La Notizinoa

La Notizinoa

ACミラン公式や海外紙、翻訳などを掲載しております。


テーマ:


昨夏にもラツィオのMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ獲得に興味を示していたミランだが、再び動き出そうとしているようだ。

トゥット・スポルト紙によると、仮にチャンピオンズリーグへの出場権を獲得することができた場合、オーナーであるエリオット・マネジメントはミリンコビッチ=サビッチをジェンナーロ・ガットゥーゾ監督にプレゼントする可能性があるという。


source
milannews.it

テーマ:


チェルシーのFWゴンサロ・イグアインは、フラム戦での勝利後にスカイ・スポーツのインタビューに応えた。

「ゴールを決めることができたこと、試合に勝てたことには満足しているよ。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得のためにも、最後まで全力を尽くさなければならないね。今は新たなチームにいるし、過去はあくまで過去だ。ミランが3位にいるのに驚いているか?  いや、全く。ミランには素晴らしい友人たち、そして偉大な監督がいる。彼らにとってうれしいことは僕にとっても同様なんだ。残念ながら移籍という決断をせざるを得なかったけど、今はお互いに上手くいっている。」


source
milannews.it

テーマ:


ガゼッタ・デッロ・スポルト紙は、ミランのFWスソはまだ本来のパフォーマンスを披露できているとは言い難いと伝えている。

主な原因として考えられるのは、12月から彼を苦しめている恥骨炎だ。この問題が直近の試合でのプレーに明確な影響を及ぼしている。


source
milannews.it

テーマ:


DFリカルド・ロドリゲスの今シーズンのミランにおける出場時間は2708分となっており、これはクラブ内で最も多い。


彼はサッスオーロ戦で警告を受けたことで次節のキエーヴォ戦に出られなくなってしまったが、MFフランク・ケシエにとっては追い抜く絶好のチャンスが訪れたと言えるだろう。

なお、ケシエの出場時間は2656分となっている。


source
milannews.it

テーマ:


土曜日の夜からミランはインテルを抜き去り、3位に浮上した。


ミランの復活の背景にはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の手腕はもちろん、冬の移籍市場で獲得した2人の選手が多大な貢献をしていることも挙げられる。



ラ・スタンパ紙は、FWクシシュトフ・ピョンテク、MFルーカス・パケタの獲得がこの決定打となっていると伝えている。


source
milannews.it

Ameba人気のブログ