La Notizinoa

ACミラン公式や海外紙、翻訳など掲載しております。

NEW !
テーマ:
何ということだ。




わずか5ヶ月後にミランとGKジャンルイジ・ドンナルンマをめぐる騒動が再び起きることになってしまった。ミランは7月中旬に2021年6月まで契約を延長することでドンナルンマと合意し、数週間続いた混乱に終止符を打ったはずだった。ミランとドンナルンマの代理人であるミーノ・ライオラ氏はまたもや衝突することとなり、適切なオファーがあれば冬の移籍市場でミランを去る可能性も排除はできない。


コリエレ・デラ・セラ紙によると、ミランは中心選手であるドンナルンマを売却する意思はなく、市場に出すつもりもないようだ。しかしながら、マルコ・ファッソーネCEOとマッシミリアーノ・ミラベッリSDはライオラ氏が断れないようなオファーを提示してくれば、更にドンナルンマ自身がミラン残留を望まない場合は無理に引き留めるつもりはない。今度は本当に移籍に向けた交渉が行われることになるだろう。それでは、「ミランが断れないオファー」とはどの程度のものなのだろうか? 少なくとも7000万ユーロは必要と見られており、それ以外の場合はこのままミランに残留するはずだ。

ライオラ氏の戦略はミランがチームが低迷し、クラブが弱味を見せた瞬間に突けこみ、パリ・サンジェルマンのようなお得意様のクラブに売却することにある。ここ数週間のうちにライオラ氏は、ミランからの電子メールによってドンナルンマがミランから道徳的暴力と精神的圧力を受けたとして契約の解除を訴えたが、彼の目標はファンをも巻き込んで緊張状態を極限まで高めて関係を破綻させ、フリーで移籍させること、もしくは低額での売却を余儀なくさせ、買い手となったクラブから高額なコミッションを得ることにある。一言で言えば、ミランとライオラ氏の間で戦争が起きたのだ。今回はどのような形で決着するのだろうか?


source
milannews.it
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
コッパ・イタリア5回戦エラス・ヴェローナ戦に招集された選手は以下の通り。

GK
アントニオ・ドンナルンマ
ジャンルイジ・ドンナルンマ
グアルノーネ

DF
アバーテ
アントネッリ
ボヌッチ
カラブリア
グスタボ・ゴメス
ムサッキオ
パレッタ
リカルド・ロドリゲス
ロマニョーリ
サパタ

MF
ビリア
ボナヴェントゥーラ
ボリーニ
ケシエ
モントリーヴォ
ザネッラート

FW
クトローネ
カリニッチ
アンドレ・シウバ
スソ


source
acmilan.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



報道によると、ミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマの代理人であるミーノ・ライオラ氏はミラン側に対して契約延長の無効を主張したようだ。


コリエレ・デッロ・スポルト紙によると、ライオラ氏はドンナルンマがミラン側から精神的なプレッシャーによる被害を受けたとして契約延長の無効を訴えたという。

コリエレ・デッロ・スポルト紙は、ドンナルンマがミランの首脳陣に対して精神的なプレッシャーをかけたことに対して抗議するメールを送ったと報じている。

ドンナルンマはライオラ氏を通じて新たな契約にサインすることはないと公然と宣言し、彼の言葉でサインする前の状態に戻したいと伝えた模様だ。

なおコリエレ・デッロ・スポルト紙は、レアル・マドリーとパリ・サンジェルマンが獲得に興味を示していると伝えている。


source
milannews.it
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


MFジャコモ・ボナヴェントゥーラのドッピエッタによってボローニャ戦に勝利したことで、ミランは落ち着きを取り戻した。ただ、一方でカーザ・ミランにいるミランの首脳陣たちの不安はまだ消えていない。ミラン側にとって不本意でネガティブな結果になることは明らかではあるが、金曜日までにはUEFAからボランタリー・アグリーメント条項適用申請への返答がなされるからだ。


ミランがボランタリー・アグリーメント条項が適用されるかどうかに悲観的な見方を示していることについては、マルコ・ファッソーネCEOがミランが満たすことができない2つのポイントを詳細に説明している。

「1つ目は、ボランタリー・アグリーメント条項の適用前に債務の借り換えを完了すること、そしてもう1つは銀行から我々の事業計画において予見される損失補填を行う保証を得ることだ。ただし、後者についてはクラブによるサポートができないことがUEFAから明示されている。だが、私は自信を持って評決されるその時を待っている。」


しかし、UEFAはこれで終わらなかった。ガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると、12月19日にイタリアのフットボールクラブ監督機関であるCovisocと会談を行うようだ。この席ではミランに関するあらゆる事項をテーマにすることになるが、ヨンホン・リー会長について話されるのはこれで3回目である。


そのミランは、引き続きエリオット・マネジメントからの融資の借り換えに向けた作業に取り組んでいる。デューデリジェンスの後、ミランのアドバイザーを務めるBGB Westonとクライアントであるハイブリッジ・キャピタル・マネジメントとの間で実際に借り換えを行えるのかどうかを把握するための会談が今も進行中だ。ミランの財務状況の安定性については、将来的に新たな中国企業もしくは投資家をパートナーに迎え入れる可能性はあるが、ヨンホン・リー会長による資本増強に差し迫った期限はない。

ただ、ファッソーネCEOは、「近い将来、中国政府が国外への投資規制を変えることになれば、中国において新たな投資家を迎え入れるための条件は整うだろう。」と語っている。


source
milannews.it
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




コリエレ・デラ・セラ紙によると、ミランのGKジャンルイジ・ドンナルンマの代理人であるミーノ・ライオラ氏はミランとの契約は無効であるとしてフリーでの退団を画策しており、ドンナルンマに現在の2倍の年俸を支払うクラブに移籍させ、自身は記録的な手数料を得るべく動いているようだ。

ドンナルンマの行き先として候補に挙がっているのはレアル・マドリー、そしてパリ・サンジェルマンだという。


source
milannews.it
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。