お寿司を食べに西麻布の鮨 水月へ。

お店は六本木ヒルズからすぐのビルにあります。

 

店内は和モダンな落ち着いた雰囲気。

 

まずは、モエで乾杯~♪

image

 

豪華ウニの食べ比べ(2種)と季節の握り、逸品料理のフルコース(15000円)をオーダー。

 

 

潮汁

まずは温かいお椀からスタート。

ジュンサイが入った潮汁で体を温めます。

 

<前菜盛り合わせ>

真鯛の酒盗マスカルポーネチーズ和え、たらこのわさび漬け、玉蜀黍の寄せ豆腐、ツルムラサキのお浸し。

お酒が進んじゃうラインナップですね。

 

<ズワイガニのミルフィーユ仕立て>

image

ズワイガニの中にカニミソが挟まれていて、上には土佐酢のジュレが爽やか。

シャキシャキの九条ネギが良いアクセントになっています。

 

 

続いて握りを頂きます。

<金目鯛>

脂がのっていて、表面が軽く炙られていて、美味しい♪

 

<シマアジ>

1日~2日おいているので、旨みがしっかり楽しめます。

 

<車海老>

美しい車海老、肉厚でプリプリです。

 

<イカ>

image

白いイカにカラスミが華やか。

柚子の香りにカラスミの塩気が良い仕事してます。

 

<いくらの小丼>

青柚子がかかっていて、爽やかです。

 

<クラゲ、水だこ、海老、きゅうり、わかめの酢の物>

水だこはみずみずしく、クラゲはシャキシャキっとした食感。

酢が強すぎないので、食材の風味を楽しめました。

 

 

この日はウニがそろっているとのことで、せっかくなので、追加で4種類のウニを頂くことに。

image

 

 

宮城県のムラサキウニ、厚岸のエゾバフンウニ、岩手のムラサキウニ、利尻の塩水ウニ。

image

4種類のウニを食べ比べできるなんて、なんて幸せなんでしょう~♡

もう顔がほころびっぱなしでした。

 

 

美味しそうなお茶があるので、飲んでみることに。

香焙というほうじ茶と宇治という煎茶、ボトルもワインのようで素敵ですよね。

香りがよくて、とても美味しいお茶でした。

 

 

<大トロ>

脂がのっていて、口の中でとろけます。

 

<赤身>

柚子の香りが良いですね。

 

<大トロの炙り>

先ほどの大トロが炙ることで脂が溶けて、又違った味わいが楽しめます。

 

 

<鰆の幽庵焼き>

春のお魚のイメージの鰆ですが、今が旬なんですよね。

 

 

<中落ちの巻物>

お漬物も丁度よい箸休めに。

 

 

<こはだ>

綺麗なこはだ、酢の加減も丁度よかったです。

 

<穴子、印籠いか、卵焼き>

穴子はふっくらと柔らか。タレと塩の2種類の食べ方で頂きます。

イカの印籠詰め。卵焼きは甘く、デザートのような感覚で頂きました。

 

<かんぴょう巻>

お揚げでかんぴょう巻を巻くとは面白い発想ですよね。

 

<アオサのお味噌汁>

 

<黒ゴマのアイスクリーム>

 

季節の握りと和食、ウニの食べ比べができるコースはとても満足感が高かったです。

 

 

大将はまだお若い方ですが、1つ1つ丁寧に仕事をされていて、細かな気配りをしてくださり、

心地のよいお店。

 

オープンして1年ですが、リピーターの方も多い人気店というのも納得です。

六本木の夜景が眺められる個室もあるそうで、デートにも良さそうですねハート

 

鮨 水月

 

 
記事が面白い!!役に立つと思われましたら、クリックをお願いします。(↓)
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ