クラシック調?ヨーロッパの宮殿にでもありそうな、猫脚椅子を張り替えました。。 | “椅子やソファがキレイだと気持ちイイですね” (^-^)//        竹永椅子店のブログ

“椅子やソファがキレイだと気持ちイイですね” (^-^)//        竹永椅子店のブログ

名古屋市で椅子、ソファの製造、張り替えを主な業務とする竹永椅子店です。
ホームページでは言えないブログらしいことをお伝えしますので宜しくお願い致します。

 

一般のご家庭にはないような、、

こんな椅子を使う人ってどんな!?うーん

 

って言いたくなるような椅子も、弊社にはよく持ち込まれます。。kitty

 

今回は、、mymelody

 

 

 

 

これです。。4脚。。

愛知県尾張旭市のお客様から。。

 

 

ご注文を有難うございます。。てへぺろうさぎ

しかし、、あせる座面のコイルスプリングの形が浮き出てます。。笑い泣き

座ると痛いでしょっって。。えーん

 

背面もボタンが付いてますがペシャンコ、ぐすん

これは直す箇所が多すぎる~、、

 

 

てなわけではがしました、きれいに。。

と言うのも、

 

弊社は張地を留めてある針を全て抜き取ります。ウシシ

 

やらなくても仕上がりに大差はありませんが 「一事が万事」

ここにこだわると他の事にも気を遣えますし、

やらないと他の作業もずさんになってしまう気がしますので、、にやり

 

 

さぁ、ここでいつものごとく 「面取り」 の時間です。。

 

木の角がたっている箇所をヤスリ等で削って滑らかにすることで、、

 

 

下地シート、ウレタンゴムの負荷を軽減して耐久性が増します。。にやり

 

このように。。

 

内回り全部です。。ウインク

 

さて、コイルスプリングが壊れていたらこれごと交換で大変でしたが、

それはセーフでした。。

 

 

但し、支えるベルトが緩んでたり固定する紐等が切れてたりで、、

よってベルトを補修補強して、

 

スプリングが動かないように紐で固定して、、ニコ

 

下地シートの上からも固定して、、

 

ようやくウレタンゴムを成形していきます。。

チップラバー、、

 

の上にウレタンゴムを貼って、、

 

張地を裁断していきます。。

こういう張地は絵柄合わせが必要なので、慎重に裁断します。。ウインク

 

 

 

ようやく張り込み、

 

をしていきます。。

 

座面が終わり~、、続いて背面、、

 

これは背面裏側に張る張地ですが、、

 

 

裏側には下地シートを貼り付けて強度をま増します。

最初は勿論、普通は張地1枚だけですが、、

 

弊社の独自の強度を増す方法です。。にやり

 

それを張り込みます。。

 

この状態になります。。

 

この後、背面表地も張って、、

 

仕上げの亀甲鋲を打ち込んでいきます。。

アンティーク調に錆びた感じの仕上げになった鋲ですよ。。

 

 

完成 音譜

 

見事に生まれ変わりました。。ラブラブ

やはりこういう椅子はこんな雰囲気の生地が似合いますネニコニコ

 

 

お問い合わせは 竹永椅子店  まで kitty

 

御見積もり御希望の方は、先ずはお写真でも送って下さい。

 

送り方はホームページの お問い合わせ ページを見てくださいネ。。

 

お近くであれば1脚だけでも見せに来て下さい。。

その際は事前に必ずお電話を~。。ほっこり