税金と社会保険料を見積もってみよう

このままであれば、何の問題もありませんが、まだ、見積もられていない支出があります。それは、税金と社会保険料です。現役世代であれば給与天引きされる税金と社会保険料ですが、リタイア後には、自分で納める 必要があるのです。所得税は、表1.3 のように計算できます。

表1.3 所得税の計算

総所得金額がゼロなので納める税金はありません。これで安心と思うのは早計です。社会保険料の計算が待っています。森永様は、東京都世田谷区にお住まいです。国民健康保険に加入するために、保険料を支払う必要があります。