皆様とうに周知の事かと思いますが
4月から放射性セシウム、その他の核種が入ったタバコが普通に店頭に出回ります。


JTに、セシウムタバコがいつから市場に出てくるのか確認した方がいます。

「2011年3月以降、福島原発事故による放射性物質はタバコ畑も汚染しているはず。その汚染されたタバコ草も収穫をして加工し、寝かせ、出荷するのであろうが、いつから出荷するのですか。」

というものでした。
それに対する回答は

「2011年度産の国産葉たばこを購買するにあたりましては、野菜類等について出荷制限または出荷自粛が行なわれた地域において耕作された葉たばこにつきまして、弊社暫定基準値を設定し、購買前検査を行なっております。

その検査結果につきましては、報道各社や弊社ホームページに発表させていただいており、2011年度内の使用予定はございません。

また、西日本地域で耕作された葉たばこ等、上記地域外の葉たばこにつきましては、一部の葉たばこ処理済品といたしまして使用しております。

たばこは、食品ではございませんが、弊社暫定基準値につきましては、政府が食品に設定した暫定基準値を参考にして、たばこが煙として吸うものであることを考慮のうえ、弊社にて検討し決定しており、仮に製品中にこの暫定基準値相当の放射性物質が含まれている製品を喫煙されましても、放射性物質による健康影響はないものと考えております」





はっきり言える事は

*2011年度中は、放射能セシウム葉タバコを使用していない事。
*今年4月から2011年に収穫された放射能葉タバコが使われているタバコが売られるようになる事。


ただ、JTに問い合わせた別な方の話によると、2012年2月頃から、少しずつ放射能セシウムタバコが市場に出回る、という話だそうです。

どっちにしても、この4月からセシウムタバコによる放射能再拡散で、吸わない人も吸入被曝する事になるでしょう。

そもそも、副流煙は喫煙者の吸う本流煙の5倍危険だといわれています。
喫煙者の吐き出す煙は、タバコのフィルターを通って、さらに喫煙者の肺に吸着・吸収された残りの煙なので多少はマシですが、副流煙は、タバコのフィルターさえ通っていないそのままの煙ですから、喫煙者が吸っても危険性は高いのです。



以前に少し書きましたが
タバコには、最初からポロニウム210というアルファ線核種が含まれています。

今まで、JTを含む世界のタバコ会社が必死に隠してきたことです。

ポロニウム210とはアルファ線を出す放射性核種ですが、これはウランなどの比ではない、とても危険な核種です。

Wiki情報によりますと
「ポロ二ウムは、ウランの300から330倍の強さの放射能を持つという表現がされることが多いが、実際にはウランの100億倍の比放射能(単位質量当りの放射能の強さ (Bq/mol, Bq/g))を有し、ごく微量でも強い放射能を持つ。
ただし、自然界にはウランの100億分の1程度しか存在しない。
このため、昇華性のあるポロニウムは内部被曝の危険が大きい為、厳重な管理の下で取り扱われなければならない。」
と言うほどです。

ポロニウム-210が肺に吸い込まれると、ニコチン、タールなどの発ガン性物質と相乗してガンを誘発することが分かっています。

ポロニウム-210を人工的に作るには、原子力施設など大がかりな設備が必要となります。
そんなものが、なぜ誰でも簡単に手に入れることのできるタバコに含まれているのか?

なんでもちまたでは「葉タバコを栽培するときに使う肥料に含まれているから」
ということになっていますが、そんなバカなことがあるわけがありません。

ポロニウム-210がタバコに最初から含まれていることを発見したのは、UCLAの研究員たちで、タバコ各社がタバコの中に放射性物質があることを1959年の段階で既に知っていたという事実が明らかにされたのです。

にもかかわらず、タバコ各社は放射性物質が詰まってると知りながら40年間もその証拠を隠蔽していました。


そのうちポロニウム-210をタバコから99%除去できる「酸洗浄(acid washing)」のような製法が開発されたものの、これらのタバコ会社は知らんぷりです。
なぜかというと、この製法だと喫煙者が求める「瞬間的なニコチン・ラッシュ(放出)」が減ってしまうから、というのが理由だそうです。

人命無視もいいところです。

なぜ、タバコの葉にはポロニウム-210が蓄積してしまうのか。
その大部分は、肥料に含まれている天然の放射性元素から生じたものというのが通説になっています。

内部被曝した場合は、ウランの100億倍の比放射能を持っている超危険な核種なのに、タバコ会社各社が、40年間もかたくなにこの事実を隠蔽してきた理由は何なのか。

ちなみに、プーチンを糾弾していた元KGB職員、リトビネンコが暗殺されたとき、このポロ二ウムが使われたことは知られています。

彼は、ロンドンの寿司レストランで会食をした後、突然、気分が悪くなり、そのまま入院。
帰らぬ人となりました。
原因は、ポロ二ウム-210という毒を盛られたためでした。


国産タバコにも、ポロ二ウム-210が含まれていることをJTも認めました。

今までは、ニコチンとタールが原因で肺が真っ黒になって癌になる。
とイメージ付けられて来ましたが、癌は、ポロ二ウム-210によって、体内で起こっている複合汚染が原因ではないのかとも考えられます。


つまり
土壌に関係なく、世界中の葉タバコに、収穫したときからポロ二ウムが含まれているのです。



そして、4月からは更にそこに福島由来のセシウムやその他の核種が加わる事になります。

セシウムは空気清浄機を素通りしてしまいます。
マスクも気化したセシウムはブロックできません。

気化したセシウムガスは、日常生活をしている限りは、どんなことをしても防御できません。

家電メーカーの「タバコの粒子を取り除く」という謳い文句は、単なる消臭効果のことで、タバコの極微粒子を吸い取ることはできません。

タバコの煙の成分のほとんどは、葉、添加剤、化学物質などが燃焼によって気化したガス成分です。

特に、もっとも危険な副流煙の成分の97%がガス(気体)ですので、どんな最新の空気清浄機でも素通りしてしまいます。

セシウムが気体になるのは、671℃ですから、タバコの燃焼熱(700℃~900℃)によって、セシウムは簡単に気体(ガス)に変わります。
もう何をやっても、セシウムは防げないということになります。

当然、マスクをしても効果はほとんどありません。
セシウム毒ガスから身を守るためには、その場を、素早く立ち去る以外にないのです。
これは喫煙者も同様です。

ちなみに、JTは放射性ヨウ素と放射性セシウムしか計測していません。
プルトニウムやストロンチウムその他の核種については、今後も計測しません。




それと、皆様バージャー病(ビュルガー病)と言う病気をご存知でしょうか?
バージャー病とは、脱疽のことです。

抹消血管に血液がいきわたらなくなって体が腐る。腐るから切除する。
通称「タバコ病」といいます。
20~30歳代に多い病気で、発病する人の92%は喫煙者だそうです。
日本でも1~2万人ほど患者がいるとか・・・。


見たくない人は見ないで下さい。


今回の事で知った病気ですが、恐ろしいですね・・・。








-放射能セシウムタバコに殺されないために知っておくこと-

4月1日から食品の放射能・新基準値が採用されます。



           今までの暫定基準値   新基準値

・米などの穀類  500ベクレル/kg → 100ベクレル/kg
・野菜        500ベクレル/kg → 100ベクレル/kg
・肉・卵・魚など  500ベクレル/kg → 100ベクレル/kg
・飲料水      200ベクレル/kg →  10ベクレル/kg
・乳児用食品   200ベクレル/kg →  50ベクレル/kg


法律を、そのまま解釈すれば、国産タバコの製造元・JTは、2012年3月31日までは現行の暫定基準値「ヨウ素2000ベクレル、セシウム500ベクレル」を採用することになります。
これは国が葉タバコの基準を設けていないことから、JTが「タバコの葉も野菜に準ずる」と拡大解釈して、都合のいいように決めているからです。

ただし、野菜は食べ物ですが、葉タバコは吸うものです。
食べ物から体内に取り込んだ放射性物質は、時間の経過とともに何割かは発汗や排泄物とともに外に出て行きますが、肺に取り込んだものは、ほとんど出て行かないのです。

内部被曝は深刻です。
国としては安定財源であるタバコ税をなくしたくないものの、かといって、肺ガンを始めとする健康被害が葉タバコに含まれている放射性物質によるものである、と証明された場合、「責任は取りかねる」という考えです。

仮に、数年後、数十年後、肺ガンの発症率が劇的に増えたとしても、「それは放射性物質によるものではない」ということにしてしまおうと考えているのです。

税収と国民の命・健康を天秤にかけて、今はJTの独壇場での振る舞いを黙認しよう、ということなのです。
法律が法律として機能しない国、それが日本です。


食品の新基準値は4月からですが、米、大豆、牛肉などに関しては、在庫調整などの関係から4月以後、6ヶ月~9ヶ月の間は、現行の500ベクレルの暫定基準値のまま経過措置を講じると言っているのです。

JTは、「葉タバコも野菜に準ずる」としているのですから、本来であれば、2012年4月からは、現行の500ベクレルから100ベクレルに基準を厳しくせざるを得ません。

しかし、これから出回るタバコは、2011年(去年)の秋に収穫した葉っぱを使っています。

政府が、「米、肉、牛肉などに関しては最長で4月から9ヶ月間は、現行の暫定基準値を適用する」といっているわけですから、JTの放射能タバコも、4月から100ベクレルという新基準値が採用されたからといって、以前の上限500ベクレルまでの葉っぱが使われているのです。

要するに、4月からの新基準(上限100ベクレル)がタバコに適用されるのは、2012年の葉タバコの収穫後の話になるのです。

4月から100ベクレル/kgに変更されても、少なくとも、今年いっぱいは500ベクレル/kgのタバコが流通するということです。

乾燥重量に換算したら、セシウムはどれだけ濃縮されているか分らない

タバコの葉は収穫後、洗浄せずに、そのまま発酵させるので、葉にセシウムが堆積しています。
JTが都合のいいように解釈している「500ベクレル/kg(現行)」という値は、収穫直後の水分を含んだ状態のことを言っているのです。

これを1年かけて乾燥・発酵させるのですから、1kg当たりに含まれる放射性物質の量は、その数十倍に濃縮されます。
これは、日本茶と同じです。

日本茶が、あれほど騒がれたのに、葉タバコは、どのメディアも、まともに報道していません。
まったく、日本のメディアは役に立ちません。

副流煙は、とんでもなく恐ろしい毒ガスになるというわけです。


タバコを止めろ、といったところで、そう簡単には止められないのがタバコなのです。

今はまだ情報が少なすぎます。
なにしろ、厚生労働省がJTについては野放し状態なのですから、基準も何もあったものではありません。

ただし、4月が近づいてくるに従って、新聞・雑誌がこの話題を取り上げるようになるでしょうし、多くの研究熱心なブロガーさんたちが、独自に調べて記事にしてくれるでしょう。



いくら言っても言うことを聞かない、ヘビースモーカーのご主人がいる家庭では、以下のことを徹底して行う必要があります。





①放射能セシウムタバコは、空気清浄機やマスクでは防ぐことができないので、タバコは家の外に出て吸ってもらう。
家の中で吸い続ければ、部屋自体がマイクロ・ホットスポットになってしまう。
小さい子供のいる家なら、なおさらのこと。


②家族でドライブなどの時も、高速のサービスエリアや、道の駅に停車して、車外に出てから吸ってもらう。
車の運転をしながら吸うと、窓を開けても車内にセシウムガスが渦を巻いているだけ。第一、車の中がマイクロ・ホットスポットになってしまう。


③神奈川県に次いで、兵庫県でも受動喫煙防止条例制定の動きが出ています。
やがて、京都府、千葉県、大阪府へと広がっていくでしょう。
といっても、居酒屋、バーなど、しばらくは条例を守らない店があるでしょうから、そういった店には行かないこと。
客席とガラスで完全に仕切った喫煙ルームを常備していないお店にはいかないこと。


④飲食店、マージャン屋などの喫煙OKの遊技場には、行かないこと。


⑤そうしたところで働いている人は、4月以降の経営者の対応次第では、慌てる必要はないが、一度は転職も考えてみること。


⑥タバコによる急性心筋梗塞は、今まで以上に増えてくるものと考えられます。
ガン保険の見直しを。
まして、これから住宅ローンを組もうという人は、ガン保険のオプションに絶対に入っておくこと(ほとんどがそうなっていますが)。


⑦その他、想像力を働かせて、セシウムガスから身を守ることが大切です。


しかし、それでも、協力しそうもないご主人には、煙の出ない水タバコや、ニコチンガム(大リーガーが、くちゃくちゃ噛んでいる)などもありますが、煙が出ないと我慢ができないというスモーカーが大半ですから、もう外国タバコに切り替えるしかありません。



じっくりネット内を検索して、日本の葉タバコが使われていない外国産銘柄を探し当てるしか方法がありません。

ただし、それでも、ポロ二ウム-210は入っています。

参照




今一度、きちんとタバコと言うものと向き合って欲しいです。
自分の為にも、周りの人の為にも。