ドローン、どろーん、DRONE、日常的になりつつある4つのプロペラのついた飛行物体ですが、「これからドローンを始めたいんです」とフライトベース大阪に訪ねてくる方も徐々に増えてきました。

 

さて、ドローンを始める方にどんな目的の方が居てるのかをまとめます。

 

・綺麗な動画(4Kなど)を空撮で撮影したい

 (旅行先や綺麗な景色などを記録したい)

 

・仕事で、ドローンを飛ばす必要がある

 (空撮関係の仕事、建築現場の点検作業など)

 

・とにかくドローンを始めたい

 (趣味の一環で空飛ぶラジコンを気軽にやってみたい)

 

・ドローンレースに興味がある

 (FPVドローンやTinywhoopなど観たことがあるなど)

 

以前の記事「ドローンを始めよう!」で目的に合わせたドローンの選び方の様なことを書きましたが

今回は、どのドローンをする場合でも役にたつドロー選びの基礎知識についてまとめます。

 

まず、とにかく始めたいと大型家電量販店などで取り扱っているドローンコーナーに行くと目に付くのが、有名どころのドローンメーカー「DJI」社の空撮機や、「Parrot」社などのヨーロッパメーカーのドローンなど。

 

 

 

 

ドローンの価格を聞くとおよそ1万円そこそこの物からセットで10万円を超えるものなど様々。

 

購入意欲に駆られている方は、このまま勢いついて店員さんと会話した上で購入となる方も多いと思いますが、色々知ってから購入する方がやっぱり後悔しないと思います。

 

家電量販店にはドローンコーナーもありますが、おもちゃコーナーにもドローンは置いてます。

高額な空撮機とおもちゃコーナーのドローンとの最も大きな違いは・・・

 

 

ズバリ、重さ!

 

 

と言えます。

 

おもちゃコーナーには総重量200gを超えるドローンは置いていないと言うこと言えるかと思います。

どういう事かというと、200gを超えるドローンは「飛ばすところがかなり制限されている」言い換えれば、「飛ばせるところがほとんど無い(大阪や東京含む各都心部は特に)」という事が言えます。

 

安易に買ってしまって、実際に飛ばせる場所がほとんどなく、飛ばせても行政司法書士レベルの飛行申請を行政に申請して許可を取ってからなど、10万を超える金額の「おもちゃ」のはずが、気軽に飛ばせれなくて困ってます・・・

 

そういったお客さんが実は結構多くフライトベースにも訪ねてきているのです。

 

 

冒頭に書いた目的の最初の2つは、4Kなどの綺麗な動画を撮る、もしくは、企業で撮影や点検用に大型ドローンを操作する必要がある・・・と言った方は、200gを超える大型高額空撮機を購入するのも良いかと思います。

高額機は、本当に賢く、操作をしたことがない方でもGPSがついていて緯度と経度を計測して自分の地点をドローンが把握してそこそこ風が吹いていても機体自身がそこで自動で止まっていることができたり、また自動帰還機能とか追尾機能など、本当に賢いドローンとなります。

 

 

 

ただ、そうで無い場合。

 

あまりに賢い、そう言ったドローンは操作の難易度も低く、用途の必要性がなければ数回の飛行で飽きてしまう方も少なくはありません。

 

 

目的が趣味や、とにかくやってみたい、ドローンレースに興味があるなどの場合には

 

ズバリ、おもちゃトイドローンで十分なのです。

 

 

それで、どうしても急ぐのであれば、おもちゃ屋さんに売っている5千円前後のものでも良いのですが、フライトベース的には、せっかくなので、その中でもより一層奥の深い、そして、面白みを持っている「Tinywhoop(タイニーウープ)」をお勧めしています。

 

 

Tinywhoopとはカメラを搭載したおよそ30g程度の8cm角くらいのマイクロドローンで、そのカメラの映像を電波で発信し、ゴーグル(VRの様なもの)で受信した映像を見ながら操作する、FPVシステムのドローンなんです。FPVとは「First Person View」の頭文字を取った言い方で、「第一人称視点」をいう意味。正にドローンからの視点で操作するというシステムです。

 

FPVって、おもちゃ屋さんにも売っているよ!?

 

て方には、ここでもう一つ説明します。

 

おもちゃ屋さんで売っているFPVも同じことなのですが、映像を送る電波の種類が違っています。

簡単にいうと、Tinyehoopの方がタイムラグなく、シームレスな映像を送受信しているものになります。おもちゃ屋さんのものは映像は映るけど、コマ落ちしたり、他の電波を干渉しやすいものが多く、高速のスピードにも映像の遅延が発生したりします。

 

 

Tinywhoopは、その小さいドローンの姿とは裏腹に、設定はパソコン(WindowsやMac)でオリジナルのアプリケーションで精密な設定ができたり、スピードも時速数十km程度(およそ原付バイク程度など)の速度が出る高機能ドローンなのです。

 

 

次回は、このフライトベースがお勧めするTinywhoop(タイニーウープ)について、更に砕いて説明したいと思います。

 

最後に、そんなTinywhoopの動画を