こんにちは

 

今日はとても寒く冬雪の始まりを感じますね

 

 

 

昨日

 

「ぴゅあ総合」という山梨県の男女共同参画推進センター主催のビックリマーク

 

ライフプランセミナー「つみたてNISAセミナー」の講師を務めてきましたニコ

 

まだ投資をしたことが無い方向けのセミナーです。

 

つみたてNISAの内容やつみたて投資の仕組み

投資信託の選び方や報告書の読み方

投資信託の比較方法

等々をお伝えしてきました。

 

本日の新聞報道にもありますが、つみたてNISAはいつ始めても20年間投資できるよう来年の税制改正に盛り込むようです

 

貯蓄から投資へ

 

日本においてもこの流れがより早まるとよいと感じています

 

老後資金等の準備方法につみたてNISAやイデコ(iDeCo)を活用する方法などお気軽にご相談ください。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

暮らしにかかわる資金計画等お気軽にご相談ください。

住宅ローン相談・相続相談・家計相談お受けいたします。

(他、資産運用相談・(iDeCoイデコ)確定拠出年金相談
・老後の相談・不動産投資相談・保険の相談等)


瀧澤ファイナンシャルプランナー事務所(瀧澤FP事務所)

瀧澤 宏行

山梨県中央市乙黒669-13

055-273-0580

http://www.fp-takizawa.com

info@fp-takizawa.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

こんにちはニコ

 

雨でジメジメ

 

湿気でムシムシアセアセ

 

洗濯物も乾かず

 

早く梅雨雨が明けないかなと

 

 

本日は「フラット35金利が団信付で過去最低!」ですビックリマーク

 

もうこの水準なら

新規借り入れの方ビックリマーク

住宅ローンをすでに借りていて借り換えを検討している方ビックリマーク

迷わず申し込みしていい水準だと思います。

(新規借り入れで注文住宅の方は融資実行時の金利となるので注意してください)

 

35年間固定して1.18%

 

地方の金融機関の変動金利は0.625%

これに保証料がかかって約0.825%位になります。

 

その差わずか0.355%

この金利でリスクは借りる方ではなくて貸す方

迷う事は無いと思います。

 

未だに、変動金利を選択する方が多い状況は続いています。

これは、過去20年間金利が上昇してこなかった経験から、多くの方が金利は上がらないと思っているからです。

確かに、今後数年は金利の上昇は無いと思いますが、10年20年レベルでは何が起こるか分かりません。

このリスクを0.355%で相手に引き受けてもらえるなら私のアドバイスとしては迷わずフラット35です。

 

ただし、借り入れる金額や、期間によっては今後どの位金利が上昇するまで変動金利が有利!

というようなシミュレーションも行えますので、迷っている方はお気軽にご相談ください。

 

住宅ローンの借り方

借り換えで得する目安などお伝えできます。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
暮らしにかかわる資金計画等お気軽にご相談ください。
住宅ローン相談・相続相談・家計相談お受けいたします。
(他、資産運用相談・(iDeCoイデコ)確定拠出年金相談
・老後の相談・不動産投資相談・保険の相談等)

瀧澤ファイナンシャルプランナー事務所(瀧澤FP事務所)
瀧澤 宏行
山梨県中央市乙黒669-13
055-273-0580
http://www.fp-takizawa.com
info@fp-takizawa.com
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

 

 

こんにちはニコ

 

台風台風が来ると身構えていましたが、何ともなく安心しました

 

我が家は、横殴りの雨が降ると雨雨漏りしてしまうんです

 

継ぎ目の所が弱いんですねビックリマーク

 

雨漏りはなかなか侵入口が分からず、完全に止めるのは難しいです。

 

皆さんも家の外壁や屋根は15年位に一度はメンテナンスをした方がよいですよニコ

 

 

本日はビックリマーク

家計の金融資産で現金預金が過去最高」です

 

昨日日銀が発表した家計の金融資産全体は約1835兆円!

その内現金預金¥はなんと977兆円もあるそうですビックリマーク

年度末ベースで過去最高額との事

 

先日は老後2000万円問題がありましたが、多くの皆さんが現金預金で備えているという事になります。

 

一方株式は9.5%減の183兆円

投資信託は2.2%減の71兆円

個人資産全体に対する割合は13.9%だったようです。

 

政府の「貯蓄から投資へビックリマーク

これがなかなか進みませんね

 

老後2000万円問題の時も、「老後資金が足りないからと言って急に投資を始めろなんて無理な話だ!

というようなコメントが多くありました。

 

私は、これに関しては投資教育の問題だと感じています。

投資を投機と間違えている人が多くいると思います。

いわゆる博打と勘違いしているような感じです。

 

本来投資とは一発勝負ではなく、長期的に成長するところへ資金を振り分けて成長を享受するものだと思います。

しかし、「株なんて損するから怖い」というような間違った刷り込みになっているのです。

 

老後資金の不安からご相談にいらっしゃる方も多いです。

老後に必要なお金をコツコツと預金して準備するのか?

保険のような商品で準備するのか?

政府も税制面で優遇している長期投資で準備するのか?

月々まわせるお金の額にもよりますし、個々のリスク許容度にもよります。

 

自分はどのスタイルが合っているのか?

 

一度 ご相談にお越しいただければと思います。

 

お気軽にどうぞニコ

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
暮らしにかかわる資金計画等お気軽にご相談ください。
住宅ローン相談・相続相談・家計相談お受けいたします。
(他、資産運用相談・(iDeCoイデコ)確定拠出年金相談
・老後の相談・不動産投資相談・保険の相談等)

瀧澤ファイナンシャルプランナー事務所(瀧澤FP事務所)
瀧澤 宏行
山梨県中央市乙黒669-13
055-273-0580
http://www.fp-takizawa.com
info@fp-takizawa.com
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆