4月から連ドラで「半沢直樹」続編と「ハケンの品格」続編がスタート | エリーゼの音楽日記
新型コロナウイルスに関する情報について

エリーゼの音楽日記

カトリック教会でオルガンを弾いています。ピアノも得意です。クラシック音楽の事、ドイツ長期留学で経験したいろいろなこと、語学、趣味の美術鑑賞、映画鑑賞、読書、健康、グルメその他、日常生活のことを専門的なことから気楽な内容まで気ままにつづっております。

今日は4月1日です。

 

大半の企業で、

新入社員が「入社」する日です。

 

まあ目下、新型コロナウイルス騒ぎで、

入社式の形が通常通りではない企業も多いでしょうが。

 

この4月から民放テレビで、

企業を舞台にした人気連続ドラマが2つ放映されます。

 

1つは、あのドラマ「半沢直樹」の続編。主役はもちろん堺雅人が主演です。(TBS)

銀行や金融企業を舞台にした企業ドラマです。「倍返しだ!」で有名な銀行ドラマですね。

 

2つ目は、派遣社員のドラマ。ドラマ「ハケンの品格」の続編。派遣女子社員が大活躍するドラマです。篠原涼子が主演です。(日本テレビ)

こちらは特にOL陣にウケると思われます。

強力な業務能力を持った女子派遣社員が大活躍するドラマです。

 


どちらも、日本の企業のリアルな姿を描いて、そのリアリティが会社勤務陣に大うけのドラマです。

前編はどちらも、もう何年も前に放映されているので、今の若い会社員の方々で、まだご覧になったことがない方もおられるかもしれません。


「ハケンの品格」の方は、一昨日の深夜から前編の特に大人気だったエピソードの再放送が深夜日テレで放映されて、今夜も録画する予定です。明日の深夜も再放映があるそうです。

 

「ハケンの品格」は、以前、会社勤めをしていた頃の自分と被って、「うんうん」とうなずくシーンがたくさんあります。
見ていてスカっ!とするのが、とても良いドラマなのです。


ちょっと個人的な話ですが、だいぶ以前、会社勤務をしていたころがあって、

フルタイム勤務を数年、
派遣社員の勤務も数か月経験したことがあります。


派遣社員は「実力がない、使えない」と企業が判断すると、ただちに解雇される厳しい社会だと思いました。
「使える・使えない」は各企業のニーズによってさまざまだとは思いますが。

 

会社勤務をしていた頃は、

日々の勤務で疲弊し、

週末はとても外出して歩く体力がありませんでした。

 

その後、体調を崩して、会社勤務をやめましたが。

その代わり、やっと本業の音楽に本腰を入れることができるようになりました。

 

でも、数年間の会社勤務経験は、とても社会勉強になりました。

日本の社会の仕組みを少しは理解できるようになりましたし。

 


今、すでに会社勤務の方々、これから就職活動される方々にも、

上記の連ドラ2本、

ダントツにオススメです!

 

 

 

会社のオフィスです。おそらく朝礼のシーンでしょうね。

ドラマ「半沢直樹」からお借りした画像です。

 

 

 

 

 

ハケンの品格 DVD-BOX ハケンの品格 DVD-BOX
15,151円
Amazon