Happy song show

テーマ:
時差ありだけど、
6/7(木)は、新宿ロク嘘で千夏ソロライブ。
ご来場の皆様、関係者の皆様、
そんでもって、呼んでくれたヒロシくん、どうもありがとうございました!

この日は、ヒロシくんのお誕生日当日。
お誕生日祝いのイベントでございました。

ヒロシくんは、新宿ロク嘘スタッフでもあり、ご存知ブルボンズのギターでもあり、
私が加入してるFlying Kato Brothersで一緒に活動するバンドメンバーでもあります。
そんなヒロシくんですが、
初めて話したのは、2012年のブルボンズのレコーディングのコーラスの手伝いをさせてもらった時ですね。
なんで、6年くらいの仲です。(ホントは10年くらい前から存じ上げていましたけど、話す仲では無かった)
で、2015年から、Flying Kato Brothersで一緒に活動し出して、本当にしっかりと話すようになったのは、ここ2年くらいですかね。

それでもって、
ヒロシくんのお誕生日イベントは、こんなセットリストになりました。

6/7(木)新宿ロク嘘セットリスト
1.Happy birthday to Hiroshi
2.Call me my baby
3.大義名分
4.Shooting Star
5.Cry baby cry(新曲)
6.Drink & High

ベタだけど、ハッピーバースデーから。

それで、今回は、新曲「Cry baby Cry」を投入しました。
大義名分に続くループステーション使用曲第2弾。

初披露だったので、ヒヤヒヤだったけど、なんとか着地出来て、
「新曲が一番良かった」って言ってもらえたり、色んな人から評判良くてホッとしたよー。

ビートルズに同じ曲名があるんだけど、
歌詞はビートルズのそれとは全く関係なくて、
大人になって社会に出ると、赤ちゃんと違って泣きたい時に泣けなくなるじゃない?
だけど、いつもいつも我慢して泣けない人に
「泣きたい時は泣きなよ。どんなあなたでも、自分自身をもっと愛して欲しい。でも泣きたくても、素直に泣けない夜もあるよね。分かるよ」
みたいな意味合いを込めています。
人生そのものがブルースだからね。

歌詞は破滅的に聴こえて結構前向きな曲なのね。

ルーパーのアレンジも、もう少し詰めたい所なんだけど、
出来るだけ「シンプル」を心掛けたい。
ルーパーは、やり過ぎない「ちょうど良さ」がセンスの見せ所だと思うの。
というやりがいも感じつつ、
ライブは終わりました。

ヒロシくんは、なんだかんだ、肝心な時には、色々助けてくれたりする人でして
タクミさん同様、彼にも恩義を感じてるんです。
なので、誕生日イベントに呼んでもらってとても嬉しかったです。
ありがとね。ヒロシくん。
細やかながら、誕プレには、スヌーピーのタオルをあげました。

たくさんの人が集まったのは、ヒロシくんの人徳だね。
直接言えば良かったな。

またね。

なんかあったら、
ねーちゃんに言うんだよ。