【成功法則】成長し続けること

テーマ:

 

成長し続ける

 

こんにちは。ForestBookです。

 

成功法則シリーズについて書いていますが、今回は「成長し続けること」についてご紹介したいと思います。

 

 

当たり前のこと”と感じられるかもしれませんが、みなさんは日々成長し続けていると自信を持って言えるでしょうか?

 

自分の成長には、何を持って成長とするか評価軸を決めておかなければなりません。

 

今回は、成長し続けるとはどういうことか、成長し続けるにはどうすれば良いかについてご紹介していきます。

 

成長とは

自己評価(現状認識)

成長し続けるには

 

成長とは

成長とは

 

仕事における成長とは、価値を高めることであると定義できます。

 

例えば、資格を取得して自分の価値を高めることであったり、生産性の高い手法を生み出すことであったりします。

 

では、どの方向に価値を高めるべきかが大切になります。

 

ピアニストがテニスの練習をしても意味が無いように、社会の役に立つ分野での成長が必要になります。

つまり、自分が何の価値を高めるか、自分自身で決める必要があるということです。

 

  • 語学力を高める
  • 営業力を高める
  • マネジメント能力を高める

 

人によって必要な成長は異なるものです。

 

自分に必要な成長を見極め、成長するための努力を始めなくてはなりません。

 

当然、成功者はこの定義を明確にしています。

 

年間、月間、日間で、それぞれどのように成長しているか記録を取ることをお勧めいたします。

 

自己評価(現状認識)

現状認識

 

価値を高めるには、現状どのくらいの価値があるのか理解していなければいけませんよね。

 

 

そのためには、しっかりと自己評価が出来ていないといけません。

 

例えば、目標の達成度であったり、組織への貢献度であったり、今の自分の価値がどれくらいなのか把握している必要があります。

 

 

そのためには、周りからのフィードバックをもらうこともいいでしょう。

 

自己評価シートを作り、自分の記載項目と周り(上司など)からの記載項目をしっかりと埋めるようにしましょう。

 

最低でも毎月自己評価シートに記載する必要があります。

 

今のままの成長速度で本当に良いのか判断するためにも、月に一回は振り返る必要があります。

 

 

もし、まだやっていないという方はすぐにでも自己評価シートを作成し、現状認識をはっきりとさせましょう。

 

 

成長し続けるには

成長し続ける

 

では、成長し続けるにはどうしたらいいでしょうか?

それには、

 

自分が無知であることを知る

トップを目指す

選択に責任を持つ

チャレンジする

 

というマインドを持ち続ける必要があります。

 

もし、もう学ぶことはないと思い、現状に妥協し、選択を他者に委ね、新しいことをやらなければ、衰退の一途をたどるでしょう。

 

どれか1つが欠けてもいけません。

 

成功者は、上記のマインドを常に持ち続けているのです。

 

そして、上記を達成出来ているかどうか定期的に評価しています。

 

ビジネスマンにおいて、何となくでは絶対に駄目です!

 

定量的に観測できるように目標を設定し、そして達成し続けなければなりません

 

 

厳しいかもしれませんが、それが成長し続けるということです。

 

 

今一度、自分を振り返ってみて達成出来ているか確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

今回は、成功法則である成長についてご紹介しました。

 

お金があっても成長を辞めてしまった人は、人としての魅力が下がります

 

 

逆に人として魅力的な人は成長し続けている人!

 

 

魅力的な人になりたいけど努力したくない、何て言わずに小さな努力を積み重ねて魅力的な人間になってください。

 

 

何もしないより必ず幸せな未来になります!

 

 

目標達成のサポートをするコーチングのマッチングサイトもありますので、そちらを利用してみることもお勧めします。

 

https://forestbook.co.jp

 

引き続き成功法則シリーズについてご紹介していきますので、今後ともよろしくお願いしますね。

AD