「愛情と憎しみは表裏一体」


この言葉を耳にしたことは 沢山あることでしょう。

人間関係の関係性の作り方のひとつとして表現された言葉だと思います。


良好な意志相通のある 人間関係を ラポール  と呼びます。


そして 反対に 嫉妬や 憎悪といった 感情での 人間関係を ネガティブラポールと呼びます。

例に出すと こんな感じ

・過去において いつもべったり寄り添っている恋人通しに限って すれ違いや意志の疎通ができなくなったときに、 嫉妬や憎悪の 感情が 他の人より 烈しく強くなる。


・友人関係でも、いままで一緒に旅行に長期間いった後に 敵と認識するような 感情が生まれる。

・いつも 夫婦喧嘩が耐えない二人。

不思議ですね。。。


周りでも 「あんなに仲が良かった二人だったのに」ってこと 思い当たることありませんか?

そうです。


人間は、この ラポールが 強くなる間柄こそ 気をつけなければならないのです。

「親しき仲にも礼儀」と ことわざが逢ったと思いますが。

ちょっと 意志の疎通ができてないなと 感じたら お互いの物理的距離感を 保つことも

二人の関係性を 育てていくという結果にもなります。

関係性を育てるのに 話し合いも大事ですが、感情が高まっているときは むしろ話し合いは
別の機会に儲けるのが得策かもしれませんねパー