昨日はミサでオルガンを弾きました | エリーゼの音楽日記

エリーゼの音楽日記

カトリック教会でオルガンを弾いています。ピアノも得意です。クラシック音楽の事、ドイツ長期留学で経験したいろいろなこと、語学、趣味の美術鑑賞、映画鑑賞、読書、健康、グルメその他、日常生活のことを専門的なことから気楽な内容まで気ままにつづっております。

昨日の日曜日は、

ミサでオルガンのお勤めがありました。

 

一方で、

ここ1年以上前から、

 

忽然と、

シスター風の服装の、

 

女性信者が、

突然ミサに姿を現し、

 

教会の一般の信者の方々の噂のまとです。

 

シスター風の服装の女性、

 

最初は、

教会内で、

200万円の浄水器を売りつけてきた女性の紹介で、

教会に来て、

 

信者の勉強会に、

その200万円浄水器女の

紹介で来たとき、

 

最初は、

自分はプロテスタントの信者だけど、

カトリックに興味があります、

 

なんて、自己紹介だったのが、

 

いつの間にか、

シスター風の服装で、

 

ミサに「潜入」?

 

おまけに、

聖体拝領まで、

拝領しちゃっているんですね~。

ええ、まじですか~?

 

カトリック教会で、

一般の信者が、

シスター風の服装をするのはあり得ないので、

 

(ミサが終わるとシスター風ベールを脱ぎ、普通の服装ってのも奇妙)

 

明らかに

「なんちゃって信者」

だと思われるのですが、

 

誰もはっきり彼女に、

「どこの教会の所属ですか?」って、

尋ねないんだなあ。

 

なんではっきり質問しないのだろう?

 

これ、日本人の悪い癖だとおもうんだなあ。

 

はっきり質問しないで、ただあれこれ憶測するだけ。

 

いつまでも憶測するだけでは、真実がわからないでしょ!

 

ちゃんと質問して言質をとらなければ。

 

そして調査しなくては!

 

いつまでもお人よしで、遠慮して質問しないで、

 

ただ憶測するだけでは、それこそ詐欺の思うつぼでしょ!

 

あかんわ~。

 

ここしばらく、

「なんちゃってシスター」の姿を見なかったから、

てっきり消えたのかと思って安心していたら、

 

昨日、いきなり姿を現して仰天。

 

昨日は、

私がオルガン担当でしたから、

演奏前の準備や、ミサ後のあと片付けで、

 

「なんちゃってシスター」を、

質問攻めにするきっかけがなかったのですが、

 

まあ、教会に出入りしている本当の目的は、

おそらく、

200万円する浄水器の販促なんだろうなあ~。

 

誰も

はっきり質問しないから、

 

いつまでも、

おかしな「なんちゃってシスター」が

居座り続けるのよ。

 

本人がそこまで奇妙な服装で教会に出入りしているんだから、

誰かが、問い詰めて然るべきだと思うのであります。


なんで、

誰もはっきり問い詰めないのだろう?

 

仕方ないから、

ここのブログで、

取り敢えず、

空気を漂わせておきますよ。

 

まあ、オルガン演奏中は、

なんちゃってシスターのことなんか、

考えるヒマもないのですが、

 

聖堂内では目触りではありますよね。

 

ちょっと、

教会の運営担当の方々、

もうちょっと、なんとかしなくていいの?

 

200万円浄水器の被害が出てからでは遅いのよ~!

 

 

 

『白い修道女』

19世紀フランスの修道女の写真です。

へえ、真っ白な修道服というのもあったんだ~。

どこの修道会だろう?

 

 

 

 

クリック募金のお願い もみじ 

 

下記バナーをクリックくださいますと、
皆さまの代わりに協賛企業が人道支援のボランティアのNPO団体に
1円~数円ご寄付してくださる仕組みです。
「塵も積もれば山となる」
ご賛同いただける方は、
ワンクリック支援、
どうぞ宜しくお願い申し上げます。 音譜
↓↓↓ click ベル

クリックで救える命がある。

↑↑↑
ご支援クリックありがとうございました。ラブラブ!