タイトルだけで 「は?まぢか?」 と思った人は自転車歴20年以上確定か、ただのマニアw

 

ジャンニ・ブーニョやミゲール・インデュラインの時代、選手はヘルメットは被らなかったけど、エアロや軽量化には今以上にがむしゃらだった時代。そして、選手と選手の精神的なぶつかり合いの激しさ故に 目線を隠し、相手にアタックの気配を悟られないためにもミラーコートされたアイウェアが人気だった時代。

 

そして、インターネッツがない時代、自転車レースに申し込むのにも現金書留で申し込んで、トレーニングしまくっているのに参加証が来ないことに精神的に削られる時代w サイスポのお気に入りの記事は切り取ってスクラップブックに貼り付けていた時代w

 

その当時、世界最高人気アイウェアだった ボレー エッジ2 の 完全新品デッドストック がふたつだけの入荷です。

 

 

ボレーにはエッジ、マイクロエッジ、エッジ2、マイクロエッジ2などなどの90年代大人気だったアイウェアがあります。ちなみに、店長錦織もエッジ2掛けてました。今回入荷したのと同じものです。まさか20年経って仕入れるとは夢にも思わなかったけどwww

 

 

 

フレームカラーはブラックのみ

レンズカラーは ブルーミラーとスモーククリアの2枚付属です

 

外箱、ソフトケースは当時の商品とは異なります。

 

たまたま代理店担当者に 懐かしのアイウェアの話をしたら、 「あれ?ありますよそれ。デッドストックで」 ということで入荷とあいなりましたw 

 

ビアンキ乗りの人は、青いジャージ着て、このアイウェアで走ると ブーニョ率が高いので、イタリア紳士から応援されるはずです。冗談はさておき、サイクルキャップと合わせて着用するとものすごくバランスの良いシルエットだと個人的には思っています。