こんにちは、ファイナンシャルプランナーの 影山輝哲です。

 

2019年1月末 まだまだ、インフルエンザが大流行中!!

流行に乗り、やっと治ったと思ったら

 

今度は子供がインフルエンザに・・・

皆さん、体調管理には、お気をつけ下さいねー

 

Financial Planner 

 

(住宅ローン相談・生命保険の見直し・事業保険相談・資産運用相談)https://www.facebook.com/FP.Yonago

ライフプランを通して「経済的な安心」と「こころのゆとり」をお届けします。

 

マネースクール山陰

 

ホームページはこちら htts://moneyschool-sanin.com

学校では学ばない、大切なお金の基本を学ぶための基礎講座(参加費無料)開催中

 

銀行におきっぱなしのお金の効率のいい働かせ方、老後に向けた手間いらずなお金の増やし方など、失敗しないお金の貯め方、増やし方のイロハを学べます。

 

下がっても安心!目から鱗の積立方法公開!

 

 

さて、今回は「30代ご夫婦 ライフプラン現状分析」です。

 

お客様は前回ご紹介した

お客様 30代ご夫婦 お子様二人

住宅を数年前に購入 

 

現在加入中の、生命保険(JA共済 ゆうびん共済)について不安がある

 

では早速、現状分析結果 見ていきましょう

 

 

・このまま健康で平均寿命まで生きたとしたらキャッシュフローは大丈夫なのか?

 

 

キャッシュフローは、当面 問題なさそうなんですが・・・

希望されている、車の購入や教育資金準備、またご家族での旅行計画など

 

ただ・・・

老後資金が不足するようです

 

 

・万が一、ご主人が、奥様が、亡くなった場合 どうなるのか?

 

(ご主人が亡くなった場合)

現在加入されている生命保険では、遺族年金を考慮しても必要保障額が不足しています

 

(奥様が亡くなった場合)

現在加入されている生命保険では、過剰になります。

 

・就業不能状態になった場合、どうなるのか?

 

(ご主人が就労不能になった場合)

 

(奥様が就労不能になった場合)

 

ご主人も奥様も、就労不能になった場合の備えはされていませんので

キャッシュフローは大変な事に!なりますね。

 

 

・老後、介護が必要になった場合、どうなるのか?

 

 

老後について、奥様は日本社生保の個人年金保険に加入されていますが

それ以外は特に備えや準備はなく・・

キャッシュフローは大変な事に!なりますね。

 

 

現状分析を行なった結果、全ての場合、問題があることがわかりました。

・このまま健康で平均寿命まで生きたとしたらキャッシュフローは大丈夫なのか?

・万が一、ご主人が、奥様が、亡くなった場合 どうなるのか?

・就業不能状態になった場合、どうなるのか?

・老後、介護が必要になった場合、どうなるのか?

 

一つだけを解決する事は難しくありませんが・・全てとなると難しいものです

 

しかーし!!

 

私が行う、トータルコンサルティングでは全ての問題点をクリアー!

出来ました。

 

(勿論、稀にできない方もいらっしゃいますが・・・)

保険料は、現在と変わらない額で、保障内容は備えられていなかった部分までカバーでき 貯蓄の仕方、ライフイベント等を見直し、「ファイナンシャル・ゴール」を目指せます。

 

 

 

 

 

 

 

一つ一つの解決策を、お客様なりにベストな選択をされてこられたと思います。

しかしながら、トータルでのライフプランニングでは・・

皆さんが思われている常識が非常識って事も

 

 

 

 

 

正しい選択をすると

 

人生が変わります!!

 

ぜひ、豊かな人生を!!

 

例えば、生命保険・損害保険・住宅ローン・貯蓄方法・投資等

 

単体のプロ(営業マン)は沢山居ますが!!!!!!

 

トータルでライフプランニングやコンサルが出来るプロ(実行支援すること)は少ないように思えます。

 

(現場経験がすくなければ、その知識は薄っぺらく本質まで辿りついていません)

 

単体では、ベストな選択(商品や方法)だと思っても

実は!!

トータルで考えると違う選択(商品や方法)が良い場合も沢山あります。

皆さんは、銀行員や証券マン、FP講師に実行支援され結果をだされていますか???

私たちは
一番大切なことは、責任をもって実行支援し結果を出す努力をすることだと思います。机上の空論では意味がありません