テーマ:

今日は、宿命に白虎殺を持った人のお話です。

 

妻が夫の運勢鑑定を入れるのは頻繁にあります。

浮気、健康、仕事、金銭、借金、夫婦仲、

相談内容は様々です。

 

今回のケースはご主人の事故、怪我、争い、

にまつわる相談事でした。

「ご主人を仮にHさんとしましょう。」

 

このHさんは、宿命の日柱に白虎殺という特殊星をもっています。

別名「神殺」とも言い、

神殺は吉の特殊星。

神殺は凶の特殊星。のことを指します。

特殊星は運命において大きなシグナル(信号 合図)となるのです。

白虎殺は殺の凶星です。

日柱は40歳~60歳に影響が強くでる柱です。

               

 

この白虎殺は、

勇猛にして争いごとを好み、そのために凶害に遭いやすく、

だいたいの物事が不運に転ぶとされるとても嫌な特殊星です。

怪我 火難 水難 不測の災厄 墜落などの事故。

女性だと中絶 流産にあいやすいなどの現象もあります。

四柱推命における白虎殺の扱いは決してよいものではありません。

 

しかし、虎は大地を駆け抜ける勇ましいイメージがありますので、

勇気があって物事に屈しない。

勇気があって何物をも恐れない。

心勇ましくて力強く決断力がある。

こういった性格も象徴として現れます。

 

Hさんも上記の性格があり

普段はソフトな印象を醸し出している人ではあっても、物事に勇敢に立ち向かい、

常にぶれない心を持つ男らしい人です。

しかし争い事を自ら発する傾向は否めません。

私が鑑てもそうですし、奥様もその通りと話していました。

 

さて、ここからが本題!

このHさん、11月に大怪我を足と腕にしました。

大運(10年間)に白虎殺が巡り、

歳運(今年2017年)にも白虎殺が巡っていたのです。

これはもう防ぎようがない凶の運気です。

気をつけなければならない事態でした。

月運(11月)はトラブルに巻き込まれやすい月。この月の運気が引き金になり、大怪我をおったとしか考えられません。

事前に相談に来られていたら、間違いなく今年11月は注意月と話していたでしょう。

 

怪我が未然に防げたとしても、

なんらかの白虎殺の現象はあったことでしょう。

しかし、知っているのと知らないとでは大きな差がでます。

まだこれからも、大運(10年)が終るあと数年は慎重な生き方をしなくてはなりません。

何事にも慌てず、心穏やかに過ごす必要があるのです。

 

怪我の箇所があとわずかずれていたら、

足は切断。腕は神経を痛め障害が残っていたそうです。

しかし、仕事にも復帰し今まで通りの日常生活をしているとのこと。

これも勇敢は性格であることと、

虎の勇猛さのおかげかもしれませんね。

 

皆さんも自分の特殊星を知り、

運命においてのシグナルを事前にしっておくことは、

まさしく大難を小難に小難を無難にかえる方法なのです。

 

自分自身 家族 子供 の怪我 病気。

「なぜいつもこうなんだろう」と、不安に思うことがあればご連絡ください。

謎が解けるとすっきりしますし、危険を避けられます。

 

Hさんお大事に。あなたの勇敢な姿勢には頭が下がります。

FORTUNE 山形美紀

 

相談の予約はこちらから ←クリック

 

Hさんの宿命↓

 

 

FORTUNEさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。