今回の話は8月最後の週末に行った釣行記になりますチュー

音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜

8月も、もう終わりですね〜照れ

 と言った雑談を職場で話していた際、ソロキャンプが好きな先輩から、海キャンプも中々楽しいと言う話が出たので、早朝からキスを釣りに行き、釣った魚をデイキャンプのバーベキューで美味しく食べようと言う計画で、一緒にキス釣りに行く事になりましたニコニコ

そして、自分はテントや寝袋を持っておらず、デイキャンプのバーベキュー後は帰宅する予定だった事もあり、津市の近場で適当な場所を探してみると、明和町にちょうど良いキャンプ場を発見びっくり

 という事で、行き先は明和町と決まりましたが、これまで松坂や伊勢には釣りに行った事はありましたが、その途中にある明和町に釣りに行くのは初めてですキョロキョロ

 ただ、同じ伊勢湾内で津市と同じく遠浅な海岸が続く地形なので、

きっとキスなら何処でも釣れるだろうもぐもぐ

と言う軽い気持ちで適当な堤防にポイントを決めますチュー
(スタートは早朝とは言え、日が昇れば気温が異常に上昇するため、とても灼熱のサーフを歩く気力が湧かなかったので、堤防でののんびり釣行となりましたグラサン)

フグフグフグフグフグフグフグフグフグフグフグフグフグフグフグフグフグフグフグフグ

 釣行当日、ポイントに着いたタイミングは日の出から1時間半後くらいで、潮は満潮からの下げが効き始めたところ、風は緩やかで堤防付近には小魚が跳ねており、良い雰囲気が漂っていますチュー


 ベイトを目にするとルアーを投げてみたくなりますが、改めて今回の目的を思い出し、取り敢えずキスの存在を確認したかったのでイソイソと投げ釣りの準備を進めていきますグラサン

 ちなみに今回のタックルは、ロッドはプライムキャスター27、リールは18サーフリーダー35にPE0.8と力糸を巻き、27号デルナー天秤に三本針仕掛けをセットしていますウインク

 そして1投目をキャストしてリールを巻き始めると、リールに違和感を感じますびっくり

 なんと、リールを巻こうとするとスプールが下がりきらず、それ以上ハンドルが巻けなくなってしまうのですガーン

 そんなこんなで1投目をキャストしたまま必死にリールと格闘して、ようやく原因を特定し、微妙に絡まったラインを解いた頃にはキャストしてから20分程が経過していましたショボーン

 が、何とかトラブルも解消したところで一息入れ、気を取り直してキャストして仕掛けをサビいていると、

ピクピクッ

 と言う微妙なアタリを穂先に感じますびっくり

 キスではなさそうだけど、何の魚かなはてなマーク

と思いつつ巻いていくと


 ミニセイゴが三連で釣れていましたもぐもぐ

 どうやら堤防付近で跳ねているベイトはこのセイゴ達の様で、その後も


 セイゴは釣れ続けますがキスは中々釣れませんえー

  実は、自分がリールトラブルに苦戦していた時に先輩がキスを一匹釣っていたので、キスがいる事は確認していたのですが、キスが掛かる前にセイゴが食ってくるという状況ですムキー

 そこでセイゴを避けてキスを掛けれるポイントを探すべく、色々な方向にキャストしてサビいていると

ククンッビックリマーク

 と言うキスのアタリを感じます爆笑

 やや海藻が生えている様なポイントだったので、連掛けを狙わずに取り敢えずキスの顔を見るべく仕掛けを回収していくと


アタリは感じ取れませんでしたが、もう一匹掛かっていた様で、ダブルヒットのキスをGETラブ

 その後も、潮が引いていくにつれて遠投が必要になっていきましたが、セイゴに混じってキスがポツポツ釣れ続け、他にも


 少し濁りが出てきてミニキビレが釣れたりしながら、干潮となる11時頃に納竿としてキャンプ場に移動します車

 キャンプ場に到着したら管理センターで手続をして、先輩のテント設置を手伝った後に洗い場で魚を捌き、早速火をおこしにかかりますメラメラ

 いつもでしたらキスは天ぷらにするのですが、今回は野外キャンプと言う事で油の温度管理と天ぷら衣を冷やすのが難しいと思ったので、簡単な唐揚げにしていきます口笛

 その後は、薪が思っていた以上にあっさり燃え尽きてしまうため火力の調整に結構苦労しましたが、中々良い感じで魚を揚げていき、バーベキューで野菜を焼きつつ美味しく食べることが出来ました照れ


 惜しむべきは、自分はこの後運転して帰る必要があるのでお酒が飲めなかったと言う点でしたが、楽しく魚を釣り、釣った魚をデイキャンプで調理して美味しく食べると言う目的を達成し、満足しながら帰路に着いたのでした照れ