会社に自称「MMK(モテてモテて困っちゃう)」

の女子Aさんがいます。



20代半ばのAさん、

毎週のように飲み会やコンパに赴き、

次の日には、そこでの武勇伝を語ってきます。



Aさんは確かにお酒も飲むし、

ノリもいいし、

だいたいの会話もこなせるし、

さらにスキンシップもしまくるので、

そら、男の子から人気があってもおかしくない。



だが、武勇伝を聞いてると、

自分と話した男子は、

みんな自分に夢中的な感じで、

「あの人、私のこと好きだと思う」と

すぐに言ってきますが、

好意はあるかもしれませんが、

好きかどうかは疑問視したいことも多々あります。



自称、本命の彼氏がいるAさん。

本命クンのほかにも、

常に3人のキープくんがいないと、

寂しくてダメらしいです(ウサギ!?)。

もちろん、3人のキープくんにしたら、

自分は本命の彼女らしいですが、

話を聞いてると、

向こうも、セ○レと思ってるのでは?と

思うこともあります。



あるとき、Aさんと恋愛の話をしているとき、

私が「(器用じゃないから)浮気はしないかも」と言ったら、

驚くべきことに、そのAさんは

「え!?それって重いって言われないですか?」と。



は?????驚きました。

浮気しない=重いなら、

世のほとんどの人間は“重い”になりません?

Aさん論によると、

重いと思われたくないから、

常にキープをおいて4股とかするらしいです。

何か、わかりませんが、

心に闇でもあるのか?と思いました。



さらに、Aさん、

本命の彼氏に家を教えてないそうです。

それを自慢げに言ってましたが、

私からすると、

それって、Aさんは本命と思ってますが、

その本命くんは、もしやAさんを

本命の彼女と思ってないのでは?と思いました。

なぜなら、恋人と思っていたら、

その恋人の住んでいる家がどこにあるとか、

気になるし、たぶん、聞くと思うのです。



いろいろ謎な持論をお持ちになっている

Aさんですが、

意見すると、めんどくさいので、

いつも「へぇ、すごいね」と、

遠い目で返すことにしています。



合掌。