4月になりましたビックリマーク

新元号は「令和(れいわ)」

皆さまの予想は当たりましたかはてなマーク

 

フットフォーライフでも新しい靴の取り扱いを始めましたスニーカー

     

    アサヒ メディカルウォーク 

 

  

 アサヒメディカルウォークのポイント

 

 1 ひざ関節を守る理想的な歩行をサポート

踵の着地時にスクリュー部のフィンが体重圧でたわみ、踏み込むとつま先をやや外側に回旋。ひざに備わった回旋運動を補助し、正しい歩行を促します。

 

 2 ひざへの衝撃を分散吸収しやすい構造

踵から着地する際、踵から伝わる衝撃はひざの負担になります。SHM®機能はゴムの弾力で衝撃を吸収。さらに、スクリュー構造が体重圧を分散し、効率的に負担を軽減します。

 

 3 ひざを安定させるももの内側の筋肉への働きかけ

歩行時のひざを安定させ保護する役目を担うのは、ももの内側の筋肉(内側広筋)。スクリューホームムーブメントを促すSHM®機能は、ももの内側の筋肉を効率よく活動させ、正しい歩行へ導きます。

【特許取得】特許第3992724号|韓国特許第10-0918230号|中国特許ZL200680010617.5香港特許HK1113065

*踵部のスクリュー構造は着地時にゴムの弾性でスクリューがたわむことで下肢の運動をサポートするもので、スクリュー自体は回転致しません。
*着用時の使用感や経過には個人差があります。
*アサヒメディカルウォークは医療器具ではありません。
*「機能解剖から見た撮影 下肢編」安藤 英次著より引用

 4 「産・学・医」協同開発から誕生しました!

 

 

昨今のウォーキングブームによって、ひざトラブルに悩む方が増えています。アサヒシューズ(産)は九州大学(学)と医療機関(医)の協力を得て、正しい歩行をサポートし、ひざトラブルを予防する靴機能【SHM®機能】を開発。ひざ本来の動きを補助し、変形性ひざ関節症※などのトラブルを防ぐからだにやさしい機能性シューズを開発しました。

※内閣府調査ではウォーキング人口は全国でおよそ4,000万人。ひざのトラブルは人によって様々な症状がありますが、中でもひざ関節症に悩む方は1,000万人、予備軍を合わせると3,000万人に及ぶという報告(東京大学付属病院 22世紀医療センター 関節疾患総合研究講座での研究内容に記載)もあります。

 

フットフォーライフ成田店
------------------------------------------------------
電話番号:0476-20-5230
営業時間:10時~19時 年中無休
千葉県成田市赤坂2-1-10 ボンベルタ成田 2F
ホームページ:http://footforlife.net/
------------------------------------------------------