レアル・マドリードの筋トレ? | サッカーのための筋トレと栄養(since 2010)

サッカーのための筋トレと栄養(since 2010)

15歳以上のサッカー選手向けトレーニング情報


テーマ:
セルヒオ・ラモス(レアルマドリードDF)が自身のWCCFカードについて語る
2011年4月02日
[パワー/18]
ああ……安心した。やっと納得できる評価にめぐり会えた(笑)。筋トレを続けてきた甲斐があったってもんだ。DFは相手と競り合うことが多いし、フィジカルは僕の大きな武器だから。


クリスティアーノ・ロナウドが驚異的なペースでゴールを量産できる理由
2011年10月17日
C・ロナウドの技術面とフィジカル面は、数あるトップ選手と比較しても一歩抜きん出ている。高速カウンターからゴールを奪うことが多いレアル・マドリードでは、フィニッシュ役のC・ロナウドに送られて来るボールは、速くて鋭い。それでも彼はトップスピードで走りながらいとも簡単にボールをコントロールする。それを可能にしているのが屈強な肉体だ。本来のバランス感覚の良さに加え、練習後に行うあらゆる種類の腹筋・背筋などのジムワークによって、彼は体幹の強さを維持している。その体幹の強さは、滞空時間の長いヘディングシュートにも生かされている。

(引用おわり)
----------

筋トレしないイメージが強いモウリーニョ体制下でも、実はレアルの選手はちゃんと筋トレしてるようですね。

そもそも人間の体は筋肉の量(断面積)と筋力は正比例するものなので、現在のCロナウドの体型を見ても、彼が今までの筋トレを続けていることは明らかなのですが、
CR7
(2011年5月)


もしモウリーニョのスタイルを、自分たちが筋トレしない理由にしている人がいたら(特に監督・コーチ)、その人の顔を潰さないように、レアルの事実をこっそり伝えてあげてください。

日本ではどうしても「○○は筋トレしない」って話がオーバーに伝わりがちだし、何かと筋トレしないで済む理由を探したり広めたりするのが大好きなお国柄なので。


なお次の写真はレアルマドリードの練習風景です。空中に飛んだ選手同士がぶつかって、ヘディング時の競り合いの状況を想定したトレーニングを行っている模様です。
$サッカーのための筋トレと栄養


(⇒当ブログ目次)

FR さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ