最近、グルメ仲間の間で評判のイタリアンへ行ってまいりました。

 

豪徳寺の駅からほど近いところにあるテアトロ アッカ

image

東麻布イルピノーロで研鑽を積まれ、白金台ルクソールで料理長を務められ、麻布十番イルマンジャーレ立ち上げに参加され、広尾イルメリオ、原トリッパ製造所など数々の人気店をてがけられていらした原郁人シェフが昨年の12月にオープンされたお店です。

 

 

店内は、木の温もりが温かいアットホームな雰囲気。

image

 

 

 

オープンキッチンになっていて、店内のどの席からもシェフがお料理されているのを見ることができるまさに店名通り劇場型のレストランです。

image

 

 

 

まずは、フランチャコルタで乾杯~♪

image

 

 

 

<牡蠣のジェラート仕立て>

image

鮮やかなお椀が運ばれてきました。

 

 

蓋を開けると、イタリアの黄色いトマトの冷製スープに牡蠣のジェラート。

image

甘酸っぱいトマトのスープに、ミルキーな旨みのジェラート、スタートから楽しいサプライズでワクワク感が高まります。

 

 

<生ハムパンナコッタ仕立てのメロンのソースミルクの泡>

image

 

 

パンナコッタにメロンのスープ、ミルクの泡。

ビジュアルはドルチェのようですが、スプーンで口に運ぶと、口の中で生ハムメロンが完成です。

image

サプライズ続きで、すっかりハートを鷲づかみされました。

 

 

<自家製サルシッチャのグラタン仕立て> 

image

自家製サルシッチャはお肉の旨みがしっかり。

洋ナシと胡桃のソテーに、トリュフの蜂蜜、ペコリーノチーズが重なり合い、奥行きのある味わいに。

 

 

<キャラメリゼした玉ねぎ入り自家製フォカッチャとピアディーナ>

image

飴色になるまで炒めた玉ねぎが練りこまれたフォカッチャ、香りがよくモチモチで、ついつい食べ過ぎちゃう。

 

 

<黒トリュフの冷製パスタ>

image

黒トリュフが薫るクリーミーなソースが、自家製のフェデリーニによく絡んでいて、お代わり~!!と言いたいくらい美味しかった!!

 

 

<秋刀魚の自家製のスパゲティーニ>

image

ミンチにした秋刀魚にうぃきょう、ケッパー、アンチョビを加えたシチリア風のパスタもコクのある味わいで絶品です♪

 

 

赤ワインを頂きました。

<パレダ・イゾラ・デイ・ヌラギ>

image

赤い果実系の風味豊かな赤ワインは、赤身のお肉と相性抜群でした。

 

 

<土佐赤牛のロースト>

image

まるでアートのような美しく華やかなお料理。

 

柿のスライスの中にお肉に安納芋と紫芋のピューレ。

image

 

 

赤身とサシのバランスが良いお肉、柔らかくてジューシーな旨みを楽しみました。

image

 

 

<マルサラ酒を使ったティラミス イタリア栗のペースト添え>

image

可愛いクマちゃんが入ったデザートにほっこり癒されます。

 

グラスの中にはマルサラ酒のティラミスにビーツとフランボワーズのムース、キャラメリゼしたリンゴ、巨峰のグラニテ、イタリアの栗のペーストと盛りだくさん!!

色々な味が楽しめて嬉しくなっちゃいます。

 

 

原シェフの遊び心が感じられるお料理の数々、食材の合わせ方や演出もサプライズ満載のとっても楽しいイタリアン。

温かみのある雰囲気も心地よく、通いたくなってしまうお店です。

 

今度はカウンターで、シェフがお料理されているのを目の前で見ながらお食事を楽しみたいですね♪

 

テアトロ アッカ

テアトロアッカ

記事が面白い、参考になると思われましたら、クリック↓をお願いします。