BS 11月に放映される名作映画案内 Part4 | アラフォー世代が楽しめる音楽と映画

アラフォー世代が楽しめる音楽と映画

結婚、育児、人間関係、肌や身体の衰え、将来への不安...
ストレスを抱えるアラフォー世代が、聴いて楽しめる音楽、観て楽しめる映画を紹介します。
でも自分が好きな作品だけです!    

 つい先日、新しく駐日アメリカ大使となったキャロライン・ケネディが着任した。彼女はご存知ケネディ大統領の長女という抜群の知名度を誇り、自身の新婚旅行を奈良、京都にしたほどの親日家でもある為、更なる日米関係の強化に期待する声が多く上がっているようだ。
$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 だが水を注すようだが、歴史的に顧みるとアメリカがリベラルな民主党政権の時は寧ろ日本は軽視されている気がする。ボクの知る限り、ルーズベルト、トルーマン、ジョンソン、クリントン大統領時の日米間は、第二次世界大戦での敵対関係という特殊な状態を除いても必ずしも強固ではなかった。今のオバマ大統領もあまり日本に好意的とも思えない。これはレーガン=中曽根、ブッシュ=小泉の共和党政権時代を相対的に鑑みることで一際目立つ。
 キャロライン・ケネディ大使が幾ら親日家であっても、彼女の任務はアメリカの国益を守ることが第一なので、過度な期待は禁物である。冷徹な見方をすれば、キャロラインの知名度(厳密に言えば彼女ではなく、ケネディ大統領の知名度)、政治経験がないことによる清廉的イメージ、初の女性大使という好意的な国民感情を利用することで、日米間の問題解決を図るよう仕向けているのではないかと勘繰ってしまう。謂わば彼女は日本人のアメリカに対する様々な不満を和らげる緩衝材として送り込まれたのだ。
 つまり中国・韓国との領土を巡る衝突、TPP参加に向けた関税比率の折衝、沖縄のアメリカ軍基地問題の解決等で、日本の立場を訴える発信力が彼女の口を通じて強まることは期待しない方が良い。

 処でキャロライン・ケネディの日本大使就任が、実父ジョン・F・ケネディ大統領がダラスで暗殺されてから丁度50年という節目の日を一週間後に控えた時期であることを非常に印象的に感じる。
$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 映画では原作の良さを巧く描写し切れなかった(『ジャッカルの日』と同じようにフレッド・ジンネマンが監督をすれば良かったのに!)が、フレデリック・フォーサイスの「オデッサ・ファイル」は凄く面白い小説だった。冒頭、主人公が車を運転中、ラジオで「ケネディ大統領が暗殺された!」と聞く。アメリカ人はケネディ大統領が暗殺された時、自分は何をしていたか問うのが常套句のようで、それだけケネディ大統領を絶対視していたのだろう。ボクの場合、それに相当するのがジョン・レノンと、やや理由は違うが昭和天皇となる。
 陰謀説も囁かれるケネディ大統領の暗殺に関し、少しでも興味のある人は幾つかの暴露本を読んだことがあると思う。ボクもその一人なのだが、今日まで決定的な真相が解明されたとは言えない。寧ろ暗殺直後に設置された事件調査委員会である「ウォーレン委員会」の報告を読めば読むほど矛盾点が浮かび上がる。
 今更ケネディ大統領の暗殺をリー・ハーヴェイ・オズワルドの単独犯と信じる人はいないだろう。第二の疑問は大統領は背後から撃たれたと報告されているが、偶々狙撃の瞬間を撮影してしまったアマチュア・カメラマンのエイブラハム・サプルーダー氏の8ミリビデオ(通称:ザプルーダー・フィルム、映画『JFK』でも使用された)映像を見ると、ケネディ大統領は明らかに前方から撃たれているのだ。それを証明するかのように狙撃直後、後ろに飛び散ったケネディの頭部の破片を拾おうとして、ジャクリーン夫人が後ろ向きになって手を伸ばしている場面が映っている。それに発射された弾丸は3発とされているが、警察の録音テープを聞けば7発の銃声が確認出来るのだ。

$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 一国の大統領が狙撃されたという異常事態に、当然ながらウォーレン委員会だけが調査を行ったわけではない。警察及びテレビや雑誌・新聞社に所属するジャーナリスト等、多くの組織やメディアがこの事件を独自に且つ徹底的に調査した。
 その結果、アメリカ政府の公式見解として発表された「ウォーレン報告書」との間に様々な矛盾があることが指摘され始めたのである。
 それにも拘らず、ウォーレン委員会ではオズワルトを単独犯と決めつけ、暗殺の裏には何の陰謀も無かったと強調している。そして更に奇怪なことに後任のジョンソン大統領が「重要書類や写真は2039年まで公表されてはならない!」という行政命令を下したのだ。事実上の国家機密である。ウォーレン委員会の調査が不正なものではなく、真実だと主張するのであれば、何も封印する必要はないと思うのだが...。都合の悪い箇所が焙り出されて、真相を追求されては困る人々もいるのだろう。
 さて暗殺に関与した者、それに捜査や調査をした者、目撃者等がおそらく生存していないだろうと思われる2039年に果たして全容が公表されるであろうか? その時の国内及び国際情勢にもよると思うが、多分我々は全てを知ることはないだろう。何故ならアメリカ国家自体の威信が崩れてしまうからだ。

$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 たとえ100年過ぎようともケネディ大統領暗殺はアメリカの政治史に歴然と残る大きな傷跡で、決してアメリカ国民の心から消えることはないだろう。日本に於いてもボク等より前の世代はリアルタイムで体験し、ボク等世代は当時の報道や雑誌記事等で後追いながらも、その悲劇を理解する。だがボク等より後の世代が一体どれだけケネディ暗殺の歴史的影響を解釈出来ようか?
 子や孫が中心となって社会が築かれる時代にもその重要性を忘れ得ぬ為、改めて暗殺事件の概要を示す。第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディは1963年11月22日金曜日の午後0時30分(中部標準時)、テキサス州ダラス市内をパレード中、教科書倉庫ビルの前を通過する際に頭部に致命的な銃撃を受け暗殺された。アメリカ大統領が任期中に死亡した例はケネディで8人目で、暗殺された大統領としては4人目となる。
$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 犯人はテキサス教科書倉庫の従業員リー・ハーヴェイ・オズワルドと断定され、逮捕された。だがそのオズワルドもダラス市警察本部から拘置所に移送される途中、熱狂的なケネディ信者(?)とされるジャック・ルビーなる男に射殺されてしまう。どう考えても口封じと捉えるのが妥当だ。
 後任にテキサス州出身の副大統領リンドン・B・ジョンソンが指名され、直後に暗殺事件に関する公式な調査機関としてウォーレン委員会が発足された。念入りな調査(?)の結果、64年9月の最終報告で暗殺はオズワルドによる単独犯行であると結論付けた。
 しかし後に76~79年にかけて下院の暗殺特別委員会(HSCA)による別の調査が行われ、アメリカ国民が内心感じていた「陰謀の可能性がある。」と主張した。こうして今日でもケネディ暗殺事件に関しては様々な陰謀説が唱えられており、アメリカ国民の関心の的となっているのだ。

 そもそもケネディ大統領のダラス訪問の目的は、翌年に迫った大統領選挙で再選される為に前回の選挙で辛うじて勝利したテキサス州(ダラス市では敗北)での基盤強化であった。
 だが州民にはケネディ支持者ばかりではなく、当然反対派もいる。だから訪問に際して安全上の懸念は以前から指摘されていた。事件に先立つ10月24日、国連大使アドリィ・スティーブンソンがダラスを訪問した際に反対派の群集からプラカードなどで小突かれ、押し回されたり、激しい野次を浴びせられる事件が起きたばかりであった。
 またこの時点で既にダラス市内で狙撃される可能性も指摘されていたのだ。当のケネディ自身も「自分は暗殺されるかも知れない...。」と、パレードを警護するシークレットサービスに仄めかしていたそうだ。
$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 ダラス市警察署は前月のスティーブンソン訪問時の失態を二度と起こさないように過去最大級の厳しい警備体制を敷き、ケネディ大統領側にはパレードに使う車に透明の防弾カバーをつけるように強く進言していた。だがケネディ側はパレードを通じて市民と親近感を持ちたいという理由でこの指示を拒否し、シークレットサービスも通常の警備体制よりも緩やかに臨むよう要請した。こうして予定通り、パレードは開始された。先頭と二番目の車にはダラス市警とシークレットサービスが乗り、大統領の車は三番目にあった。その更に後ろに報道関係者や政府関係者の乗った車が続く。
 パレードの順路はダラス・ラヴフィールド空港から市内の中心部を通過して、昼食会場のトレードマートまでと決定した。使用された車は61年製リンカーン・コンチネンタルをリムジンに改造した特別仕様車であった。一番後ろの座席にケネディ夫妻、その前の座席にはコナリー州知事夫妻が乗り、運転手はホワイトハウスのシークレットサービスが務め、助手席にもシークレットサービスが座った。

 道端に並んだ市民達。ケネディ支持者は歓迎の言葉を投げかけ、反対派の複数のグループは抗議のプラカードを提示する等の批判的な行動を取ったが、進行を妨げるような妨害はしなかった。
 多くの人々の歓声の中、大統領達一行の隊列は順調にコースを進み、午後0時30分頃にヒューストン通りに入り、テキサス教科書倉庫ビルの前を通過しようとした。その時、ケネディ大統領に向けて弾丸が発射されたのである。


「一億二千万人の映像 昭和ニッポン12-オリンピック景気とケネディ大統領暗殺」

 突然、数発の銃声が響き渡った。ケネディ大統領は両手で首を押さえるような仕草を見せたかと思うと、そのまま横に座っているジャクリーン夫人の方へぐったりと崩れ落ちた。また前に座っていたコナリー州知事も前のめりに倒れた。すぐ後ろの警護車に乗っていたシークレットサービスの一人が飛び降りて、大統領車に全力疾走で飛び乗ろうとした。
$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 その瞬間、次の発砲があり、大統領の頭上部は吹き飛ばされ、頭蓋骨と脳の破片が後ろの方に飛び散った。ジャクリーン夫人はすぐ後ろを振り向きながら手を伸ばし、散らばったケネディの頭の破片を咄嗟に拾った。シークレットサービスは叫ぶジャクリーン夫人を席に押し戻し、二人の上に覆い被さった。この間の時間には諸説があるが、おおよそ6~10数秒ほどの出来事である。
 街頭に群がった人々は初めパレードの一環で爆竹やクラッカーが鳴らされた程度にしか思わなかったが、ジャクリーン夫人とコナリー州知事夫妻は事の重大さをすぐ理解した。「大統領が殺された! 全員殺されるぞ!」と苦しそうに叫んだコナリー州知事の背中にも弾丸は命中していたのだ。
 運転手のシークレットサービスは瞬時に状況を理解し、そのまま全力で市内のパークランド・メモリアル病院に向かった。だが頭部を破壊されたケネディ大統領はほぼ即死状態であった。

 致命傷を受けて運び込まれたケネディ大統領を一見して、外科治療1号室の病院スタッフは生存の可能性が無いと診断した。午後1時(中部標準時)、大統領の心拍停止が確認され、医師により正式に死亡が宣告された。ケネディ大統領の死が公式に発表されたのは、それよりも更に少し後の午後1時38分である。
$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 この間、コナリー知事の救命治療が行われ、彼は辛うじて一命は取り留めた。後のウォーレン委員会での報告ではケネディ大統領に向かって撃たれた弾丸は3発。1発目は外れ、2発目にケネディの首を貫いてコナー州知事に命中し、3発目がケネディの頭部を破壊したとされる。但しFBIの調査では、これと見解が異なる。この後、銃弾に関する矛盾は増々議論を呼び、この事件の謎の一つとなっている。
 午後2時、大統領の遺体を病院からエアフォースワン(大統領専用機)に運ぼうとするシークレットサービス側と、地元テキサスの司法当局との間で対立が発生した。彼らの言い分では暗殺はテキサス州で起きた事件であり、検視前に遺体を州外に運び出すのは州法に違反するとのこと。しかし最終的に大統領に対する暗殺は治外法権的な断行をするのが妥当とされ、ようやくエアフォースワンに運び込まれた。 
 ケネディ大統領の死を受けて、ジョンソン副大統領(彼は無傷だった!)が、ダラス・ラブフィールド空港に駐機中のエアフォースワン内で大統領の宣誓式を執り行った。

$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 暗殺犯と思しき人物は意外と早く捕まった。テキサス教科書倉庫ビルの従業員リー・ハーヴェイ・オズワルドなる男である。話はややこしくなるが、オズワルドは当初ケネディ暗殺が起きた後の警官殺しの罪で逮捕されていた。そして余罪追求された時、暗殺時に教科書倉庫ビルの6階にいたことが判り、事情聴取するうち容疑者として確定。その夜に再逮捕されたのだ。つまりオズワルドは現場にいた処を逮捕されたわけではないのだ。
 これで事件の全貌が解明されると思われた矢先、事態は急展開を迎えた。逮捕から二日後の11月24日、オズワルドは刑事達に囲まれてダラス市警察本部から拘置所に移送されようとしていた。オズワルドが刑事達と共にダラス市警の地下通路を歩いていると、突然リボルバー銃を持った男が近づいて来て、オズワルドに向かって発砲した。一瞬のことで、刑事達は何も出来なかった。オズワルドは数発の弾丸を浴び、「オー、ノー!」と叫び、その場に倒れ込んだ。処でこの移送の場面は多くの報道陣がテレビ中継をしており、アメリカ国民はオズワルド射殺の瞬間を見ることとなった。オズワルドはすぐに病院に運ばれたが、間もなく死亡した。結局オズワルドは無実を主張する前に、濡れ衣を着せられたまま射殺されてしまったのだ。
$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 オズワルドを撃った男はジャック・ルビーというクラブ経営者の男で、その場で逮捕された。ルビーは「ジャクリーヌの代わりに敵をとってやろうと思って奴を殺した。」と語ったが、彼の周辺を調査した結果、マフィアと深い繋がりがあり、またダラス市警にも何人もの親しい友人がいることが明らかになった。そうであるなら一般人は進入禁止となっているダラス市警の地下通路に入り込めたのも合点がいく。
 ジャック・ルビーは裁判の結果、死刑判決を言い渡された。だがルビーは死刑判決を受けた4年後、ある日突然激しい咳きと吐き気に襲われ、収監先のダラス郡拘置所で死亡してしまう。直接の死因は右肺に巣食う癌の悪影響からの肺塞栓とされるが...。
 結局、オズワルドもルビーも何も真相を語らず、亡くなってしまったのだ。これは果たして偶然なのか?

 前述したが、ウォーレン委員会とはケネディ大統領暗殺の真相を追究すべく、ジョンソン大統領の指示で結成された組織である。調査の末に事件から十ヶ月後に公開されたウォーレン報告書がアメリカ政府の公式見解となる。だがこのウォーレン委員会とは別に、地元警察やFBI、各種メディアのジャーナリスト達がこの事件を徹底調査した結果、ウォーレン報告書にはオズワルドを犯人に仕立てるよう、ただ辻褄を合わせただけとしか思えない箇所が散見したのである。最も大きな疑問は狙撃角度と銃弾数である。
 ウォーレン報告書によれば、ケネディ大統領の乗ったリムジンが教科書倉庫ビルの前を通過した時、そのビルの6階にいたオズワルドが背後から撃ったと実証しいている。だが狙撃の瞬間を撮影したザプルーダー・フィルムを見ると、ケネディ大統領の致命傷となった銃弾は明らかに前から撃たれている。また発射された弾丸も3発ではなく、警察の録音テープから少なくとも7発と推測される。
 オズワルドが直接の実行犯である証明は現場にスコープ付きのライフルと、使用済みの3個の薬莢が発見され、銃身にはオズワルドの指紋がついていたことからだ。しかし1発目が外れたとは言え、2発目が背後からケネディの首を貫通し、そのまま前に座っていたコナリー州知事の背中をも貫通した弾丸が、その直下の左太股に当たって止まったという見解はあまりにも不自然だ。
 それにケネディが狙撃された地点は教科書倉庫ビルからかなり距離があった。加えて教科書倉庫ビルの窓からリムジンまでの間には木々が覆い茂っており、動いている標的を撃ち抜くにはアメリカ海兵隊を4年で除隊したオズワルドでは無理がある。増してやオズワルドの使用したボルトアクション方式のカルカノ銃では、僅か数秒の間に3発を連射して正確にケネディ大統領に当てるのは奇跡に近いそうだ...。

$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 一方、ウォーレン委員会ではケネディの頭部のX線写真も公開している。その写真を見る限り、弾丸が後ろから頭部を貫通して顔の右半分が激しく破壊されたと理解する。しかしこのX線写真が偽物である可能性があるのだ。
 これを主張したジャーナリストのロン・レイトナー氏は、射殺されてから数時間後に撮影されたケネディの検視の時の本物の写真を入手しいているらしく、その写真ではケネディ大統領が背後からではなく、前方から撃たれたことがはっきり判るそうだ。また彼は偽造X線フィルムを作成した人物に会い、直接本人の口から「偽造した。」旨の証言も得たとされる。
 レイトナー氏の発言にどれほどの信憑性があるか判らないが、少なくとも「背後からの狙撃によって頭部を撃ち抜かれた。」とするウォーレン報告書を裏付けする為に何らかの細工が施された可能性があると言えまいか!
 そうであるなら増々オズワルドの単独犯とは考え難い。実はウォーレン委員会の調査が終了した15年後に発表された下院の特別調査委員会(HSCA)の検証によれば、あの時ケネディ大統領に向かって発砲した人物は複数いた可能性が高いとされるのだ。
$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 それを前提にザプルーダー・フィルムの映像から邪推すれば、オズワルドが教科書倉庫ビルから何発か撃ったかも知れないが、それと同時に前方からも“組織”に雇われたプロの狙撃隊が発砲し、それがケネディの頭に命中したとなる。オズワルドにはプロの狙撃隊を人々の注意から逸らす役目もあったと思う。
 つまりオズワルドもルビーもプロの狙撃隊も“組織”の命令で以って実行に動いたと考えるのが自然だ。そしてオズワルドはあくまで警察に突き出す生贄で、そのオズワルドも組織の放ったルビーによって何も語らないまま射殺されてしまった。組織とは用心深いもので、陰謀(真実)の欠片一つでも表に出てはならないのだ。だからルビーもまた組織の工作(癌細胞を移植)によって拘置所の中で不審な死を遂げた...となれば奇麗に片付くではないか!

 それでは“組織”とは一体何者を指すのか? オズワルドはケネディ暗殺の5年ほど前から政治問題にのめり込み、ソ連に滞在していた時期がある。きっとこの時、KGB(ソ連国家保安委員会の略。ソ連の情報機関・秘密警察)と接触し、アメリカ軍の情報提示もあったと思う。そしてアメリカに帰国した後にはKGBが常にオズワルドを監視していたという事実も明らかになっており、オズワルドが共産主義系の政治団体に所属していた可能性は充分に考えられる。
$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 だがボクはソ連、或いはKGBが関与した可能性はないと思う。きっとKGBは凡人のオズワルドに大きな仕事が出来る筈がないと踏んでいたに違いない。第一、キューバ危機以来、ケネディとホットラインが繋がったフルシチョフに暗殺指示を出す理由がない!
 片やジャック・ルビーは本職がクラブ経営者とは言え経営状態は悪く、税の滞納が4万ドルも溜まっていた。処がケネディ暗殺の少し前から急に金回りが良くなったことが友人達の証言から確認されている。金の出所が掴めれば組織の実体も解明するであろうが、彼はマフィアと深い関わりがあることが判明している。
 先に報酬を貰ったルビーではあるが、真相を話したい欲求に駆られたようだ。逮捕され、ダラス郡拘置所に収容されている間も「ウォーレン報告書は世界中を騙す為の揉み消し工作だ。」と発言し、また「記者会見で真実を話したいのでワシントンに移してほしい。」旨の依頼をしている。ダラス市警の中にはマフィアと親しい者もいたであろう。無用な発言の後、ルビーは獄中で謎の死を遂げた。

 “組織”とは時のケネディ大統領の政策に反発する(恨みを持つ)勢力である。つまりCIA、マフィア、軍産複合体がケネディ大統領の暗殺を企てたと言って間違いないだろう。これらの組織は互いに密接な関係を持ち、また当時のアメリカ政府や議会内にも彼らと親密な議員が数多くいたのだ。
 彼らの謀略であることを裏付けるにはケネディ政権時の政治情勢と、ケネディが実行に移そうとした政策が如何に彼らを逆上させたかを知る必要がある。国民にとっての善良策が彼らにとっては死活問題となったのだが、それは次回に譲る...。


『JFK ディレクターズカット』/ケビン・コスナー&シシー・スペイセク、ジャック・レモン [コレクターズ・エディションDVD](中古)

 それではいつもの様に、『BS映画の放送カレンダー』が掲載する放映予定リストの中から、作品の優劣は問わずにあくまでボクの嗜好に沿った映画をピックアップしてみた。従って下記に羅列した作品集は所謂お勧め映画の紹介ではなく、個人的な確認メモという位置付けであることをお断りしておく。
 尚、何処のBSデジタル放送局で放映されているか判り易くする為、作品名の接頭部に各放送局の略語を表記した。解説文は下記の各ホームページからの抜粋である。
         ・(N)=『NHK-BS』
         ・(日)=『BS日テレ』           ・(A)=『BS朝日』
         ・(T)=『BS-TBS』           ・(J)=『BSジャパン』
         ・(F)=『BSフジ』             ・(E)=『BSイレブン』
         ・(S)=『BSスカパー!』        ・(D)=『Dlife』
 今週末、BS日テレ局で『ボビー』を放映する。“ボビー”とは本題で書述したジョン・F・ケネディ大統領の弟ロバート・F・ケネディの愛称である。奇しくもロバートも5年後に暗殺されてしまったのだが、この映画はボビーが銃弾を受ける前の16時間、事件が起きたロサンゼルスのアンバサダー・ホテルに居合わせた人々を描いた群像劇である。
$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 60年代の出来事を調べるのが好きなボクは、如何にこの時代のアメリカ国民がロバートに希望を託していたか判っているつもりだ。何の書物だったかは失念したが、アメリカの著名な霊能予言者ジーン・ディクソンは「兄ジョンの暗殺は避けられなかったが、弟ロバートの暗殺は防ぐことが可能であった。」旨の発言を今でも覚えている。もしあのままロバートが生き続けていれば当然の流れで大統領になり、ヴェトナム戦争は早期終結、白人と黒人の隔たりも失せてアメリカは輝ける70年代を送っていただろうと考えると非常に悔やまれる。
 ロバート暗殺も謎に包まれている点が多く、犯人とされているパレスチナ系人サーハン・B・サーハンもまた替え玉で、真犯人は他にいるのではないかと憶測されているが、その辺の事情はまた別の機会に改めて纏めたいと思う。
 ボクは兄ジョンよりも弟ロバートの方に人間的魅力を感じる。ジョンにはとかく善からぬ噂は飛び交う。優秀なのは周囲のスタッフで、本当のジョンはドラッグ中毒で白雉状態。我々の知るジョンは、実は第二次世界大戦中に航空機空中爆発で墜落死したとされる長男ジョセフ・P・ケネディ・ジュニアではないかという奇説さえあるほどだ。あまりにも奇天烈すぎて信じられない話だが、ボクはあるテレビ番組でケネディ家の古いフィルムが流され、長男ジョセフと次兄ジョンが肩を組んで歩いている姿を見たことがある。一卵性双生児と思えるほど外見がそっくりで驚いてしまった。あながち完全否定も出来ない...。
$アラフォー世代が楽しめる音楽と映画 虚飾の混じったジョンに比べて、ロバートは側近の意見を聞きながらも自分で決断する強さが見える。確固たる哲学がある証拠だ。映画『ボビー』は社会の下層に位置する労働者から華やかなエンタメ界のスターまで、また黒人や他の有色人種と白人との諍い等、22人の登場人物が其々のドラマを繰り広げるアンバサダー・ホテル内をアメリカ社会の縮図として捉え、あの事件がどれほどこの国に影響を与えたのかを浮き彫りにする。特にヴェトナム送りを逃れる為に偽装結婚をしたカップルの男の方が、流れ弾に当たって即死するシーンは切ない。
 特別ロバートに強い関心がなければ、日本人はこの映画を少し離れた目で眺めるかも知れない。しかしボク等が毎日繰り返す他愛もない日常の中、途轍もない大事件が起きるという設定が非常にリアルに感じるのだ。

 ・(N)『明りを灯す人』           11月22日(金) 13:00~14:21

   キルギスの小さな村にミスター・ライトと呼ばれる電気技師がいた。裕福ではない家には無料で電力を使
  えるように細工する等、村人の暮らしを第一に考え、皆から愛される純朴な男。しかし平穏な暮らしの田舎
  の村にも変化が起きようとしていた。ラジオからは政治的混乱のニュースが伝わり、小さな村にも新しい価
  値観を持つ者がやって来て...。
   2010年カンヌ映画祭監督週間上映作品。

 ・(J)『波止場』                11月22日(金) 20:02~21:45

   マフィアのボスに単身立ち向かう元ボクサーの姿を描いた、第27回アカデミー賞8部門受賞作品。
   ニューヨークの波止場で働くテリーは兄チャーリーが仲間のジョイを殺す現場を目撃してしまう。それは港
  を牛耳る悪徳ボス・ジョニーの命令で起こった事件だった。ジョニーは自分の立場を脅かす存在を子分を使
  って次々と殺しており、皆そのことを知り怯え逆らえずにいたのだった。だが亡くなったジョイの妹イディの
  嘆き哀しむ姿に心が揺れたテリーは、法廷での証言を決意するのだが...。

 ・(N)『2001年宇宙の旅』        11月22日(金) 23:45~26:06

   1999年3月7日、70歳で死去した鬼才キューブリックが、SF作家アーサー・C・クラークの原案を映画
  化。
   映像美、科学的リアリズム、精密なSFXを駆使した一大SF叙事詩。SF映画の代表作というのみならず、
  その後の多くの映画に影響を与えた映画史上の不朽の名作である。アカデミー特殊視覚効果賞受賞。

 ・(日)『ボビー』                11月23日(土) 14:00~15:52

   海外の要人達が訪れるこの由緒あるL.A.アンバサダーホテルに、新たにその名を刻もうとする人物がい
  た。―― ロバート・F・ケネディ ―― “ボビー”の愛称で親しまれている若き上院議員はカリフォルニア州の
  予備選挙を圧倒的な大差で制し、パーティーの会場は歓喜の笑顔で埋め尽くされていた。其々に悩みを抱
  えた人々も、この瞬間はそれを希望と変えていた。しかし“勝利のスピーチ”直後、悲劇は起こった。
   1968年6月5日、アメリカの希望、暗殺。事件16時間前、L.A.アンバサダーホテルに偶然居合わせた22
  人の様々な想いを描く...。

 ・(J)『男はつらいよ 奮闘篇』      11月23日(土) 18:55~20:45

   寅次郎の生みの親、菊が三十年ぶりに柴又を訪れた。親子の再会も束の間、子供のように愚行を重ねる
  寅次郎に菊は愛想を尽かし二人は喧嘩別れしてしまう。再び旅に出た寅次郎は旅先で津軽から出稼ぎに
  来ていた純真な少女、太田花子と出会う。仕事に馴染めずホームシックに罹っている花子に寅次郎はその
  身を案じ、柴又の住所を教える。後に「とらや」に住みついた花子は面倒見の良い寅次郎にいつしか好意を
  抱くようになるのだが。

 ・(D)『SAYURI』               11月24日(日)  0:00~2:38

   主人公は貧しさ故に置屋に売られた一人の少女。辛く厳しい日々の中で、全ての希望を見失った時、立
  派な身なりをした“会長”と呼ばれる、一人の紳士との運命の出会いが訪れる。少女は美しく変貌を遂げ、
  ミステリアスな輝きを放つ瞳と天性の聡明さによって、やがて花街一の芸者“さゆり”となる...。

 ・(J)『ダーティハリー5』          11月24日(日) 12:03~13:51

   サンフランシスコ市警殺人課の刑事ハリー・キャハランは賭博の元締を逮捕したことで一躍有名人となっ
  た。その翌日、低予算映画に出演していた人気ロック・アーティストが殺された事件が発生。事件の聞き込
  み中に強盗事件に遭遇した男が死んでしまう。その男は殺害されたロック・アーティストが出演していた映
  画の経理担当者で、手に「死亡予想」と書かれたリストを持っており、そこにはハリーの名前も書いてあっ
  た。

 ・(日)『善 魔』                 11月24日(日) 20:00~21:52

   某官庁の総務部長の北浦 剛の夫人伊都子の失踪事件を知ったT新聞の社会部長中沼は、部下の若い
  記者三國にその調査を命じた。それは単なる新聞者意識ではなかった。中沼にとって伊都子は若き日の想
  い出の中の人なのである...。
   十年前―、大学卒業を間近に控えた中沼は伊都子と知り合い、次第にその理知的な美貌に心を魅かれ
  ていった。伊都子も中沼との友情を美しいものとして育んでいったが、その後一年足らずして伊都子は北浦
  の許へ嫁いでいったのである。折角の友情を結婚によって変質させたくないと伊都子は考えていたからであ
  る。中沼にとってそれは余りにも儚い夢だった。そしていま再び伊都子の名を前にして、中沼は不図心に動
  揺を感じた。

 ・(N)『シャレード デジタル・リマスター版』  11月25日(月) 21:00~22:55

   休暇を過ごすスキー場でレジーナは夫との離婚を決意。そんな折、彼女はピーター・ジョシュアと名乗る
  男と出会い、彼の魅力に心惹かれる。パリのアパートに戻ると部屋はもぬけの殻で、更に夫が殺されたこと
  を警察から知らされる。葬儀には不気味な3人の男が現れ、不安を感じたレジーナはピーターに助けを求め
  るが...。
   数々のパリの名所を背景に、ヘプバーンの華麗なファッションとヘンリー・マンシーニの音楽が魅力の一
  編。

 ・(N)『ヴェラクルス』             11月26日(火) 13:00~14:35

   メキシコ革命時代を背景とした娯楽西部劇。二人のガンマンの友情と駆け引き、そして宿命の対決までを
  綴る。
   バート・ランカスターが自らの独立プロで発表し、ゲーリー・クーパーを招いて共演した。この二大スター
  が火花を散らした最後の決闘シーンが何とも印象的で、西部劇史上に残る名シーンと謳われている。

 ・(N)『サイコ』                  11月27日(水) 13:00~14:50
   
   女性事務員のマリオンは恋人の為に会社から4万ドルを横領。車で逃げる途中、寂れたモーテルに宿を
  求める。その夜の客はマリオン一人で、宿のオーナーである青年ノーマンは何かと親切にマリオンの世話を
  焼いてくるが、彼は年老いたヒステリックな母親を抱え苦悩していた。一頻りノーマンの身の上話を聞いたマ
  リオンはその後、部屋の浴室で何者かに襲われ、死体となってノーマンに発見されるが...。

 ・(N)『新吾十番勝負 完結篇』       11月28日(木) 13:00~14:28

   宿敵・武田一真を追って四国へ向かう葵 新吾。途中知り合った侍・白沼半十郎と行を共にし、丸亀藩に
  追われる絵師・尾形乾山を助けた新吾は、謎の女・多加への思いを抱きつつ、お鯉の方の使者・お縫の迎
  えを受けて海路江戸へ。しかし小松島に寄った際、理不尽な罪を着せられ無念の死を遂げた親娘の復讐に
  燃え、藩の追っ手を斬殺した新吾は、己の剣が邪念に塗れていることを悟り、真の剣の道を求め再び修行
  に励むのだが...。

 ・(J)『虹をつかむ男 南国奮斗篇』    11月29日(金) 19:56~21:53

   秋葉原の電気店で働いている平山 亮の許に、一年前アルバイトで世話になったオデオン座館主・銀 活
  男が現れる。自由気ままな活男と再会したことで亮は家族に黙って会社を退職し、活男がいる南の島へ旅
  に出てしまう。島の波止場では子連れの美しい女性・節子と出会ったことで恋に落ちてしまい、また活男とも
  再会出来、移動上映を手伝うことに。一方、活男はかつて惚れ抜いた女性・松江と上映会で再会するのだ
  った...。

 ・(J)『二十四の瞳』               11月30日(土) 18:55~21:47

   瀬戸の海、美しい景色に囲まれた小豆島を舞台に、先生と12人の生徒達が織りなす美しい愛の物語。日
  本映画史に残る不朽の名作。
   昭和3年、小豆島の分校に新任教師・大石久子が赴任してきた。久子は1年生12人の生徒達を受け持つ
  ことに。明るく元気な久子を生徒達は慕い、久子も生徒達の美しい瞳を濁してはいけないと願う。そんな時、
  久子は落とし穴に落ちて大怪我を負ってしまい、本校に転勤することになる。そして数年後、高学年になっ
  た子供達は本校で久子と再会する。しかし日本を覆う戦争の波が皆の運命を狂わせていく...。

 ・(S)『甦える金狼』               11月30日(土) 22:35~24:46

   昼間は平凡なサラリーマンを装いながら、夜は人知れず身体を鍛えて巨大資本の乗っ取りを企む男・朝
  倉哲也。世間を賑わせた3億円事件を真似て現金1億円の強奪に成功するが、盗んだ紙幣の番号が控え
  られていることを知った彼は、 ある計画を思いつく...。
   大藪春彦原作の小説を、松田優作と村川 透監督のコンビで映画化したハードボイルド・アクションの傑
  作。この作品を皮切りに、角川映画はハードボイルド映画のヒット作を連発していった。


『醜聞殺人事件』/リタ・ヘイワース&グレン・フォード、アレクサンダー・スコービー [DVD]