先週末の三連休、天気予報は直前まで「曇り時々雨」といった微妙な感じでしたが、1日くらいは釣りに行きたいと思っていたので三連休の真ん中の日曜日に職場の先輩と釣りに行く事にしましたニコニコ

 釣行場所については、急に雨が降ってきてもすぐに帰れる様、近場の津市、鈴鹿市、松阪市辺りにしようと言う事になり、先輩がルアーで魚を釣った事が無いという事で、サーフに大物を夢見てルアーを投げにいく事に決定ウインク

 まずは津市のサーフに行ってみましたが、駐車場の近くではサーファーが波打ち際でサーフィンの練習をしていたり、水上バイクが走り回っていたりしたので、邪魔にならない様、それらの人達から距離を取ってポイントを探していきますグラサン

 ただ、ここのサーフでは釣果情報を聞いた事があるものの、これまで自分の釣果実績は無かったので、取り敢えずメタルジグで「テンポよく広く探って魚を探す」事を意識してランガンしていきますもぐもぐ

 ちなみに、タイミングは小潮の満潮時で天候は曇り、風も波も穏やかで、水質はやや濁りがある状況ですニコ

 そして、キャストし始めて10投もしない内に、リフト&フォールで探っている時に

ググンッ

 と言う感触が竿先に伝わってきたので、慌ててリールを巻き始めると、抵抗はそれ程強くないものの、魚の引きを感じますびっくり

 この抵抗だと、せいぜい30cmくらいかなはてなマーク

 と、捕らぬ魚の皮算用をしつつ魚を寄せていると、ドラグが結構緩めなままだったこともあり、魚が少し暴れただけで

ジジッ、ジジッ

 と糸が出ていくので、

 ちょっとドラグを締めとこうかなニコ

 と思ったところで魚が暴れ、再び糸が出されたところで、

フッ

と抵抗が軽くなりますびっくり

 魚が手前方向に走ったのかな!?
 
 と、僅かながらに期待してみましたが、半ばの予想通りにラインの抵抗は消えており、ルアーだけが戻ってきますガーン

 おそらく、ドラグが緩すぎてフッキングが甘かったせいでバレてしまったのでしょうショボーン

 最近、掛けた魚をバラすのが多い気がするなキョロキョロ

 と思いましたが、ドラグと気持ちを締め直して再びキャストを続けていると、

グンッ

と言う竿先の抵抗と共に魚がヒットしたのを確認しますお願い

 さっきよりも軽いけど、次は逃さずに今日のファーストフィッシュをGETして見せるメラメラ

 と思って慎重に寄せて波打ち際までズリ上げて来ると


 上がってきたのは20cm程度の舌平目でしたニコニコ

 舌平目ってルアーで結構釣れる事があるけど、魚食性が高いとは思えないし、フグと同じ様にキラキラ光るルアーに興味を持って寄ってきて、結果的にスレ掛かりで釣れてくるのかなはてなマーク

と思いつつ、釣れた舌平目をリリースしてキャストを再開していると、

 ククンッ

 と言った感じで、さっきよりも弱いものの、魚のアタリを感じますびっくり

 また舌平目なのかはてなマーク

 と、さっきよりも雑な感じで魚を寄せて来ると、途中で水面を割って海上を滑りながら寄ってきたのは


小さなセイゴちゃんでしたてへぺろ

 そして、ある程度の数の群が入ってきているのか、連続して


 さっきより少しだけサイズアップしたセイゴちゃんがスレで掛かって来ますあせる

 ドンドンサイズアップして、ガツンビックリマークと良いサイズのシーバスがヒットしていってくれないかなグラサン

 と思ったりしていましたが、セイゴは2匹で打ち止めとなり、以後、海も静かな状況が続いて何だか気持ちがダレて来てしまったので、場所を移動して鈴鹿のサーフに向かう事にしますニコニコ


 足足足足足足足足足足足足足足


 鈴鹿のサーフでは、潮は下げに入っており、風がやや右方向から吹き始めた感じではありましたが、概ね津のサーフと同じような状況ですグラサン

 ここでも先程と同じ様にメタルジグで広範囲に探ってランガンしていると、キスの投げ釣りをしている人や、ルアーをキャストしている人とすれ違いますキョロキョロ

 ルアーをキャストしている人はひたすらキャストを繰り返しており気軽に話しかけれる様な雰囲気はなかったため、キス釣りをしている人に挨拶してみると、どうもキスはイマイチの様子ニコ

 ただ、サーフを歩いていると、たまにイナッコがジャンプするのを見かけるので、ベイトが皆無という事はなさそうな感じですチュー

という事で、地形変化や潮の流れの他、イナッコが跳ねているのを見かけたらその辺りを重点的に探っていきます口笛

 すると、キャストしたジグをリトリーブしている最中に

ググッビックリマーク

 と言う重みが竿先に乗ってきますびっくり

 よし来たビックリマークビックリマーク

 と思いつつ慎重にリールを巻き上げると、セイゴや舌平目とは明らかに違う引きをしますお願い

 が、重さはそれほど感じないため、

 ちょっと小ぶりの小ぶりのマゴチかなはてなマーク

 と思いつつ浜にずり上げてみると


 なんと釣れたのはヒラメ!?

 サイズは30cm弱とソゲサイズでしたが、久し振りに釣ったヒラメに驚いてしまいましたびっくり

 確かに、伊勢湾内の陸っぱりからもたまにヒラメが釣れる事があると言う話は聞いた事がありましたが、自分はこの辺りのサーフではこれまでマゴチしか釣った事がなかったため、

ヒラメ=外海に面したサーフ

と言う固定観念があり、正直この辺りでのヒラメの釣果情報は半分都市伝説の様な感じで聞いていましたオバケ

 しかし、都市伝説が目の前で現実として現れたからには

まともなサイズのヒラメをサーフから釣ってみたいビックリマーク

と言う欲求が沸々と湧き上がり、取り敢えずソゲサイズのヒラメは手早くリリースして、少し離れた所にいた先輩も呼び寄せ、付近を丹念に探っていきますプンプン

 しかし、二人で30分程付近を探りましたが二枚目のヒラメからのアタリは無く、

やはり、マゴチと違って伊勢湾内のヒラメは数が少ないから、群で入って来ている訳ではないのかな。。。

 と、半ば諦めつつランガンを再開したところで、

ググンッビックリマーク

 と言う、先ほどよりも大きなアタリがありますラブ

 ロッドから感じる重さや引きの強さを鑑みると、

これがヒラメなら間違いなくさっきよりも大きいぞ爆笑

という気持ちが強くなり、かなり慎重なやり取りでゆっくり寄せて来て、期待しつつ浜にずり上げて見ると


 いつもなら本命という事で嬉しいのですが、今回ばかりは期待外れのマゴチが姿を見せてくれましたあせる

その後も暫くランガンしてみましたがアタリは無く、日も高くなって来たところで今日一日色々と魚を連れて来てくれたメタルジグのフリッパーをロストしてしまい、気力が尽きたところで納竿として、帰りのランチで先輩と回転寿司に入ってヒラメを食べ、座布団ヒラメの夢を見つつ帰路に着いたのでした照れ