まずはじめに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 

現在、フライトベースは休業にて対応中ですが、徐々に収束を迎えることができるのではないかと期待しております。

 

しかし、未だに自宅待機や在宅ワーク(テレワーク)でなかなか自由な外出ができない皆様に朗報です。( #stayhome #sgoyhima )ご自宅のパソコンでフライトベースのコースをシミュレーターで体験、練習できるのです。

 

シミュレーターは色々あり、まだご存知ない方もおられると思いますが、もちろんフライトベースのおすすめは、実在するドローンベースのシミュレーションができる

 

「Velocidrone」をお勧めします。

 

 

このコースは今のコースになる少し前のコースですが非常にリアルに再現されています。

会場は実寸を計測しゲートを所定の位置に設置しているので実際に飛ばした方も、うんうんなるほど!そうだったといった感覚が得られる様になっているんです。

 

まずはベロシドローン(VelociDrone FPV Racing Simulator)を入れましょう!

 

https://www.velocidrone.com

 

導入方法には色々解説されているサイトがあるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

https://drone-journey.com/velocidrone-transmitter-setting/

 

http://endou.org/app-def/S-102/wp/?p=5455

 

導入後は、コースのダウンロードの検索枠に

 

"JTM"

 

などと入れてみましょう。

 

すると、同じJTMから始まるコースがたくさん出てきます。

 

その中には関東のドローンヴィレッヂの実コースや、岐阜県のROBOTZさんや、大阪はフライトベース大阪、フライトベース堺、FUNFUNなど各地のコースがすでにアップロードされていますよ。

 

上の動画のコースは

 

"JTM_FlightVace_Osaka_WTT_5_b13"

 

です。

 

また、近々、東京のドローンイベントWTWが最近オンラインでこのシミュレーターを使った在宅WTWが開かれており、近々、フライトベースのコースを使って大阪のWTTとWTWのコラボWTTTWオンラインドローンレースが行われるかもしれません。

 

ぜひ一度導入してみてはいかがでしょうか。

 

またオンラインドローンレースの実況とLIVE中継がネットゲームのチャット機能で有名なDiscordを使って行われています。合わせてDiscordのアカウントも用意しておくと参加が容易に行えますよ。

 

 

ぜひ楽しい自宅待機時のドローンライフを皆様に!

 

では、手洗いにマスク、消毒など感染症対策にお気をつけください。