元本保証と元本確保の違い+お知らせ | 自分でできる年金づくりがわかるブログ

自分でできる年金づくりがわかるブログ

『お金を貯める・増やす・残す』シンプルで長続きする方法とは?
最新ニュースと続くお金の管理を中心に公開しています。


テーマ:

元本保証と元本確保、

言葉はにていますが、意味は結構違います。

 

元本保証って?

まず、「元本保証」という言葉は出資法により、

銀行、郵便局、信用金庫、信用組合など

限られた業者以外に使用することが禁止されています。

元本保証とは、

例えば1,000万円までの銀行預金のように、

万が一預け入れしている金融機関が破綻したとしても、

預金保険機構が支払不能に陥った金融機関に代わって元金を保護するという意味と、

金融機関自体が預金者に対して預金元本を保証するという2つの意味があります。

 

元本保証されている金融商品はノーリスクですが、

リターンもほとんどないのが一般的となっています。名も知らないような民間業者がもし“元本保証”をうたってハイリターンの金融商品を売りだしたとすれば、それは怪しいと考えた方がよいでしょう。

 

元本確保って?

では「元本確保」や「元本保全」は、どういうことなのでしょうか。

元本確保とは、満期に最低限元本を払い戻せる方針のもとに運用されている金融商品のことです。

元本保証とは違い100%保証ではないものの、元本金額をしっかり確保できるような仕組みになっているため、ハイリスクの資産運用商品と比較すればかなり安心だといえます。

例えば、元本確保型の投資信託商品では100預かったうちの90は安全性の高い商品で運用し、残りの10でハイリスク・ハイリターンの資産運用商品で運用します。10の部分が仮に0になったとしても、満期時には90の運用部分で100までカバーするという仕組みです。

 

なんとなくですが、

元本保証はいつでも、、、保証

元本確保はいずれ、、、保証されます

 

みたいに覚えておけばよいのではないでしょうか?

元本確保は、本当はリスクが有るのだけれど、条件を満たした方は特別に元本確保をお約束しますよ、

 

って言うのが多いみたいですね。

 

例えば、10年続けることが出来たら?とかそういうことですね。

 

余り普段意識しないかもしれませんが、

 

ご参考に!

 

 

ところで、

元本確保できる投資法があるとしたら興味ありますか?

 

今回は、セミナーや個別相談以外では公開してこなかった

13種類の元本確保型、

将来のあなたの資産を殖やす

 

とっておきのプラン

 

を無料で読むことが出来ます。

 

もしあなたが、

元本を減らしたくないけど、有利に貯金したい

そう思うなら、これはあなたのお金の不安はかなりなくなることでしょう。

こちらのレポートを読むとあなたの将来設計に役立ちます。

 

目次です。13のプラン内容、きっとあなたも知っているものもあると思います。

 

知っていればできる時にすぐに行動できますが、

知らなければ何も出来ません。

 

まずは、あなたの周りの環境から、あなたが導入できそうなものを下記より確認してみて下さい。

  • みんなどうしているのか?
  • 元本確保型●●とは?
  • 事例① 
  • 事例② 
  • 事例③ 
  • 事例④ 
  • 事例⑤ 
  • 事例⑥ 
  • 事例⑦ 
  • 事例⑧ 
  • 事例⑨ 
  • 事例⑩ 
  • 事例⑪ 
  • 事例⑫
  • 事例⑬ 
  • 事例その他
  • レポート入手者限定特典のご案内

続きを読みたい方はこちら

http://fp-1.info/archives/5103

阿久津和宏さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ