さて、たまに書く有料級のブログです。

 

これによって多くの人がやる気を出して成功していけるようなヒントになればと思います。

 

 

人間はやった方が良いと思っていてもやる気が出ない事や、やろうとしても何故か行動できないなど、悩まれる方も多いと思います。

 

やる気とはそもそも脳の側坐核という部位から分泌されるドーパミンによってもたらされます。

 

このドーパミンはどのような時に分泌されるかと言うと、これから何か報酬がもたらされるであろう期待によって分泌されます。

 

例えばレバーを下げるとバナナが出てくるような装置を猿に渡すと、その猿はレバーを引くという行為を繰り返すようになります。

 

猿であっても報酬が期待できると感じればドーパミンが分泌され、同じ行動を繰り返すようになります。

 

つまり、やる気がある状態とは、ドーパミンが大量分泌されている状態を指し、報酬が楽に得られれば得られる程、行動力も湧き、同じことを繰り返せるようになるのです。

 

例えばFXトレーダーであってもトータルで勝てると分かっているからこそ取引を続けられます。

 

しかし、負けているトレーダーも何度も損失を繰り返してしまうのは何故でしょうか。

 

それは、一度大きく勝ってしまった経験が足を引っ張り、間違った手法を繰り返してしまうからです。

 

例えば勝てなかった頃の私はブレイクアウト手法を使っていました。

 

このブレイクアウト手法は値動きの激しいラインブレイクの時に流れに追従するようにエントリーしていく手法なのですが、既に高くなっている所で買うという事は、利益確定売りの圧力も大きくなる可能性が高いと言えます。

 

しかし、流れが大きければ勝ててしまうので、短期的に儲けを出すことが出来てしまうのです。

 

初心者の頃は中々理解出来なかったのですが、これはトータルで見ても間違いなくマイナスになりやすい手法ですし、超危険な手法と言えますので手を出さないように気を付けましょう。

 

話は戻りますが、どうしたらやる気を出せるようになるのかというと、まずは小さな行動をするという事です。

 

側坐核は学習をしたり身体を動かすなど、実際に行動している時に活性化します。

 

座ってテレビやインターネットをしている時よりも、実際に行動して報酬に期待を感じた時に大量のドーパミンが分泌されます。

 

ですから、例えば簡単な作業をやると決めたのであれば、終わったらご褒美として美味しいものを食べる!などと設定しても良いでしょう。

 

また、脳が疲労を感じているとドーパミンも分泌されにくくなってしまうので、しっかりと栄養を補給して体調を整える事も大切です。

 

特にドーパミンに効くものはタンパク質の多く含まれるチーズ、卵白、鰹節、納豆や豆腐などの大豆製品などです。

 

また、脳疲労にはレバーや貝類、海苔や魚卵などがおすすめです。

 

 

さて、もしあなたが成功して理想の生活を得たいのであれば、まずは大きな目標を設定し、現状に不満を感じる事です。

 

いきなり大きな目標を達成しようと思って挑戦しても上手く行かない事が多いでしょう。

 

無謀な挑戦をして諦めてしまうようでは、逆にドーパミンが分泌されにくくなり、その先の行動が出来なくなってしまいます。

 

まずは小さな報酬を得られる事を目標とし、目標に向けて少しずつドーパミンが分泌されるようにするのです。

 

ですから、まずは達成できそうな目標を達成するために、今できる行動をしていく必要があります。

 

その行動はほんの少しでも良いです。

 

もしFXで稼ぎたいのであれば正しい知識を学ぶ事が必要でしょうし、今行っているトレードが正しいのか確かめなければいけません。

 

その行動はほんの少しと思うかもしれませんが、長期的に見ると侮れないほど大きな行動だったと後になって分かるのです。

 

これは人生のありとあらゆる分野で応用できるテクニックです。

 

ですが、もしギャンブルや酒やたばこ、オンラインゲームやYouTubeなど、簡単に報酬が得られてしまうものにどっぷりと浸かっている人は要注意です。

 

脳がドーパミンを求めてエスカレートした状態になると、正しい生活が出来なくなり、生活の優先順位も変わってしまいますよね。

 

そうなると成功したいと思っても、いつまで経っても別の事にやる気を削がれてしまうという事になりかねません。

 

何事もやりすぎは禁物ですが、その労力を他の所に回す事が出来れば、簡単に成功する事は出来てしまうという事がお分かりいただけたと思います。

 

いつも言っていますが、まずは一歩踏み出してみる事が大切です。

 

その一歩があなたの人生を大きく変えていきます。

 

ぜひ頑張って挑戦してみてください。