2019年 TREK MADONEはWSDモデルもチェックすべき?

テーマ:

2019年MADONEに関してはWOMENS設定の完成車でもフレームジオメトリーは同じです。

 

パーツ構成については確認中ですが、個人的にはWOMENSの540ミリサイズの完成車を購入してサドルだけ交換しようかなとか考えています。第一候補は上の画像の色。買う気しかないw

 

同じカラーリングでプロジェクトワンでフレームセットとハンドル・ステムをオーダーすると、税抜きで58万円弱なので、それなら完成車のほうがぐぐぐぐっと割安です。

 

アルテグラケーブル変速油圧ディスクで、税抜686000円 Di2なら854000円

フレームハンドルセットとメカニカル完成車の差額が、11万円くらい。フレームハンドルセットとDi2完成車の差額が、28万円くらい。

 

電動変速は通販サイトなどで、ケーブルやバッテリーが全然付いていない状態で見た目だけの値段が安く表示されていたり、日本の定価とは違う”通常価格なるもの”からの割引に気持ちが惹きつけられる人も少なくないと思いますが、アルテグラの油圧ディスクでDi2ならざっくり25万くらいのはず。ローターも充電器もケーブルもない状態じゃ動きません。

 

最近はまた完成車ブランドからのOEM部品の横流し海外通販も増えているようで、足りない付属品と倍額の工賃(持ち込みパーツ作業は割増料金となりますので)との御負担でしょんぼりされる御相談もあったりして、私もしょんぼりな気持ちになったりします。うちも商売ですのでフォロー出来るのは当店販売品であるのが基本になってしまいます。

 

脱線ついでの話で、エアロフレーム+ディスクモデルが増えていますが、接地能力に不足のあるような設計のエアロバイクは下りで本当に曲がらないと僕は思います。もちろん私の技量の低さはあれど、タイヤが太くなり、バイクが寝にくいのが今のトレンドだし、ディスクブレーキなら止まれるから曲がれるはなかなかの暴論。路面から浮きやすいような状態ではブレーキもタイヤグリップも無意味ですから。

 

マドンがエアロモデル化した時に最高に興奮したのは、接地力と旋回力。エアロ効果は、、、わかるけれど、自分のツボに一番ハマったのはこのエアロバイクがこんなに曲がるのかよ!という驚きでした。

 

バーティカルコンプライアンス(縦方向への振動吸収性)はライダーへの疲労軽減でもあり、路面接地力でもありますから各社優秀なエンジニアは、そこでエアロ性能とのバランスを必ず取り直しています。今は、エアロロード+ディスクブレーキの黎明期だけど、次世代でその条件を満たせないモデルは自然淘汰されると思うのです。

 

そのポイントで、今、僕の中でホットなのは TREKマドンとBMC TMRの新型 どちらも2019年でニューモデルになる。振動吸収性と接地能力に関しては2社とも並々ならぬ独自性がある。

 

でも今回はマドンが欲しい気分。家にあるマドンはランス時代のやつですしw

 

ハンドルステムの完成車設定数字は近々トレックさんが出してくれるはず。

テックサイトに情報追加してください。お願いします。

 

 

ブログに見せかけた自分の買い物を脳内整理するかのような内容ですみません。

なにかお手伝いできることもあるかもしれませんのでお声がけ下さいませ。