猫脚椅子の張り替えです。。 | “椅子やソファがキレイだと気持ちイイですね” (^-^)//        竹永椅子店のブログ

“椅子やソファがキレイだと気持ちイイですね” (^-^)//        竹永椅子店のブログ

名古屋市で椅子、ソファの製造、張り替えを主な業務とする竹永椅子店です。
ホームページでは言えないブログらしいことをお伝えしますので宜しくお願い致します。


猫脚椅子の張り替えの御依頼です。

誠に有難うございます。ニコニコ


数ある猫脚椅子でも同じ椅子ばかりが持ち込まれますが、

これは違うタイプです。。


しっかりしていますし、作りからして国産でしょう。。






これです。。4脚。。


愛知県愛知郡東郷町の御客様。。


頂き物だそうです。。


では、この猫脚椅子を張り替えます。。



キズを付けないように鋲から丁寧にはがします。。




ウレタンゴムはかなり劣化してます。。



背面生地もはがしました。。



座面のウレタンゴムを取り除くと

下地シートが見えます。ボロボロ ショック!


背面には薄い合板が敷いてあります。。


おやっはてなマーク


なんか変だぞっと思っていましたが~、、

実は、最初は背面にが張ってあったようです。。


一度張り替えていますね。。かお


籐だった背面を生地に変更する際に

前の業者さんが下地として合板を貼り付けたようです。



合板と籐のはがし残しをキレイにはがします。。

籐が根元で切り取ってあるだけでしたので大変でした。。あせる


すると溝がキレイに現れますので、この溝を利用して綺麗に張ります。。


ところで、

弊社は生地を留めてある針を全て抜き取ります。


そこまでしなくても大差はありませんが 「一事が万事」

ここにこだわってると他の事にも気を遣えますし、ニコニコ

こだわらなくなると他の作業もずさんになってしまう気がしますので、、




座面は 「面取り」 していません、、



角が立っている箇所を削ります。


こうすると下地シートや生地が長持ちします。。にひひ


意味がよく解らない方はクリックして拡大してご覧ください。。



このように。。



内側全部を 「面取り」 します。にひひ



下地シートを張って、、



途中~


チップラバーを貼って、




ウレタンゴムを成形します。


背面裏側に張る生地と下地シートに貼り合わせて強度をだします。


普通は生地だけで張ってあります。。



このように、、



前と後ろ、、



続いて、ウレタンゴムを貼って、、



背面の表生地を張ります。



座面を張ります。。



鋲で仕上げていきます。。



完成 音譜


上品で無地っぽいですが、細かな絵柄生地です。

光沢もあって高級感もありますネ ラブラブ


実はひとつ前のマンションのロビーソファと同じ生地です。。


お問い合わせは 竹永椅子店 までビックリマーク


御見積もり御希望の方は、先ずはお写真でも送って下さい。


送り方はホームページの お問い合わせ ページを見てくださいネ。。


お近くであれば1脚だけでも見せに来て下さい。。

その際は事前に必ずお電話を~。。にひひ