イネオスもディスクブレーキを実戦投入開始するってニュースが海外サイトでもシクロワイヤードでもピックアップされています。いよいよっちゃあいよいよだし、まぁ、ここで 「あのイネオスもついにディスクブレーキ採用するから、これからはディスクブレーキの時代っすよ!」みたいなことを言うつもりは僕には全然無いですね。そう思ってもいいし、そう思わなくてもいいわけです。ただ、個人的な感触としては、、、新デュラのホイールとDOGMA Fの組み合わせは、、、めっちゃ良さげやなと思います。デュラホイールのリアのハブボディとカセットボディには独特の動きがありましたが、回転は非常に軽く、力の伝わり方が良さそうでしたから期待しています。

 

イネオスが実戦投入することで陰謀論や商業主義的な匂いを感じるひともいるでしょうが、実戦投入しないでこだわりだけを優先するようなチームは頂点に君臨できませんから、流石に時期が来ただけだと思います。チーム内にブレーキシステムを混在させるのを許容するかは、まだわからないですが、レバー形状やらが違うことなどなども影響するのかな。。。

 

 
遅いか、早いかは別として、市場ではディスクブレーキのバイクは増えると思います。増えてるし。メリットもたくさんあります。デメリットもたくさんあります。
 
ディスクブレーキのこれはもう確定事項なんじゃないのっていうデメリットは、 お金と時間がかかります ってことです。ホースびろびろ、エアカミカミで持ち込まれた全内装のバイクなんて、全部バラすしかない場合だって起こり得ます。少なくともウチではちゃちゃっと直すふりってのはしていないので時間かかるのはいつものことですが。
 
ざっくり言えば、ディスクブレーキの今後しばらく解決不可能そうなデメリットって、コストの問題それだけだとも言えます。完成車価格もディスクブレーキモデルはそもそも高いです。うちの場合はオーバーホール費用も高くなります。だから、最初からしっかり組むという当たり前が重みを増します。対して、きちんと仕上げるとブレーキフィールの安定などなど様々なメリットが得られるわけです。
 
 
重量やその他のことは、技術の進歩がデメリットを解消することもあれば、メーカーや業界が商売ゆえの理由で ブルートフォースなノリノリで荒ぶって流れを変えてしまうことにもなると思います。メーカーだって商売なんだから、キャリパーブレーキを今からさらに増やせって言われても困るでしょうしね。変化の波は、商売としての色を持って波打つもんです。
 
ブレーキシステムも変速段数も いろいろな変化の波があります。昔からそうだし、今後もそうっす。だから、いま愛車がある人はそれを大切にした上で、ときめくバイクに出会ったら、そんときはそん時ですw