株式譲渡と事業譲渡 | 「同志的結合」を推進するM&Aアドバイザーブログ

「同志的結合」を推進するM&Aアドバイザーブログ

中小中堅企業の成長支援を主にM&Aを手段として行っています。

よろしくお願いいたします。


テーマ:
飲食店の売買を支援する際に多いM&Aのパターンとして、
株式譲渡と事業譲渡という方法があります。

株式譲渡は会社丸ごと譲渡。
事業譲渡は会社の中の一部事業だけを譲渡。

大まかにそれぞれのメリットデメリットを言いますと、

<株式譲渡のメリット>
・個人でお金を受け取ることを目的にした場合、
株の譲渡益に対する課税の方が所得税や法人税より安い

<株式譲渡のデメリット>
・簿外のものまで含めて全てが受け継がれる
→決算書に載っていない負債まで知らない内に引き継いでしまう可能性があります

<事業譲渡のメリット>
・欲しい部分だけを請けられる、簿外を気にする必要がない

<事業譲渡のデメリット>
・引き継ぐ部分に関するすべての契約の名義変更をしないといけない

というところでしょうか。

いずれにしても、余計な契約等があると買い手は嫌がります

例えば、
・勢いで契約したポイントシステムを全然使えていない、まだ契約期間が残っている
・お付き合いで契約しているが成果に繋がっていない
など。

譲渡の前にはできる限り会社を綺麗に、シンプルにしておくことをお勧めします。


・飲食店、居酒屋などの買収のご相談はこちら

・飲食店、居酒屋などの売却・事業譲渡のご相談はこちら

・飲食・外食・居酒屋業界のM&A情報はこちら

・M&Aメールマガジンの登録はこちら

・飲食業界の動向レポートはこちら(要無料メルマガ会員登録)

maadvisorさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス