ポーの一族 | VIA MEDIA

VIA MEDIA

つらつら書いています。


テーマ:

原則も読まず、一回だけの観劇でした。

映画館は都合つかずで断念。

 

3月号の歌劇の楽屋取材

80頁で明日海りおさんと仙名彩世さんの

トップのお二方の写真をみて、いつもと違う感じを

受けたのがファーストインプレッションでした。

花組結構わかるはずなんですが、お化粧の感じが違うせいか

あまりお名前が一致してません(涙)。

芹香斗亜さんが花組にいないのねと思ったり。

 

話としては、薔薇の封印の方がすっきりしていたような。

 

カンパニーかドクトルジバゴかポーの一族か

某フェアウェルで聞いた男役の手の使い方を

感じる場面を目にした気がするのですが、誰だったかな。

ポーの一場面だったはずですが。

 

劇中の群舞は息がぴったりで

この世のものとは思えない雰囲気が漂っていました。

 

鳳月杏さんのドクター

プレーボーイな感じのちなつさんって初めて観たかな。

誠実な役の方がいいかな。

フィアンセには、お付き合いする人それぞれに

向き合っているような感じはしますね。

 

花野じゅりあさん

男勝りな役が多かったですが、

はかなげで、ぐっと芝居が締まっていましたね。

 

forthedayさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス