予期せぬ“サブスク”の請求トラブルに注意!(国民生活センター) | 大阪府高槻市のファイナンシャルプランナー(FP)税理士 今一実(元 公務員)の事務所ブログ

大阪府高槻市のファイナンシャルプランナー(FP)税理士 今一実(元 公務員)の事務所ブログ

大阪府高槻市の税理士事務所とファイナンシャルプランナー(FP)の会社のブログです。
FP相談 ライフプラン表作成 住宅相談 相続相談 税金相談 税務調査対策など行っています。
代表は元・公務員(税務署の国税調査官)のFP税理士です。

こんにちは。今日はFP(ファイナンシャルプランナー)・税理士事務所の上原がブログを担当いたします。

 

 

「サブスクリプション(サブスク)」とは、定められた料金を定期的に支払うことにより、一定期間、商品やサービスを利用することができるサービスのことで、一般的に、一度契約をすると、解約しない限り自動的に支払いが継続されます。

 

全国の消費生活センターには、サブスクに関する相談が、2021年度以降、毎月500件程度寄せられており、国民生活センターは予期せぬトラブルに遭わないよう注意を呼びかけています。

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20211007_1.html

(国民生活センター)

 

 

サブスクの契約は、店舗における申し込みもありますが、インターネット上での申し込みが多く、中には契約内容等を正しく認識していないまま契約し、請求に気づいてトラブルになるケースもみられます。

 

お試し期間として、無料でサービスを受けられることがありますが、無料期間中に解約しなければ、有料プランに自動で移行し、1ヶ月・1年など定期的に決まった料金が引き落とされます。

 

サブスクの契約のポイントは、契約中はサービスを受けることが可能であり、利用していなくても料金が発生することです。

 

解約しない限り契約は自動で更新されるため、支払いも続くことになります。

 

 

「無料体験」「無料トライアル」の広告・表示をきっかけにサブスクを申し込む際には、契約の相手方の事業者名、サービス内容、解約方法など契約条件をよく確認してから契約しましょう。

 

また、申し込み時の登録情報(メールアドレス、電話番号、パスワ ード等)は解約手続きに必要になりますので忘れないようにしましょう。

 

 

サブスクの契約をしていることに長期間気がつかずにいると、意図せず定額料金を支払い続けることになってしまいます。

 

利用していないサブスクの支払いがないか、クレジットカード等の明細は毎月確認しましょう。

 

 

不安に思った場合や、トラブルが生じた場合は、すぐに最寄りの消費生活センター等へ相談してください。

 

 

フォローしてね

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大阪府高槻市のファイナンシャルプランナー(FP)税理士

 

当社・当事務所の メインホームページ

今一実税理士事務所のホームページ

住まいと保険と資産管理 大阪北支部

経営者向けFP税理士サービスのホームページ

相続の基礎のホームページ

フェイスブック

ツイッター

 

今一実税理士事務所

 確定申告・税務相談・税金・相続・開業起業・節税・税務調査

 

住まいと保険と資産管理 大阪北支部

 ライフプラン作成・保険見直し・FP相談・住宅ローン相談

   FP: 今一 実 

 

(株)生活経営サポート

 相続FP相談 ・ 経営者 事業者 会社のためのFP税理士相談

 


  代表 今一 実

近畿税理士会 茨木支部(高槻・茨木・島本町)登録 税理士

CFP ・ 1級ファイナンシャルプランニング技能士

経営学修士 ・ 元 国税調査官 (税務署の公務員)

 

 大阪府高槻市南芥川町2-13 五反田ビル205号室

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー