「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの子会社ジーユー(GU)は、国内店舗を現在の約340店から数年内に5割増の500店まで増やすそうです。

 

朝日新聞によると、

 

GUの柚木(ゆのき)治社長が18日、朝日新聞の取材で明らかにしました。

 

GUは10~30代向けの流行をおさえた低価格ファッションが主軸で、ベーシックな商品が基本のユニクロと差別化できるとしたようです。

 

柚木社長は衣料品市場を「普段着とおしゃれ着の違いが少なくなり、身近なところで買うものになった。雑貨やスポーツウェアなどをそろえれば商圏が広がる」と分析し、各地に出店の余地があるとしたとか。

 

今後、「年間40~50店を出し、数年で500店を目指す」と話しましたが、郊外の幹線道路沿いやショッピングセンターなどの大型店に加え、都市部の駅前などへの出店も加速する考えを示したということです。

 

 

トレイダーズ証券出身 古橋プロデュース『みんなでFX』 

 

http://yaplog.jp/trendgoods/archive/669

http://newsyoutube.seesaa.net/article/444168770.html

 

 

AD