発表形式の講義の最大の注意点 ~講師養成講座 講演・セミナー講師のコツを伝授~ | 講師養成講座★プロ講師,人気講師への登竜門!
2011年12月28日

発表形式の講義の最大の注意点 ~講師養成講座 講演・セミナー講師のコツを伝授~

テーマ:講演セミナーのコツ

こんにちは、この度はご訪問頂きありがとうございます。

『生活に安心を!』,『 人々に笑顔を!』,『子ども達に夢を!』を

モットーに年間100回超の講師をする情熱の講師、下村です。


10日ほど前、大阪でプレゼンテーションの講義を行ってきました。

3時間の講義を2クールです。


この3時間の中で、グループワーク&発表と、個人のショートスピーチを行うわけですが、主役はほとんど受講者の方です。


ちなみにグループワークでは、↓を使います。

試食もありです(笑)


講師養成講座★プロ講師,人気講師への登竜門!-じゃがりこ


さて、私が行っている講師養成講座 もしかりですが、ワークショップの中でも受講者に発表して頂くスタイルの講義では大きな注意点があります



それは発表の時間がよめないという事です。



勿論、時間制限を設けているので途中で切ることはできますが極力それは避けたいところです。



私の場合、プレゼンテーション講座講師養成講座 で、毎回発表頂いているので慣れていますが、初めて同様の講義をされる方は、想定以上に時間を見ておいた方が無難です。



例えば、持ち時間3分、発表者10人とした場合、

単純には3分×10人=30分

それに講師のコメントと発表者の入れ替わりで2分×10人=20分


これに加え、1人2分オーバーとして、20分ぐらいの余裕を見ておいた方がよいです。


もしかしたら、発表が予定どおりかもしれませんがその場合は、講師のコメントを長めにしたり、隠しメニューを準備しておけばよいだけの話です。


ですが私の経験上、意外と発表時間は伸びてしまいます!




今回も皆様、

一生懸命ワーク&発表をして頂けました!

ありがとうございました。




講師養成講座(大阪)の開講が1月24日に決定!


前回大好評で、皆様から「次回はいつですか?」「次はぜひ受講したい」というご要望にお応えし、開催予定を2ケ月前倒しての開講が決定いたしました。


毎回各人の発表の時間を設けておりますので、お金を出してもなかなか経験できない練習の場としても、是非ご活用下さい!


なんと!この講座を受講した受講生(第1期生)は、すでに講師として活躍されたり、卒業セミナーの内容で実際に消費者向けのセミナーをされたり、「本当に役に立った!」「即活かせる講座だ!」と卒業生からも好評を得ております。



 ↓↓↓ 第1期生の方の生の声 ↓↓↓


 Q1.受講して変化した点は何ですか? >> 生の声

 Q2.講座受講後の感想は?       >> 生の声

 Q3.今後の受講者へのメッセージ!  >> 生の声



   ↓↓↓ よくある質問 ↓↓↓

 Q1.何の講師を養成する講座ですか?          >> 生の声

 Q2.休んだ時のフォローはあるのですか?        >> 生の声

 Q3.人前で話した事がないのですが大丈夫ですか?  >> 生の声



 お申し込み・詳細は  → こちら から!


 じっくり検討されたい方は、体験講座も準備しています!!




↓↓↓ 情報満載の当社公式サイトはこちら。 ↓↓↓

生命保険と講演・セミナー講師に強い大阪の独立系FP下村啓介



講師養成講座 ~講師力をアップして、講演依頼やリピーターが増える人気講師になろう!~-読者登録になる




以下もよろしくお願い致します!


FP Office Tomorrowの公式HP

  >>マネープラン、住宅取得資金、生命保険、教育資金対策など

    のお金の情報や講演(セミナー)の情報が満載です!


ブログ『プロ直伝! 生命保険講座』

  >>しつこい勧誘・営業をせずに築き上げた豊富な経験と知識が

    ウリのFPが、役立つ生命保険の知識や情報を伝授します!


ブログ『☆起業Cafe☆』

  >>経営者と起業を目指す人の集いの場です。

    本気で成功したい人向けに、セミナー、交流会、勉強会、

    ビジネスマッチング、経営塾、起業塾などを開催します。


ツイッター

  >>時折つぶやいていますので、お気軽にフォローして下さい!


Facebook

  >>知り合いの方、面識のある方、私に興味を持って頂いた方、

   お気軽に申請して下さい!




講師デビュー,講師力アップをサポートする情熱講師@下村啓介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス