これまでのユーロバイク2018ブログはこちらから https://ameblo.jp/fortunebike/theme-10106684134.html

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

日曜日。この日からユーロバイク、朝起きるとすでにみんな仕事してました。

 

朝ごはん!

 

向かいで座って仕事しているのは睡眠時間を削り、自らを律して記事を僕らに送り届けてくれる某氏。メディア関係者さんは、みんなすごいんだよね、自分を律するというか、記事と写真のために、時間に追われるんじゃなくて、自分を追い込んでいる人ばっかり。送り出した記事や情報がどこかで誰かにプラスになることを考えながら、いつも真剣。

 

視野が広いし、アンテナの感度も高いし、人とつながるための礼儀や仁義があるし、起きてるか、移動しているか、意識無いかみたいなw 僕も含めてサイクリストはすごく情報を楽しむ趣味人ですけど、10分で読む記事の背景に膨大な熱量と消費エネルギーがあると思います。

 

そして、問屋さん。海外ショーの彼らは、ビジネスチャンスを探しつつ、取引先との商談もたくさん控えているから、朝から一日の流れをチェックして準備しています。日本は世界的に見ても特殊なくらい、ひとつのお店でいろんなブランドが扱えるけど、輸入代理店のマンパワーあってこそなんですよね。

 

まぁ、僕はベーコンだったかサラミだったか思い出せないやつと美味しいチーズのトーストをもぎゅもぎゅ食べてコーヒーもらいながら、今日はお昼になに食べようかな~ってくらい休日モードでした。すみません。

 

 

川を渡り

 

橋を渡り

 

朝からのんびり自転車移動を15キロ位

 

途中で、砂利っぽい道も通りつつ

 

人の少ない朝のドイツを快走して

 

ユーロバイク会場に到着

 

今年は開催時期も早くなったし(9月だったのが7月)、出展しないブランドも多いのはわかっていました。写真の池に飛び込むだけのイベントも会場内のミニイベントも少ないのも知っていました。(だから行く意味あんの?とも言われた。。。)

 

でも!行く意味があるのかどうかは行った人だけしか決められない!そして、意味ある旅にすることは自分で出来る!!ということで、「バスターマシン」とカタカナで書いてあるTシャツを着た日本人自転車ヲタクがユーロバイクに突入ですw

 

プリントアウトした入場証を首からかけて入場。一時退場は出来るけど、手首にスタンプを押さないと駄目。なので、なんか同じようなタトゥを手首にしている人がいるように見えてもそれはただの再入場証。

 

Eバイク市場の拡大と並行して、マーケット規模が大きくなっているのが、「自転車運搬」

アシストのおかげで重量のあるものも運べるし、温室効果ガスの排出も抑えられるのでいいことづくめ。

 

超重量級バーベキューグリル

 

そして消化器完備!

 

こちらはエスプレッソマシン積載

 

新しいモノでもないけど水で動作するディスクブレーキ。水圧式ですね。

熱伝導性もオイルより高く、低温時には不凍液をちょっと混ぜればいいという完成度は高い商品。レバータッチもきっちりしているんだけど、使ってみないとわからんな~

 

 

後付Eパワーシステム

 

カワサキグリーンもEバイクに

 

フルカーボンEバイクフレーム。ガン◯ム感があってかっこよいw

 

ビアンキ、ARIA E-POWER アリア自体がかっこいいけどさらに未来的に

 

コンチネンタルはEパワーシステムを発表

 

マセラティのEロードバイク

 

エアロチューンは空力的なメリットを解析し、一般ユーザーにもさらなるエアロ効果を手に入れられるようにする計測サービス。

 

ローロフの内装ハブ 見てるだけで御飯食べれるw

 

削りだしメーカーの展示はハァハァできるのが好きw

 

 

ベルトドライブだけど泥にも負けないぜ!

 

マグラブースに行ったら、錦織が大好きすぎる 神・ダニー・マッカスキル!!

 

なんか収録してたけど、やはり超絶有名なのでマグラブースの人だかりはすごいことになってました。

 

神を見れただけでなく、マグラではワッフルが無料で振る舞われてました。頂きやす!

 

ABS付き街乗りEバイク用ブレーキ。こういうのはいつか当たり前になっていくだろうけど、いつかの当たり前にも必ずスタート地点はあるものです。

 

玉石混交状態だったパワーメーターも強いところだけが残った感じ。ブランドごとにタイミングに差はあれど、出揃ったのかな。

 

そのうち自分用を組みたいハブダイナモからのライト。

 

日本ブースの出店もありましたよ。

当店でも売れている三ヶ島ペダルは世界でももちろん高い評価を得ています。

 

SRAMグループ SRAM AVID ZIPP ROCKSHOX のブースはどかんと大きなエリア

 

 

DTハブは春に工場見学をさせてもらったのですが、そもそもの初期精度が段違いだし、作っている側が「本当に長く価値が継続できる物」という視点を最重要にしているので目新しいものが無くても売れ行きが伸びていますね。

 

今回僕も使ったFIDLOCK。売れています。

写真2段めの なんでもFIDLOCK(勝手に命名) もじきに発売かな?

 

 

 

 

これは絶対欲しいオーストリッチw

っていうか買う。フロントバッグは僕にとってはオーストリッチが一番だった。

それを確かめる旅でしたわ

 

 

ランウェルはショーケースのみでしたが、気づいた人は足を止めて見入ってた。

 

クロップスは海外でも人気。

普段の駐輪にはごつい鍵がいるけど、ライドの途中ならクロップスでしょう!

 

もうすぐ発売?マキシスハイロード

 

アブスの鍵はやはり欧州では定番

 

 

っておい!なんか見切れとるやんけ!!

 

いえーい!!

って、このABUS君、わざとフレームに入ってはいえーい!みたいなことを繰り返してましたw

そうです。わざとフレームインしてきますw

 

その入り方がコミカルで基本、「あ、邪魔だった!?てへぺろ」なんで、みんな、その後一緒にセルフィー撮ったり、僕はハイタッチして写真撮って分かれましたが、、、

 

他の人にめっちゃキレられてた、、、

 

そのあと、トボトボ 裏に下がっていったので、鍵ほど堅牢なメンタルではないみたいです。怒らんといてあげてょ~

 

 

こちらは堅牢なスマートロック。アプリと連携します。

 

そんなこんなで昼ごはん。中庭にあるところは大行列です。

 

チキンをグリルしたやつがたぶん一番人気。

僕は薄いとんかつみたいなやつを食べてから、野菜炒めみたいなのも食べました。

食べ過ぎですw

 

 

つづく