ボイスエフェクター

テーマ:
頭の中の言葉がTwitterの140字以内に収まりそうにないので
ブログに書くことにします。

最近、ライブでかなりの頻度で色んな人に質問される事があります。

「その歌声(嗄れ声)ってどうやって出してるんですか?」

普通の声と嗄れてる時の声が全然違うのでみんな疑問に思うみたいです。

曲の雰囲気によってとか、部分的にここだけとかで歌声を変えます。
分かりやすいイメージだと、ギターやベースにエフェクターをかけるみたいな感じで歌声を使い分けています。

嗄れ声以外にも何種類か歌声を使い分ける事は出来ます。
実際のライブで使い分けてるのは3〜4種類くらいだけですが。

ちなみに酒灼けしてるから嗄れてるわけじゃないです。
(仮に酒灼けだったら、歌ってない普段の声も嗄れてるからね。普段の声は嗄れてない)

酒灼けでも喉を潰して嗄れさせてるでもなくて
声帯の開き具合を調整して、声を嗄れさせたりクリアな声にしたりしています。

声帯を意図的にコントロールするのは、トレーニング次第で出来るようになるんじゃないかなぁ。
自分でコントロール出来るようになるまで1年くらいかかりました。
最初はまぐれでしか出なかったけど、今は意図的に出せます。

完全に独学なんですが
感覚は「喉を丁度良く締める」って感じです。

前に、とある某音楽プロデューサーの方と話す機会があった時に、
「歌声を使い分けられる人って実はそんなにいないんだよ。君はとても面白い声をしているね」
って言われた事があって、自分では特別なことではないと思っていたけど
どうやら珍しい事みたいですね。

何も取り柄もない普通の子だった私にすら出来たんですから
みんなやろうと思えば出来るんじゃないかなぁと思ってるんだけどなぁ。

以上、バケモノの戯言でした。