子供が不登校になったら五感を使った計画を立ててみる。 | 不登校のママは1人じゃないよ!無条件の愛で本当の力を育てる不登校カウンセラー

不登校のママは1人じゃないよ!無条件の愛で本当の力を育てる不登校カウンセラー

不登校カウンセラー山田久美です。学校へ行かない不登校児を抱えて不安がいっぱい。中学生頃の思春期は反抗期も重なり精神的に不安定。本当の子育ては何だろう。そんな不安な気持ちに寄り添いママも子供も笑顔になれるカウンセリング。あなたへ生きる力になるお手伝い!

 

 

こんばんは。


 「不登校のママは1人じゃないよ!」不登校児の経験カウンセラー山田久美です。


ご訪問ありがとうございます

 
  
 


 

7月になりましたね、今週末は色々な学びや気付きを得ることができた日でした。

今日はそんな学びから簡単に変化ができるのではないかなというお話です。

 

 

 

私達カウンセラーはお悩みのある方の後押しかつ気づきを得てもらうためにいると考えています。

 

 

最終決断は本人が決めることですが、誰でもそうだと思うんです。

 

 

「わかっているんです、自分が何をしなければっていうのは・・・」


 

私の次女が不登校になったときに小学校に不登校支援の先生がいました。

その時私は次女の不登校を受け入れることが全くできていなかったんです。
 

 

毎日のように学校へ行き、話をしてきました。

 

その時に言われることは、「長くなるかもしれないからゆっくりやろうよ」「1つずつ解決していこうか」「対応を変えてみようか」

 

 

いくつもの選択を提示され、すがる思いだったので「そうだな・・・」ってそこでは納得するんです。

 

 

でも、頭で理解しているけど行動することができない自分がいたし、変えて行こうと思っていてもできない自分もいました。

 

 

少しずつとかゆっくりという言葉が理解できず、「ゆっくりっていつまでゆっくりすればいいの?」って焦ったこともありました。

 

 

すぐにでも状況を変えたいからなんです。

 

 

カウンセリングをしていく中で不登校という問題はすぐに解決できるものというのは少ないかもしれません。

 

 

相談したのに何で解決できないの?って思われるかもしれません。

 

 

これはね、相談したからすぐに学校へ行かれるようになるという魔法は存在しないからなんです。

 

 

だって親がちゃんと理解しないといけないし、子供だって考える時間が必要だからです。

 

 

色々な場所で相談しても同じ答えだったり、頭では分かっているって思っていても次の日はまた落ち込む自分がいるわけです。

 

 

期待をすればするほど親はドンドン苦しくなり、何をどうしたらいいかが分からなくなってきます。

 

 

相談してヒントをもらって実行したり考えたり。

でも同じままで解決になっていないって感じる方が多いかもしれません。

 

 

私は自分の体験した不登校ママをどうやったら理解し行動を起こせるきっかけになるかを日々考えています。

 

 

そんなことも含めて学んできた週末、子育てなども語ってきました。

 

 

そんな中で五感が凄く大事っていうことが改めて分かったんです。

 

 

五感っていうのは「視覚」「聴覚」「味覚」「嗅覚」「触覚」です。

 

          

「自分で考えないといけないのはわかっているけど迷っているんです。」

 

 

そんな方のために引出しを作ってヒントをいくつか渡すのが必要だと感じました。

それがたまたま五感とマッチしていたんです。

 

 

たとえばこれ↓今流行っているハーバリウムという「植物標本」と言われているものです。

特別なオイルに植物をつけてあって植物をもっと生活に取り入れてもらいたいという思いで作られたものだそうです。

 

ちょっと普通のと違うんですがこれは和の雰囲気があるもので私が個人的に購入したんです。

娘の部屋へ置いたのですが、部屋の雰囲気がキリッとしました。

 

 

これは見るという視点です。

 

 

 

何が言いたいかっていうと明るく外面を変えていけることを1つずつしていくんです。

それは親御さんも子供も雰囲気を変えていけるきっかけを作ってみませんか?という提案です。

 

 

それが手っ取り早いのは部屋の雰囲気だったり、香りだったりするわけです。

 

 

ちょっとカーテンの色が変わっただけで何となく雰囲気が変わったり明るくなったりしますよね。

 

 

そんなできることを少しずつしていくのも不登校の子供の関心を持たせるきっかけになることもあります。

 

 

「このカーテンどお?」

「カーテン変えようと思うけど何色がいいかしら?」

「花を買ってみたの」

「電球の傘を変えてみたの」

「食器変えてみたの」

 

 

ご家庭で負担にならない程度に明るいものに変えてみたりすることも気分を上げていける材料になります。

 

 

できるものを取り入れながら、不登校になったあとの子供の計画や家族の計画を立ててみることも大事なんです。

 

 

 

ん?計画ってなんですか?

 

 

それは明日の続きにしますね。

 

 

 

~お知らせ~

※メニューを7月中にリニューアルして行く予定です。

不登校を見つめ、動き出せるお手伝いを中心に変えていきます。

そちらはホームページができ次第お伝えしますね。

 

****************************************

 

 

だれにも話せなかったこと

 

 

大勢の前では話せないこと

 

 

そしてずっと一人で苦しんで辛くて・・・

 

 

誰に相談したらいいのかな・・・・

 

 

 

私があなたの想いを聴きますよ

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして有難うございます音譜

 

 

 

 

無料メルマガも絶賛配信中~

 


ベルあれ?これって不登校?7日間でママも不登校児も笑顔になれる!【無料メルマガ】ベル

ダウン読者登録はこちらからダウン画像クリックで登録フォームに飛びますビックリマーク

※お手数ですがパソコンのアドレスでご登録をお願いします♪