アルバイトさんとの関係⑤面接に必要な心構え | ビジネス フード ファン岩本留里子

ビジネス フード ファン岩本留里子

フードビジネスアドバイザー岩本留里子です。
理念「しょくを通じた人づくり」を目指します。
モットー「飲食業界で働く人々が“しょく”の大切さや人を育てる楽しさを伝え・教えていきたい」


テーマ:

ビジネスフードアドバイザー岩本留里子です。

今回は、面接に必要な心構えです。

 

挨拶が必要であることはお話ししました。

ここでお話ししたいことは

実は、面接は、店長がアルバイトさんを面接しているのと同じように相手からお店・店長の面接もされています。

なのでそのために必要なことは

①時間を守る

②まず挨拶をする

③お店をきれいにする

④店長自身の身だしなみをきちんとする

⑤きちんとした態度で面接する

 

この5つは最低でもできるようにしましょう。

どういうところに注意したらいいのでしょうか?

①時間を守るのは当たり前のことですがバタバタしていて時間が過ぎてしまうこともあります

そのようなときはきちんと声をかけておくことが大切です。

②挨拶は前回など説明しているので読み直してください

③面接者がこのお店大丈夫だろうか?と思ってみる場所は店内です。また、トイレもきれいにしておきましゅう

④店長が思いを語ったとしてもユニフォームが汚かったり、髪の毛がぼさぼさだったら・・・第一印象は大切です。

⑤椅子によりかかったり、足を組んだり、手を組んだりする行動は、偉そうにしたいという現れです。

 前かがみ45度で手を広げて話を聴く姿勢を見せましょう

また、この子は採用しないなっと思っても邪険な扱いをしてはいけません

面接に来た方は、お店のことが好きな方です。お客様になりえます。

忘れないようにしましょう

ビジネスフードアドバイザー岩本 留里子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス