の内容はブログマーケティング事業としての見解ですので、
あくまでクチコミマーケティング事業としてこうするべきとは別です。

Google:有料リンクによる自社ページランク引下げの見解公表 ペイパーポスト事業の今後は?
Google:サイバーバズのプロモーション活動中止 PayPerPost事業を手掛けたものとして
==========================================
A:情報開示(PR表記を入れて)型クチコミでリンクの設置を強制しているPayPerPost事業会社
私としては、先日のエントリーで書きましたように以下のようにすべきだと考えています。
(Google:サイバーバズのプロモーション活動中止 PayPerPost事業を手掛けたものとして
●とるべき道●
①一切の報酬は支払わない(広告掲載費・交通費など)事とし、
リンクの設置は強要しない・依頼もしない(条件にも盛り込まない)
②nofollowタグを入れる。

==========================================

どちらかというと、Aに該当していたサイバーバズさんとトレンダーズさんはこちらに

かぎりなく近づいたのではないかと思う。

追加で思ったことは、前職もそうだったし、サイバーバズさんとかトレンダーズさんとかも
そうなんですが、ブログプロモーションやった場合に
ブログ記事内に『サイバーバズのキャンペーンに参加して』
って入れていたんだけど、
閲覧者には何の事だかって感じだなんだよな。たしかに。(誰も見ね~よってことは別にしても)
消費者の事を第一に考えうるなら『PR(広告):サイバーバズのキャンペーンに参加して』
とするべきか。。。。。リンクをつけてサービスページに飛ばすべきか。




また、以下の件につき、誤解を招いた部分もあるので以下説明追加と
既存のペイパーポストの業者が一部の会社がWOMマーケティング研究会に参加していないことに
触れられていましたので僕なりの見解を明記します、

Google:有料リンクによる自社ページランク引下げの見解公表 ペイパーポスト事業の今後は?
Google:サイバーバズのプロモーション活動中止 PayPerPost事業を手掛けたものとして
======================================

B:SEOとクチコミ効果ありますよという切り口のPayPerPost事業会社

●とるべき選択肢●
①SEO業者になる
⇒普通のSEO事業業者になり記事は書かせずサイドバーへリンクを貼る
②現在情報開示していれば情報非開示型に切り替える
⇒googleのポリシーとは逆行しますが、
そもそも情報開示するとPayPerPostだと認識されやすく、クライアントのページランクが下がる可能性があります。SEOで販売している時点で①を選んだ方が賢明のような気もします。
③nofollowタグを入れる

==========================================



私自身なによりも悪質なのは以下のような会社だと思っています。
・情報開示をしない

・SEOのみを目的としリンク設置をする、さらにはサイドバーへのリンク設置依頼する会社
・薬事法・景品表示法に違反させる
・意見操作をする

倫理感の問題なので、このようなブログプロモーション会社は問題外で、参加してもらう必要はないのではと思います。


Bの会社については、
ブロガーの質の違いが一部ありますが、基本的にサイバーバズさんとの違いでもSEOという部分だけだとおもうので、サイバーバズさんとトレンダーズさん同様に参加していただいた方がいいと思います。

ただ、既存のやり方だとGoogleが自社のページランクを下げるという本気の度合を見せたので、
本当にクライアントのサイトのページランクが下がったらどうするかを改めて考えなくていけないと思います。
やっぱり事実とリスクの説明責任は発生するとおもいますし・・・・。

私が当該責任者であれば、今までのSEOとクチコミ効果を維持するような新たなやり方を作り再考し考えます。
事実SEO会社でやっている所はあるわけですし。

何度もいいますが、私はペイパーポストは事業としてありだと思っていますので、
否定をしていることありません、それこそ無責任です。

一部ブログでBのような会社が批判されるだろうという言葉が、
出てましたが私の前職は正直批判されるような事はやっていないし、
むしろ批判されるとか言ったら余計こなくなるのでは??
代理店として扱ったことがあるサービスを批判する代理店さんってどうなの??
ってことになりますよね。

批判されるから参加しないということはないと思います。
もし批判されたら擁護したいと思います。


■関連エントリー
WOMマーケティング協議会設立準備会:クチコミマーケティング勉強会に参加
WOMマーケティング協議会設立準備会 発足:クチコミマーケティングの健全化目指す