福島県原発避難地域に取り残された動物達を救う為の情報交換ブログ

福島県原発避難地域の取り残された動物達を救う為に様々な活動をしている人達の為の情報を共有する為のブログです。「動物達の命を救いたい」という共通の目的の為に、バラバラになっている情報を集約し、一日でも早く動物達を救助できるようにがんばっていきましょう。


テーマ:

原発避難区域に取り残された動物達を救う為に署名のご協力をよろしくお願いします

Please help animals left in the nuclear exclusion zone by signing this petition.

東北大震災から早くも9カ月が経ちました。

私は震災直後から物言えぬ動物達を救いたいと様々な署名に参加してきましたが、その活動も虚しく2ヶ月後には政府より「警戒区域の家畜について安楽死」の指示が出されました。家族同様のペット達にもエサを与えることが認められず、言葉に言い尽くせないほど落胆しました。 

Nine months have passed since the devastating earthquake in the Tohoku region.

However, I have participated in many petitions so that I could try and save the many voiceless animals. But after two months there was no attempt to save these animals, with the government instructing euthanasia for domestic animals living in the nuclear exclusion zone. To my dismay, we were not admitted to vice any food to our pets, even though they had been like one of the family.

ある朝テレビをつけると、「政府が動かないのは被害者(避難区域の住民)の直接の声が届いていないからだ」とのコメンテーターの発言に触発され、直ちに浪江町の友人と共に住民の方の署名を集め始めました。8月26日、議員会館の総理大臣の部屋へ直接署名を届けましたが状況は変わっていません。

One morning, I turned on the TV and the commentator said that the government doesn’t move because they can’t hear the voices of the victims. I thought the commentator was right. I immediately started collecting signatures for a petition with a friend living in Namie Town. On the 26th August I took the petition directly to the Prime Minister’s Office. But the situation still has not changed.

一人でも多くの署名が必要です!

できるだけこの活動を拡散して下さい。

できるだけ多くの人に渡して下さい。

嘆願書に訳をつけて、外国人にもお願いして下さい。

We need as many people as possible to sign.

Please tell everyone about it.

Please give this petition to as many people as possible.

Translate it and please give it to foreigners.

これは歴史に残る大事故です。後世において「あの時、動物達を見殺しにした人々」ではなく、「あの時、動物達を助けた人々」といわれるようにご協力をお願い致します。

個人情報は完全に保護致しますので、私を信じて託して下さい。

ご協力頂きました署名は、日本国内の場合クロネコヤマトのメール便でお送り頂きますと安価(80)な上、パソコンで受発信の管理ができますので便利です。

This is a historical disaster. I want your help because we want be to known in the future as the people who saved the animals in their time of need – not the people who abandoned the animals.

Your personal information will be protected, so please trust us. If you send it via Kuroneko Takkyubin mail-bin it will only cost \80. For convenience we can also receive by email.

動物達のがんばりにも限度があります。

できるだけ早く救助できるように、できましたら12/10迄にお送り頂けましたら幸いです。

多くの方々の動物達へのご慈悲の心に心より感謝申し上げます。

There is a limit to how much the animals can bare.

I would appreciate it if you could send your petitions by December 10 so we can help them as soon as possible.

I appreciate the assistance of so many people.

多くの方々の動物達へのご慈悲の心に心より感謝申し上げ                       発起人:飯塚 有里子Mixi災害時ペット救援コミュメンバー)

                 〒135-0024 東京都江東区清澄3-10-11

090-4363-4569 yuri-michis@willcom.com

Organiser: Yuriko Iizuka

3-10-11 Kiyosumi Kotoku Tokyo Japan 135-0024

090-4363-4569

             賛同人:藤野眞紀子(料理研究家、前国会議員)

                       http://www.makikofujino.com/

              :相良直美(歌手、音楽家)

                                                  :神戸俊平(ケニア在住獣医) http://www.s-kambevet.org/

             SupportersMakiko Fujino (Cuisine specialistformer Diet member) http://www.makikofujino.com/

                  Naomi Sagara (Singermusician)

                                  〃  Shumpei Kambe(Doctor for animals in Kenya) 

                                                           http://www.s-kambevet.org/

「福島県原発避難地域に取り残された動物達を救う為の情報交換ブログ」を始めました。

「アメーバブログ 検索」で探すことができます 

We have started a blog to help save the animals left in the nuclear exclusion zone.

Ame-ba Blog

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ナビィさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。