皆さんこんにちは、新入社員の後藤です照れ
 
私は全く畑違いの職からこの業界に挑戦してきたので、
4月からこれまで、もうひたすらがむしゃらに食らいつく毎日ですメラメラ
牛歩の如き歩みですが、先輩方にしがみ付いてめげずに頑張りますグー!!
 
 
さて・・・暑いですねビックリマークあせる
私が子供のころは30度を超えると「今日は暑かったねー!」と言っていたのに、
ここ数年の酷暑は本当に暑すぎて、35度超えが当たり前になってきていますアセアセ
先日は新潟県で、「ついに40度に達したそうですね・・・高熱やん・・・叫び
 
こうも暑いと、せっかくの休日の行き場にも困ってしまいますよね。
でも、そんなときにうってつけの場所がありますアップひらめき電球
 
それは、水族館!!
 
 
たいていの水族館は、室内は冷房完備、水色の水槽内を泳ぐ魚たちは目にも涼やかうお座
イルカショーで思いっきり水をかけられるのにも最適な季節です!!アップ
すぐ乾く!しかも海に面した施設が多いので、
手っ取り早く夏気分を味わえるのもまたオイシイところウインク
 
実は私、昔から水族館が大好きで、実家の家族や友人、
そして同じく水族館好きの夫と娘と、これまで色々な水族館に行ってきましたラブラブ
 
総数は軽く数えただけでも10か所は超えますチョキ(笑)
その中でも個人的に一押しの水族館を、少しだけご案内します!!メモ
 
 
1 鴨川シーワールドイルカ
 

関東は千葉にあります、映画「ウォーターボーイズ」のロケ地でもある水族館ですひらめき電球
ここは私の中でランキング1、2位を争うほどのお気に入りでラブラブ
関東に住んでいたころは3回ほど行きました。
ここのおすすめポイントは、水族館大国と名高い日本でも珍しい、シャチのショー!!
イルカよりも大型で恰幅のあるシャチが、力強く泳ぎジャンプ波
また大きな体を生かした豪快な水かけは迫力満点ですびっくり
 
が、それ以外のまさかのタイミングで、お客さんの歓声が上がるのが
実はここで一番のおすすめポイント・・・キラキラ
 
ショーに出演するトレーナーのお兄さん、お姉さん達の、イルカプールへの飛び込みが
あまりに美しいのです。普通の人が水に飛び込むときはバシャン!
と大きく水しぶきが上がるのですが、ここのトレーナーさんたち、もうなんというか、
水から迎え入れられているかのような鮮やかさラブ

そして入水角度が完璧で、水しぶきが全然上がらない船
シャチではなく人のジャンプの方が歓声大きかったんじゃ?ってこともありました爆  笑
 
「は?」と思われた方、ぜひ鴨シーのシャチ&イルカショー、見に行ってみてくださいグー
私がこれ以上力説しても気持ち悪いだけになるので(笑)ほっこり
 
それと勿論、展示も楽しくて、特におすすめは川魚の展示です。
日本の渓流を見事に再現していて素敵でしたとかげ
 
さて、次ビックリマーク
 
2 アクア・トトぎふうお座


こちらは岐阜県にある、世界最大級の淡水魚専門の水族館ですメモ
カラフルな海の熱帯魚はよく「南国の海~」なコーナーでドバーンと順路の中間あたりで
展開されていて、お客さんたちも目を輝かせて眺めているのですが、
淡水魚は何と言っても全体的に見ると地味うお座汗
 
日本の川魚コーナーなんて、「あ、鯉だ」「でかい」「美味しそう」と特に感慨もなく
つぶやかれほぼスルーされていて、淡水魚好きとしては悔しい限りです・・・ガーン
 
そんな密かな悔しさを感じていた折、この水族館の存在を知りました。
なかなかスポットの当たりにくい淡水魚たちが、堂々とメインに展示されている!!
ていうか淡水魚しかいなかった記憶。そして広い、種類が本当に多いラブ
一日見て回れるし、大小さまざま、また熱帯地域の淡水魚は色もカラフルで、
見ていて楽しいですチョキアップ
 
しかもこの立地が最高で、なんと高速道路のパーキングエリアの中!アクセスは抜群ですひらめき電球
しかもしかも、周りには水路がめぐらされた「河川環境楽園」という施設があり、
広い園内は水遊びのできる場所や芝生の広場、遊具もあり、
お子さんを連れて行っても楽しいこと間違いなしチョキウインク
 

私がここを訪れたのは娘が生まれる前なので、あまりいい写真が残っていなかったのが
悔しいですが、自分が遊びたいくらいに子供たちが楽しそうでした。
近いうちに娘も連れていきたいなーと思っています照れ音譜
 
本当は、「工業都市の怪物 名古屋港水族館」や、
「レタスをむさぼるジュゴンが可愛い鳥羽水族館」など、
まだまだおすすめしたい水族館が沢山あるのですが、予想以上に熱が入ってしまい
長くなってしまったので(笑)、今回は2か所だけの紹介とさせていただきますニコニコ
 
 
まだまだ暑い日が続くと思いますので、
お出かけ先に困ったら水族館!おすすめですよー!!チョキ
 
皆様、屋外・屋内問わず熱中症にはお気を付けて、くれぐれもご自愛くださいねほっこり
 
それではまたビックリマーク