ビジャレアル、ミランとバッカの買い取りオプションの金額の引き下げを交渉 | La Notizinoa

La Notizinoa

ACミラン公式や海外紙、翻訳などを掲載しております。


テーマ:


買い取りオプション付きのレンタル移籍でビジャレアルに加入しているFWカルロス・バッカは、ビジャレアルがミランとオプション行使に必要な金額の引き下げ交渉をしていることを認めた。

バッカは250万ユーロのレンタル料に加えて1550万ユーロを支払うことで完全移籍で獲得できるオプションが付いているが、ビジャレアル側には全額を払う用意ができていない模様だ。

バッカは、今シーズンの全てのコンペティションにおいて43試合に出場して18ゴールを決めている。

アス紙に対してバッカは、「僕は落ち着いているし、ビジャレアルで幸せだ。今は次の試合と代表での試合のことだけを考えているよ。」と話している。

「ビジャレアルはミラン、僕の代理人と話し合っているところだけど、早く交渉が合意して将来の懸念が払拭されることを願っている。」

ミランは、2015年夏にセビージャから3000万ユーロをかけてバッカを引き抜いている。


source
footballitalia.net

ゆうさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス