フラット35の保証型と買取型の違いとは? | 年収300万円で無理なくマイホーム実現!徳島のFP中川のアメブロ

年収300万円で無理なくマイホーム実現!徳島のFP中川のアメブロ

収入が少なくても頭金がゼロ円でもマイホームを実現することができます。それどころか、住宅ローン返済への不安や子供の学費も準備でき、節約疲れとは無縁なゆとりある生活を手に入れることができます。

こんにちは~!
徳島のマイホーム購入相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。

「フラット35の保証型と買取型の違いとは?」

フラット35を検討中の方は見かけたことあるかもしれません。

フラット35(保証型)とかフラット35(買取型)

「なにが違うの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

同じフラット35でも保証型と買取型でちょっと違いがあります。

※買取型の内容はどこも横並びですが、保証型は金融機関によって内容が違います。

保証型のフラット35を検討される際はよく内容を確認してくださいね。

<繰り上げ返済について>

買取型は繰り上げ返済手数料が無料ですが、100万円以上ないと繰り上げ返済できません。

保証型は繰り上げ返済の金額は自由ですが、繰り上げ返済手数料がかかるところもあります。(三菱東京UFJ銀行だと3,150円)

<年収要件について>

買取型は月収がローン返済額の4倍以上あること。住宅金融支援機構が審査をします。

保証型は返済負担率が所定の条件を満たしていること。金融機関が審査します。

住宅金融支援機構が審査をするより金融機関が審査をしたほうが通りやすいようです。

<団体信用生命保険について>

買取型は任意。加入する場合は別途団体信用生命保険の保険料を支払う。

保証型は加入できることが要件のところもある(三菱東京UFJ銀行)団体信用生命保険の保険料は金利に含まれる。

おおまかな違いはこんなところです。

一口にフラット35と言っても、少しずつ違いがありますので、金利の低さだけ見るのではなくその他の条件も見てみるといいと思います。

年収300万円頭金0円で無理なくマイホームを実現するFP中川さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス